この記事では、『肘関節・前腕のMMT(徒手筋力テスト)』を記載している。

 

簡潔に記載しているので、MMT(徒手筋力テスト)を忘れてしまったリハビリ職種(理学療法士・作業療法士)、看護師、学生さんなどは、是非活用してみてほしい。

 

また、「MMTの基礎」や「肘関節・前腕以外のMMT」に関しては記事最後のリンク先『MMT(徒手筋力検査)のやり方』でまとめているので、こちらも併せて観覧してもらうと知識が整理できると思う。

スポンサーリンク

 

肘関節屈曲のMMT(徒手筋力テスト)

 

肘関節屈曲の主動筋

 

・上腕二頭筋(短頭・長頭)⇒筋皮神経

・上腕筋⇒筋皮神経

・腕橈骨筋⇒橈骨神経

 

肘関節屈曲MMTの方法

 

段階5,4,3の肘関節屈曲MMT:

 

患者体位:

・端坐位 両上肢は体側に垂れる

 

MMTの方法:

・検者は、一方の手で前腕部遠位に抵抗を与える

・他方の手で肘を下から支える

 

~肢位による主動作筋の変化~

・上腕二頭筋⇒前腕回外位

・上腕筋⇒前腕回内位

・腕橈骨筋⇒前腕回内外中間位

 

MMTの判定基準:

段階5:

全可動範囲を運動でき、かつ最大の抵抗に抗し最終点を維持できる

MMT肘屈曲5

 

上腕筋⇒前腕回内位

MMT肘屈曲(回内位)

 

腕橈骨筋⇒前腕回内外中間位

MMT肘屈曲(回外中間位)

段階4:

全可動範囲を運動でき、強力~中等度の抵抗に抗し最終点を維持できる

 

段階3:

抵抗がなければ全ての可動域を運動でき、かつ最終点を保持できる

MMT肘屈曲3

 

 

段階2段階の肘関節屈曲MMT:

 

患者体位とMMTの方法:

・端坐位

・肩90°外転 内外旋中間位で肘を下から支える

・他方の手で前腕を回外・回内・回内外中間位に手首の下から支える

MMT肘屈曲2

 

(別法)

患者体位とMMTの方法:

・背臥位

・肘45°屈曲位 前腕を回外・回内・回内外中間位に手首の下から支える

 

MMTの判定基準:

段階2⇒運動範囲の一部でも動かせるもの

 

 

段階 段階1,0の肘関節屈曲MMT:

患者体位⇒段階2別法に同じ

 

MMTの判定基準:

段階1:筋収縮を触知できる

段階0 :収縮を触れることができない

 

代償運動:

・手関節屈筋群(橈側・尺側主根屈筋)による肘屈曲→弛緩させてテストする

・肩内旋筋による作用→重力の影響で肘は自然に屈曲する

 

 

肘関節伸展のMMT(徒手筋力テスト)

 

肘関節伸展の主動筋

 

・上腕三頭筋(長頭・外側頭・内側頭)⇒橈骨神経

 

肘関節伸展MMTの方法

 

段階5,4,3の肘関節伸展MMT:

 

患者体位:.

・腹臥位

・肩90°外転 前腕を台からはみ出させ垂直に垂らさせる

 

MMTの方法:

・検者は、テストする上肢の側に立つ

・抵抗を手首(前腕部遠位)に与える

・他方の手で肘を下から支える

 

MMTの判定基準:

段階5:

全可動範囲を運動でき、かつ最大の抵抗に抗し最終点を維持できる

MMT肘伸展5

 

段階4:

全可動範囲を運動でき、強力~中等度の抵抗に抗し最終点を維持できる

 

段階3:

抵抗がなければ全ての可動域を運動でき、かつ最終点を保持できる

MMT肘伸展3

 

 

段階2,1,0の肘関節伸展MMT:

 

患者体位:

・端坐位

・肩90°外転 内外旋中間位で肘を下から支持

・肘45°屈曲位を取らせる

MMT肘伸展2~0

 

MMTの判定基準:

段階2:

重力の影響がなければ全ての運動範囲を動かしうる

 

段階1:

筋収縮を触知できる

 

段階0:

収縮を触れることができない

 

 

代償運動:

 

・肩外旋筋による作用

→重力の影響で肘は自然に伸展する

 

・大胸筋による作用

→手首・手部で上肢を支えている場合

→肩水平内転の反動で肘が伸展する

 

 

前腕回外のMMT(徒手筋力テスト)

 

前腕回外の主動筋

・回外筋⇒橈骨神経

・上腕二頭筋(短頭・長頭)⇒筋皮神経

 

前腕回外MMTの方法

 

段階5,4,3の前腕回外MMT:

 

患者体位:

・端坐位

・上肢は体側に肘90°屈曲位 前腕回内位(第6版:回内外中間位)

 

MMTの方法:

・検者は、一方の手で肘を下から支える

・運動は手掌を上に向けさせる

・他方の手で手首(前腕部遠位)に抵抗を与える

 

MMTの判定基準:

段階5:

全可動範囲を運動でき、かつ最大の抵抗に抗し最終点を維持できる

 

段階4:

全可動範囲を運動でき、強力~中等度の抵抗に抗し最終点を維持できる

 

段階3:

抵抗がなければ全ての可動域を運動でき、かつ最終点を保持できる

 

 

段階2の前腕回外MMT:

 

患者体位とMMTの方法:

 

・端坐位

・肩45~90°の屈曲位 肘90°屈曲位 前腕回内外中間位

・検者は、一方の手で肘を下から支える

 

MMTの判定基準:

段階2⇒運動範囲の一でも動かせるもの

 

 

段階1,0の前腕回外MMT:

 

患者体位:

・端坐位

・上肢は体側に肘90°屈曲位 前腕回内位(第6版:回内外中間位)

・検者は、検査する側の前腕を下から支える

 

MMTの判定基準:

段階1:

前腕背面、橈骨頭の遠位に回外筋、肘関節の掌側に上腕二頭筋の収縮を触知できる

 

段階0:

収縮を触れることができない

 

 

代償運動:

・肩関節の内転+外旋

・手関節背屈を伴う前腕回外→手関節背屈筋群の作用

(手関節屈筋群を弛緩した状態でテストを)

 

 

前腕回内のMMT(徒手筋力テスト)

 

前腕回内の主動筋

・円回内筋(正中神経)

・方形回内筋(正中神経)

 

前腕回内MMTの方法

 

段階5,4,3の前腕内外MMT:

 

患者体位:

・端坐位

・上肢は体側に肘90°屈曲位 前腕回内外中間位

 

MMTの方法:

・検者は、一方の手で肘を下から支える

・運動は手掌を下に向けさせる

・他方の手で手首(前腕部遠位)に抵抗を与える

 

MMTの判定基準:

段階5:

全可動範囲を運動でき、かつ最大の抵抗に抗し最終点を維持できる

 

段階4:

全可動範囲を運動でき、強力~中等度の抵抗に抗し最終点を維持できる

 

段階3:

抵抗がなければ全ての可動域を運動でき、かつ最終点を保持できる

 

 

段階2の前腕内外MMT:

 

患者体位とMMTの方法:

・端坐位

・肩45~90°の屈曲位

・肘90°屈曲位

・前腕回内外中間位

・検者は、一方の手で肘を下から支える

 

MMTの判定基準:

段階2⇒全ての運動範囲を動かせるもの

 

 

段階1,0の前腕内外MMT:

 

患者体位とMMTの方法:

・端坐位

・上肢は体側に肘90°屈曲位

・前腕回内外中間位

・検者は、検査する側の前腕を下から支える

 

MMTの判定基準:

段階1:

上腕骨内側上顆~橈骨外側縁を結ぶ掌側の線上に円回内筋の収縮を触知できる

 

段階0:

収縮を触れることができない

 

 

代償運動:

肩関節の外転+内旋

橈側手根屈筋・指屈筋による代償作用→弛緩した状態でテストを!

 

 

MMTの関連記事

 

MMTの総論+各関節運動のMMTを紹介した記事は以下となる。

 

MMT(徒手筋力検査)のやり方

 

 

また、全てのMMTを一覧表として観覧したい人は以下もおススメ

 

MMTの一覧表(サイト:筋骨格系理学療法の世界)