マクギル疼痛質問票(MPQ:McGill Pain Questionnaire)は、マクギル大学のMelzackらによって、1975年に発表された痛みの評価表である。

 

MPQの内容は、4項目の質問からなっている。

 

  • 第1の質問:痛みの部位に関する項目
  • 第2の質問:痛みの性質を言語表現する項目
  • 第3の質問:痛みの時間的変化に関する項目
  • 第4の質問:痛みの強さに関する項目

 

それぞれの質問項目について、患者自身が読んで質問に答えるものである。

 

第2の質問の痛みの言語表現は、4つのカテゴリーの言語表現よりなり、さらに、サブクラスの20の小区分になっている。

小区分の1~9までが感覚言語、10~15までが感情言語、16が全体評価の言語17~20までが混合型で構成されている。

各サブクラスに属する言語表現は軽い方から重い方へと順に配列されている。

 

また、第4の質問の痛みの強さは、0~5までの段階で評価する。

この評価表は、痛みの部位や強さの評価のみならず、痛みの性質を評価しているところに特徴があり、さらに、痛みと言語との関係を示している。

 

 

マクギル疼痛質問票(MPQ)の特徴

 

具体的な質問を観覧してもらえばわかるように、患者の痛みの種類や特性を知るうえで有用である。

 

痛みの「感覚的・表現感情的表現に関する質問」と痛みの強度に関する質問」で構成される心因性疼痛患者は感情的表現に反応しやすく、器質的疼痛との鑑別の一助になるとされている。

 

質問表なため(自身で記入するとはいえ)時間を様子が、以下の様な「簡易な痛み評価スケール(VASなど)」よりは痛みを様々な角度から把握しやすい。

 

痛み評価テスト(VASなどの疼痛スケール)の臨床活用法

 

 

ではでは、第1から第4の質問まで記載していく。

 

(参考文献『高橋憲一ほか:リハビリテーションにおける痛みの評価一McGill痛み質問票の試み一.北大医療技短大紀6:101~113』)

 

 

MPQの質問① 体のどこが痛いですか?

 

あなたが今痛みを感じているところを右図に書き入れて下さい。

 

そしてそのそばに皮膚が痛む場合は○、関節や筋肉など深いところが痛む場合は△・両方の場合は○△を書いて下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

MPQの質問② どのような痛みですか?

今の痛みをあらわしている言葉が下にあります。

群からあてはまる言葉を1つずつ選んで下さい。

最もあてはまる言葉に○を書いて下さい。1から20のそれぞれの(なければ○をつけないでそのままにして次の群に進んで下さい)。

 

 

痛み①

  • ちかちかする
  • じんじんする
  • ずきんずきんする
  • ぴんぴんする
  • がんがんする

 

痛み②

  • びくつとする
  • きりつとする
  • ずきんとする

 

痛み③

  • 針で刺されるような
  • 釘で刺されるような
  • きりで刺されるような
  • 矢で刺されるような

槍で刺されるような

 

痛み④

  • 切られるような
  • 切り開かれるような
  • 切り裂かれるような

 

痛み⑤

  • つままれるような
  • つれられるような
  • かまれるような
  • つぶされるような
  • くだかれるような

 

痛み⑥

  • 引っ張られるような
  • 引き伸ばされるような
  • もぎとられるような

 

痛み⑦

  • 熱い
  • もえるような
  • やけどしそうな
  • こげるような

 

痛み⑧

  • むずむずしたような
  • ちりちりしたような
  • ぴりぴりしたような
  • ひりひりしたような

 

痛み⑨

  • どんよりした
  • にぶい
  • だるい
  • 重い
  • 重苦しい

 

痛み⑩

  • 気になる
  • 気が張る
  • いらだつ
  • 気がおかしくなる

 

痛み⑪

  • つかれる
  • 疲れ果てる

 

痛み⑫

  • 気分が悪い
  • 息苦しい

 

痛み⑬

  • びくびくするような
  • ざわつとするような
  • ぞつとするような

 

痛み⑭

  • たいへんな
  • つらい
  • ひどい
  • たまらない
  • 死にたい

 

痛み⑮

  • 情けない
  • どうしようもない

 

痛み⑯

  • わずらわしい
  • やっかいな
  • いやになるような
  • はげしい
  • 耐えられない

 

痛み⑰

  • 周りに広がるような
  • 中に広がるような
  • つき刺されるような
  • 貫かれるような

 

痛み⑱

  • しめつけるような
  • しびれるような
  • ちぢこまるような
  • よじれるような
  • 裂けるような

 

痛み⑲

  • 涼しい
  • 冷たい
  • 凍るような

 

痛み⑳

  • うんざりする
  • むかつく
  • 苦しい
  • 恐ろしい
  • 拷問をうけているような

 

痛み⑳

  • その他の表現語(記述してください)

 

 

MPQの質問③ どのよに変化したか

 

 

1.あなたの痛みはどのように変わってきましたか。下から選んで○を書いて下さい。

 

質問①:

持続している

なかなか変化しない

これまで変わっていない時々・変化する

 

質問②:

周期的に変化する

何度も変化する

時々変化する

 

質問③:

一時的に痛む

瞬間的に痛む

短期的に痛む

 

質問④:
上に該当するものがなかったら記述してもらう。

 

 

2.どのようなことが痛みを和らげますか?

 

3.どのようなことが痛みを強めますか?

 

 

MPQの質問④ どれくらいの強さですか

 

あなたの今の痛みの強さを表した言葉を下に示しました。

  • 0:無痛
  • 1:軽度
  • 2:深い
  • 3:悩みの種である
  • 4:身の毛もよだつような
  • 5:耐えられない

 

以下の質問であてはまる番号を上から選んで書き入れて下さい。

 

①いまの痛みの強さはどれですか

 

②最も痛い場合の強さはどれですか

 

③最も和らいでいる場合はどれですか

 

④これまで経験した歯痛の強さはどれですか

 

⑤これまで経験した頭痛の強さはどれですか

 

⑥これまで経験した胃痛の強さはどれですか

 

 

・これまでの経験で最も痛かったことはどのようなことでしたか?(記述してください)。

 

 

・現在の痛みの程度を線の上に示して下さい。

 

 

 

痛み評価関の連記事

 

痛みを評価に関連する記事として以下なども作成してるので、合わせて観覧してみてほしい。

 

BS-POP質問票! 疼痛の精神医学的側面をチェックせよ!

 

痛み評価テスト(VASなどの疼痛スケール)の臨床活用法

 

KeeleのStarT スクリーニングツール:腰痛における心理社会学的評価