訪問リハビリや通所サービス(デイケア・デイサービス)で重要となってくる嚥下に対する基礎知識を、動画も交えながら記載していく。

 

摂食・嚥下の5期

 

摂食・嚥下の動作には5段階あり、これを『摂食・嚥下の5期』と呼ぶ。

 

先行期

食べ物を認識し、口に運ぶ。

 

口に運ぶための適切な形状にし、手やスプーンなどを使って食べ物を口に運び、口唇、前歯を使って食べものを取り込む。

 

 

 

準備期

 

食べ物を咀嚼し、食塊を形成する

 

 

 

口腔期

 

食塊を咽頭へ送る。

 

 

 

咽頭期

 

嚥下反射が起こり、食塊は食道に運ばれる。

先行期・準備期・口腔期と異なり、自分でコントロールできない不随意運動となる

 

 

 

食道期

 

食塊が胃に運ばれる。

 

 

 

摂食・嚥下の5期に必要な機能

 

先行期に必要な機能

 

食べ物を認識する→意識レベル、認知機能(食べ物・テクスチャーの認識)

食べ物を口に運ぶ→上肢・体幹の運動機能、道具操作に関する高次脳機能

口に入れる→口唇の閉鎖力

 

 

準備期・口腔期に必要な機能

 

1期輸送に必要な舌の運動

→舌に乗った食べ物は、舌のpull back運動(舌を後ろに引く動き)によって奥歯に運ばれる。

咀嚼機能

→咀嚼により食べやすい大きさに食べ物を砕き、唾液と混ぜ合わせて飲み込みやすい形状にする。

→歯列や義歯など、咀嚼運動、奥歯に食物をのせ直す舌と頬筋の協調的な運動能力(感覚を含む)

 

2期輸送に必要な舌の運動

→咀嚼と並行し、順次咽頭へ送られ、口頭蓋谷に蓄積される(この送り込みを2期輸送と呼ぶ)

→2期輸送には、舌の運動(上に押し当てる力:舌圧)や口腔内での食塊保持能力が重要。

※食塊保持能力は「タ・ラの発音時における舌の動き」

 

 

咽頭期に必要な機能

 

嚥下反射

「喉頭蓋野」・「梨状態窩」・「気管」という3つの腔がタイミングよく十分に閉じ、なおかつ食道の十分な拡大が得られる必要がある。

嚥下反射として食道が開く際、舌骨上筋群が舌骨を前上方へ引っ張る力が必要となるため、この筋力を落とさないことは重要といえる。

 

 

食道期に必要な機能

 

※この時期では、上食道括約筋が収縮して、食道を閉鎖することで喉頭への逆流を防ぎ、胃に食物を送り込む。

 

 

嚥下機能の評価

 

嚥下機能の評価には特殊な設備が必要なものもあるが、簡便に測定でき有用な評価方法も存在する。

 

それは「反復唾液テスト」と「改訂水飲みテスト(MWMS)」であり以下のリンク先に詳細を記載してあるので参照願いたい。

 

反復唾液テスト

 

改訂水飲みテスト(MWMS)

 

 

嚥下・誤嚥予防の関連記事

 

誤嚥の基礎知識

 

誤嚥と不良姿勢

 

誤嚥予防の基礎知識

 

 

関連動画

 

嚥下の基礎・誤嚥の基礎・誤嚥予防について大雑把に理解したい方は以下の動画を参照