この記事では、『スキャプラプレーン(scapular plane)』と『ゼロポジション(zero position)』について記載していく。

 

スキャプラプレーン(scapular plane)とは

 

スキャプラブレーン(scapular plane)とは「肩甲骨面」のことである。

 

肩甲骨は板状の骨で背中の高い位置の左右にあるが、丸みがかった胸郭の表面に乗っているため、肩甲骨の作り出す面は身体の前額面に対して約30°~40°でこの面をスキヤプラブレーン(scapular plane)とよぶ。

 

~『画像引用:プロメテウス解剖学アトラス』~

 

scapular planeとは:

 

以前は、前額面上より30°前方として規定されていた。

 

しかし、肩甲骨は胸郭上を動くため、肩甲骨の向く方向が変化することから、角度を規定すべきではないと、信原先生がscapular plane-Nとして、肩甲骨関節窩の向く方向の面として提示されたものが、現在では、scapular planeとして用いられている。

 

~『書籍:結果の出せる整形外科理学療法』より引用~

 

 

scapular plane上での上肢挙上(肩甲骨面挙上)

 

スキャプラプレーン(scapular plane)上での上肢挙手上を『肩甲骨面挙上』と呼ぶ。

 

 

 

スキャプラプレーン上での『上肢の挙上(=肩甲骨面挙上)運動』を動画で紹介

 

以下がスキャプラプレーン(scapular plane)上での上肢挙手上(肩甲骨面挙上)運動の動画となる。

 

10秒くらいからの水平面上での運動が、肩甲骨面挙上(肩関節水平内転30~40°程度での上肢挙上)を理解しやすい。

 

 

 

スキャプラプレーン(scapular plane)は機能的なポジション

 

スキャプラプレーン(scapular plane)は、肩関節の関節包や靭帯などのバランスが整い、障害を受けにくい機能的なポジションである。

 

肩甲骨は胸郭の後-外側面上に位置し、この関節窩は前額面に対して前方約35°を向いている。

この肩甲骨の向きは肩甲面(scapular plane)とよばれる。

 

腕をごく自然に頭上へと挙上する際、肩甲骨と上腕骨はこの運動面に沿って動くことが多い。

 

~『書籍:筋骨格系のキネシオロジー―カラー版』より引用~

 

なので、日常生活でも、多くの上肢運動の際に使われている。

 

例えば、鉛筆やお茶碗ハンドルを持つ、ゲーム機のコントローラーを握る、髪を撫でる、顔を洗うなど、すべてスキャブラブレーン上での動作である。

 

 

ゼロポジション(zero position)とは

 

ゼロポジション(zero position)とは以下を指す。

 

『scapular plane(肩甲骨面)内において上腕骨軸と肩甲棘が一致する肢位(約150°の挙上位)』

 

※ちなみに外転角度は以下など色々な意見がある。

・Saha :155°

・Doody :140°

・尾崎 :150°

・池田 :130°

 

ゼロポジション(zero position)とは:

 

この肢位は、1961年にSAHAにより提唱され、内・外旋が生じない肢位、一般的にscapular plane上で155°付近(肩甲棘と上腕骨軸が一致する肢位)とされる。

 

もともとは、1961年にSAHAが提唱した肢位であり、その後、国内外でその肢位を調査され、さまざまな角度報告がなされている。

 

類似表現としてCodmanのハンモック肢位がある。

 

~『書籍:結果の出せる整形外科理学療法』より引用~

 

ゼロポジションは、肩甲骨周囲の筋群の走行がほぼ一直線上にあり、上腕骨の回旋運動も少ない非常に安定した状態を保つことができる。

 

また、「肩甲骨の肩甲棘」と「上腕骨の長軸」もゼロポジションでは同一線上にあるというのも特徴の一つと言える。

 

①⇒棘上筋の作用

②⇒棘下筋の作用

③⇒小円筋の作用

 

※回旋筋腱板ではないが④⑤は以下になる。

④⇒上腕二頭筋

⑤⇒上腕三頭筋

 

上記イラストの様に、ゼロポジションは関節包や靱帯ばかりでなく、肩関節の回旋筋腱板(棘上筋・棘下筋・小円筋・肩甲下筋)のバランスが最適なポジションである。

 

 

ちなみに、以下のイラストの様に僧帽筋下部線維と三角筋は、ゼロポジションにおいて肩甲骨を中心に互いに引き合う関係となる。

僧帽筋下部線維は、挙上位における三角筋の収縮効率を高めるための固定筋と捉えることが出来る。~画像引用:運動療法のための 機能解剖学的触診技術 上肢

※『肩甲骨の下制と内転』のMMT(徒手筋力テスト)では腹臥位にてゼロポジションにて抵抗を加えることで筋力を評価する(主に僧帽筋下部線維の筋力を評価している)。

関連記事⇒『肩甲骨のMMT(徒手筋力テスト)

 

 

また(腱板断裂・腱板損傷などの)術後における、この肢位での固定の利点は以下などが挙げられる。

・棘上筋・三角筋が弛緩するため生理的修復が期待できる。

・固定中でも肩関節周辺の筋力地強訓練が行える。

・固定除去後は上肢の重量を利用して容易に下垂位が得られる。

・・・・・など。

 

 

ゼロポジションは、投球動作や頭上でのスイング動作時に重要なポジションである。

※これらの動作は、スキヤブラブレーン上で肩甲骨の後面上方にある肩甲棘と上腕骨軸が一致する位置にある。

 

スポーツによる肩機能障害のリハビリでは、ゼロポジション上でのパフォーマンスを回復・改善させるため、肩関節のみならず脊柱から股関節や足の指先まで評価・治療を行なわれる。