ワシントン大学の心理学者であるウィルバート・フォーダイス(Wilbert Bill Evans Fordyce)は、客観的に観察される慢性痛患者の痛みに伴う行動を『痛み行動(pain behavior)』と名付け、慢性痛の治療対象として着目した。

 

痛み行動の基礎となるオペラント条件付け

 

私たちは、ある行動をとることで「やらなかった時よりも、やった時のほうがメリットがある」ということを体験すると、その行動の頻度が増える。

 

例えば自分が仕事を頑張った際に、上司に褒めてもらったり、特別ボーナスが出たりすると、「仕事を頑張る」といった行動につながる。

 

あるいは、自分のブログを「分かりやすい」「参考になった」などと褒めてもらうと、益々ブログを書きたくなることもあるだろう。

 

この様にして行動が強化されること(逆に弱化されることもあるが)を『オペラント行動(オペラント条件付け)』と呼ぶ。

 

それをしたことで、自分にとって良い結果が得られた、あるいはいやなことを回避できたとなると、その「結果」がフィードバックされて強化されることになる。

 

私たちの行動は、そういう学習を積み重ねて成り立っているのである。

 

しかし、これは必ずしも良い学習ばかりとは限らない。

関連記事⇒『オペラント行動療法と認知療法

 

 

痛み行動とは

 

「痛み行動」とは患者が痛みを表現する全ての行動を指す。

 

そして、この痛み行動は様々な因子によって強化される(あるいは弱化される)ことになる。

 

例えば痛みを訴えることにより、家族がいつもより言うことを聞いてくれたり、職場の同僚が労わってくれたりする場合がある。

 

あるいは、辛いと訴えたら病院の診察順番を早めてくれたり、薬を多く処方してくれたり、セラピストが沢山マッサージをしてくれたりという場合もあるかもしれない。

 

このように、痛みを訴えることで、その人にとってメリットが生まれた経験があると行動は強化され、痛みが自己主張の道具になってしまう場合もある。

 

このようなケースでは、周囲がクライアントの痛み行動に反応すればするほど、この行動は強化されて、エスカレートする可能性すらある。

 

 

急性痛において痛み行動が起こるのは当然

 

ただし、痛み行動の全てが問題なわけではない。

 

「痛み行動」とは患者が痛みを表現する全ての行動であり、顔をしかめる、うめき声をあげる、体位を変える、足を引きずって歩く、腰に手を当てて立つなどの生理的な行動から、薬を飲む、痛みをほのめかす、杖や車椅子などを使う、病院を受診する、学校や仕事を休む、ドクターショッピングをする、労災保険を請求する、訴訟を起こすなどの多岐にわたる。

 

そして、いわゆる急性痛(侵害受容性疼痛)では上記の痛み行動の一部が起こるのは当然と言える。

 

問題は慢性痛の「痛み行動」であり、その中には侵害受容性要素が小さくなっているにもかかわらず、様々な強化因子によって行動が強化されている場合も少なくない。

 

 

関連記事

 

痛み行動のメカニズムは以下の「恐怖-回避思考モデル」が理解しやすい。

 

恐怖-回避思考モデル

 

 

痛みの恐怖-回避思考モデルは、以下の「学習性無力感」とも関連している。

 

学習性無力感とは?失敗によるネガティブ感情に注意せよ!

 

 

恐怖-回避思考モデルによる悪循環は、以下の「セルフエフィカシー」や「ポジティブなコーピングスキル」によって脱却のカギとなる場合がある。

 

セルフエフィカシーとは?

 

コーピングスキルを身につけよう