この記事では、理学療法・作業療法の評価・治療をしていくうえで着目すべきニーズ(Needs)・デマンド(Demand)について、これらの違いも含めながら整理していく。

 

スポンサーリンク

 

ニーズ・デマンド(+違い)

 

自己決定権の尊重とは、必ずしも利用者・患者が口に出した要望、すなわち「こうしてほしい」「ああしてほしい」というデマンド(Demand:表出された要望)にそのまま従うということではない。

 

その人の真のニーズ(Needs:客観的に「必要」としていること)を実現するということなのである。

 

では、そのニーズはどうすれば把握できるのだろうか?

 

ニーズとは「必要」ということであり、実は現在の「必要」だけでなく、将来を含めて患者が本当に必要としている客観的なものを言う。

 

これは、本人自身でも常に正しく認識・把握できているとは限らない。

 

本人が「より良い生活」を実現するために客観的に「必要」としていることがニーズである。

 

それを本人が「こうしたい」という形で感じたもの、すなわちデザイア(Desire:欲求)は本当のニーズからある程度ずれている事がある。

 

さらに、それを本人が口に出して言う(=デマンド:Demand:要望)の場合は、更にずれてくることがある。

 

そのため、「患者本位」だと思って、患者が「こうしてほしい」「こうなりたい」と言われること(デマンド)をそのまましてあげることが必ずしも患者の「ニーズ」の実現に役立つアプローチだとは限らない。

 

ニーズを満たすためには、単に患者の要望(デマンド)を聞けば良いのではなく、表現・表出されたデマンドを通じてその奥にある欲求(デザイア)を知り、さらにその奥に真のニーズを発見することである。

 

 

ニーズ・デマンド(+違い)のまとめ

 

ニーズ(必要):客観的存在

↓利用者の習慣への反映(多少とも不完全な)


デザイア(欲求)

↓顕在化(変化・加工を含む)

デマンド(欲求・要望):ニーズとの食い違いが起こり得る

 

ニーズ・デマンド

本人のデマンドだけに応えようとするのではなく、その影に潜む真のニーズを探求していく必要がある。

 

本人のデマンドがそのままニーズだと考えることは専門性の放棄であり、目先の欲求への追従であって、決して利用者・介護者の大局的な利益につながるものではない。

 

一方で、「デマンド:要望」も「デザイア:欲求」もニーズと無関係ではなく、深い関係を持っているものだということも事実である。

 

そしてセラピストの主観により導き出された「(客観的に必要としていると判断した)真のニーズ」を絶対的なものと決めつけ、本人・家族の要望に耳を貸さないことは押し付けとなってしまう場合がある。

 

これらの矛盾を埋める一つの要素が、インフォームド・コオペレーションとなる。

関連記事⇒『ブログ:インフォームド・コオペレーション