この記事では、『膝関節のMMT(ハムストリングス・大腿四頭筋のMMT)』を記載している。

 

簡潔に記載しているので、MMT(徒手筋力テスト)を忘れてしまったリハビリ職種(理学療法士・作業療法士)、看護師、学生さんなどは、是非活用してみてほしい。

 

また、「MMTの基礎」や「膝関節以外のMMT」に関しては記事最後のリンク先『MMT(徒手筋力検査)のやり方』でまとめているので、こちらも併せて観覧してもらうと知識が整理できると思う。

スポンサーリンク

 

膝関節屈曲(ハムストリングス)のMMT

 

膝関節屈曲の主動筋(ハムストリングス)

 

膝関節屈曲の主動筋はハムストリングスであり、ハムストリングスの詳細は以下となる。

 

・大腿二頭筋長頭⇒脛骨神経

・大腿二頭筋短頭⇒総腓骨神経

・半腱様筋    ⇒脛骨神経

・半膜様筋    ⇒脛骨神経

 

膝関節屈曲MMTの方法

 

段階5,4,3の膝関節屈曲MMT:

 

患者体位:

・腹臥位

・下肢は伸展位とし、足部は台の端からはみ出させる

 

MMTの方法:

・検者は、テストする下肢の側に立ち一方の手を大腿後面にあてがう

・テストは膝屈曲45°から開始し、他方の手で抵抗を下腿遠位に加える

 

MMTの判定基準:

段階5:

最大の抵抗に抗して膝最終到達位(90°)を保持できる(抑止テスト)

MMT膝関節屈曲5

段階4:

強力~中等度の抵抗に抗して膝最終到達位(90°)を保持できる

 

段階3:

抵抗がなければ膝最終到達位(90°)を保持できる

MMT膝関節屈曲3

 

代償運動:

・殿部が持ち上がり体位がねじれてくる→股関節屈筋

・股関節屈曲・外転・外旋を伴う→縫工筋

・股関節内転を伴う→薄筋

・足関節の強い底屈を伴う→腓腹筋

 

 

段階2の膝関節屈曲MMT:

 

患者体位:

・テストする側の下肢を上に側臥位

・下側の下肢は屈曲位をとり体幹を安定させる

 

MMTの方法:

・検者は、患者の後方に立ち、テストする下肢を膝・足首の下からささえる

MMT膝関節屈曲2

MMTの判定基準:

段階2:

運動範囲を完全に運動できる

 

 

段階1,0の膝関節屈曲MMT:

 

患者体位:

・腹臥位

・下肢は伸展位とし、足部は台の端からはみ出させる

 

MMTの方法:

・検者は、テストする下肢の側に立つ

・一方の手で膝を屈曲位にささえ、他方で内外膝屈筋腱を触診しする

MMT膝関節屈曲1~0

 

MMTの判定基準:

段階1:

腱が浮き上がってくるが、目に見えた運動は起こらない

 

段階0:

全く収縮が認められない

 

※下腿内外旋中間位でテスト    →全ハムストリングスに対するテスト

※内旋位・膝屈曲90°弱でテスト→内側ハムストリング(半腱様筋・半膜様筋)

※外旋位・膝屈曲90°弱でテスト→外側ハムストリング(大腿二頭筋)

 

 

膝関節伸展(大腿四頭筋)のMMT

 

股関節屈曲の主動筋(大腿四頭筋)

 

膝関節伸展の主動筋は『大腿四頭筋』であり、大腿四頭筋の詳細は以下となる。

 

・大腿直筋

・中間広筋

・外側広筋

・内側広筋

※全て大腿神経支配

 

膝関節伸展MMTの方法

 

段階5,4,3膝関節伸展MMT

 

患者体位:

・端坐位

・両手で台の縁をつかみ上体を安定させる

 

MMTの方法:

・検者は、テストする下肢の側に立つ

・一方の手を大腿下端と台の間に置き、他方で下腿部遠位の前面から抵抗を加える

 

MMTの判定基準:

段階5:

最大の抵抗に抗して膝最終到達位を保持できる(抑止テスト)

MMT膝関節伸展5

 

段階4:

強力~中等度の抵抗に抗して膝最終到達位を保持できる

 

段階3:

抵抗がなければ膝最終到達位を保持できる

MMT膝関節伸展3

 

 

段階2の膝関節伸展MMT:

 

患者体位:

・テストする側の下肢を上に側臥位

・下側の下肢は屈曲位をとり体幹を安定させる

 

MMTの方法:

・検者は、患者の後方に立ち、テストする下肢を膝・足首の下からささえる

・膝関節は90°屈曲位、股関節は伸展位におく

MMT膝関節屈曲2

MMTの判定基準:

段階2:

運動範囲を完全に運動できる

 

代償運動:

股関節内旋・内転による代償

股関節伸展による代償

 

 

段階1,0膝関節伸展MMT:

 

患者体位:

・仰臥位

・下肢は伸展位(あるいは膝軽度屈曲位)からマッスルセッティングを行う

MMT膝関節屈曲1~0

 

マッスルセッティングに関しては以下も参照

⇒『マッスルセッティング(クアドセッティング)は効果あるの?

 

MMTの判定基準:

段階1:

大腿四頭筋腱あるいは膝蓋腱の動きを触れるが、関節運動はこらない

 

段階0:

全く収縮が認められない

 

 

MMTの関連記事

 

MMTの総論+各関節運動のMMTを紹介した記事は以下となる。

 

MMT(徒手筋力検査)のやり方

 

 

また、全てのMMTを一覧表として観覧したい人は以下もおススメ

 

MMTの一覧表(サイト:筋骨格系理学療法の世界)