この記事では、世界標準な意識障害の評価スケールである『グラスゴーコーマスケール(GCS:Glasgow Coma Scale)』について記載していく。

 

グラスゴーコーマスケールとは

 

意識障害の評価分類スケールはいくつか開発されているが、その中でも一般の臨床では以下の2つが普及している。

 

・グラスゴーコーマスケール(GCS : Glasgow Coma Scale)

・ジャパンコーマスケール(JCS : Japan Coma Scale)

 

 

ジャパンコーマスケールが「日本でのみ普及している」のに対して、

グラスゴーコーマスケールは「国際的に普及している」という点が異なる。

 

 

グラスゴーコーマスケールの採点基準

 

グラスゴーコーマスケールの具体的な評価内容としては、以下の3項目を個別に観察し、それぞれの合計得点(3~15点)で表す。

 

  • 開眼(eye opening)
  • 言語反応(verbal response)
  • 最良運動反応(best motor response)

 

※『言語反応』・『最良運動反応』は数回テストし最も反応のよい状態を評価する。

 

 

グラスゴーコーマスケールの採点基準:

 

  • 3~8点 ⇒重度な意識障害
  • 9~12点⇒中等度な意識障害
  • 13~15点⇒軽度な意識障害

 

 

グラスゴーコーマスケールで意識障害を評価

 

以下がグラスゴーコーマスケールの分類表である。

 

大分類

小分類

スコア

開眼

自発的に開眼している

呼びかけに応じて開眼する

痛み刺激に対して開眼する

まったく開眼しない

最良運動反応

 

※運動による最良の応答

 

 

言葉による命令に従う

局所的な痛み刺激に反応する

痛みに反応して四肢を逃避的に屈曲する

痛みに反応して四肢を異常に屈曲する

痛みに反応して四肢を伸張する

まったく反応なし

最良言語反応

 

※言葉による応答

見当識は正常

会話内容の混乱(錯乱状態)

短く不適切な言葉

理解できないうなり声やうめき声

発声がみられない

 

 

関連記事

 

グラスゴーコーマスケールは慣れないと評価が難しく、ジャパンコーマスケールと併記することも多い。

 

っというかジャパンコーマスケールの方が分かり易いので、こちらのみが活用されることも多々ある。

 

そんな「グラスゴーコーマスケールと同様にメジャーで、日本で多用されている意識障害評価スケール」である『ジャパンコーマスケール』に関しては以下を参照して欲しい。

 

3-3-9度方式(ジャパンコーマスケール)-意識障害の意味・評価法・原因を考える