ワードプレスのテーマ、どれにする?ブログ運営者必見です!!

この記事では、ワードプレスのテーマ(無料ブログでいうテンプレートみたいなもの)をいくつか紹介していきます。

 

理学療法士・作業療法士を含めてワードプレスのテーマで悩んでいる人は参考にしてみて下さい。

 

記事の最後では、私が現在使用いているテーマである『カエテンワードプレス』にも言及しているので、こちらも合わせて観覧してみて下さい。

 

ワードプレスンの「テーマ」ってなんだ?

 

ワードプレスを本格的にカスタマイズしようとすると非常に大変で、

 

デザインを変更いようとすれば「CSS」の知識、

 

ページ構造を変えようとすると「html」の知識

 

が必要となります。

 

※さらに、ページに動きを加えようなんて考えたら「PHP」といったプログラミング言語の知識まで必要となってきます。

 

ですが、ワードプレスの『テーマ』を利用すると、そんな専門的知識が(ほとんど)無くても、サイト・ブログの内容を維持したままデザイン部分のみを変更することが出来るようになります。

 

無料ブログを利用したことがある人は、「テンプレート」といって、ブログデザインを着せ替え出来る機能が備わっていますが、あれと同じようなものだと考えてください。

 

※ただし、テンプレートよりも更に直感的に(テンプレをイジらず、クリックだけで)色変更・フリースペースの活用などが出来てしまうので、デザインカスタマイズの難易度はテーマのほうがグッと低くなり自由度も増すので、厳密には「テンプレート=テーマ」としてしまうのは少し乱暴かもしれません。

 

※ちなみに、無料ブログに独自ドメインを利用することでブログ運営をしている人は、以下の記事も参考にしてみてください(私が以前しようしていた無料ブログ用テンプレートを紹介しています)。

 

無料ブログ利用者限定!アクセスアップにオススメなテンプレートをご紹介!!

 

スポンサーリンク

 

 

テーマの種類と、選ぶ際の注意点

 

ワードプレスには色々なテーマが存在します。

 

でもって、ネット上で利用できるものには、『無料なテーマ』と『有料なテーマ』が存在します。

 

そして、ここで紹介するテーマはあくまで一例なので、ご自身で色々と検索して好みのテーマをぜひ見つけてみてください。

 

ただし、以下に記載する注意点には留意しておくことをお勧めします。

 

自身に合ったテンプレートが見つかると良いですね♪

 

・必要最低限の内部SEOが施されているか(レスポンシブデザイン含む)

・一生使い続けれるテーマかどうか

・テーマの設定・カスタマイズを考えた際の情報収集が容易か

 

 

必要最低限の内部SEOが施されているか(レスポンシブデザイン含む)

 

必要最低限の内部SEOが施されているかはチェックしておいたほうが良いかもしれません。

 

っとはいっても、ワードプレス初心者にはピンと来ないかもしれないので、取り敢えず「内部SEO実装済み」などの記載があるのを選ぶのも手だと思いまう(ちょっとコメントが適当すぎるかな・・・)。

 

『SEO』という用語自体の解説は、以下の記事で分かり易く紹介しているので是非参考にしてみてください。

 

ブログのアクセスアップにSEOを学ぼう!

 

 

また、ブログ観覧者のユーザビリティーを高める(SEO対策にもなる)ために重要な「レシポンシブウェブデザイン」であることは必須です。

 

レスポンシブデザインは、観覧する機器の横幅に合わせて、ブログのデザインも自動修正してくれる機能を指します。

 

例えば、もしパソコンで観覧しているのであれば、このブログを縦長に細長くして観覧してみてください。

すると横幅に合わせてデザインが変化していくのが分かると思います。

 

つまり、スマホの様に細長にブログが表示される際は、それに合わせてデザインを自動調整してくれるといことになります。

 

スマホで観覧する人がパソコンで観覧する人よりも増えている昨今において「スマホでも観覧しやすいブログ」というのは重要です。

 

通常は、レスポンシブデザインであることが表記されていると思うので、各々のテーマ解説をチェックしてみてください。

 

 

一生使い続けれるテーマかどうか

 

テーマはワードプレスのデザインを簡単にガラッと変えてくれるため「着せ替え機能」と表現するとイメージしやすいかもしれません。

 

ただ、「簡単に変更は難しい部分」もあったりするので、「一生使い続けれるテーマかどうか」と(一応は考えながら)選ぶことをお勧めします。

 

もちろん、ワードプレスを始めた直後では見定めることが困難だと思います。

 

なので、「こんなはずじゃなかった!」「もっと自分に合ったテーマがあるかも」などと、テーマ使い始めて気づくことも多々あると思います。

 

ただし、そうであったとしても、テーマの特徴をなるべく把握し、失敗は最小限になるよう心掛けてみいてください。

 

その理由は、(先ほどと重複しますが)テーマに合ったブログ運用をしていくため、テーマを変更することで今まで運用していた記事に手直しが必要な個所も出てくるからです。

 

例でば、私の記事ではHタグ(H2タグやH3タグ⇒小見出しのこと)は装飾されているのですが、これは<h3 class=”h3-05-main”>タイトル</h3>というコードをコピペして、「タイトル」の部分に文字を入力すると「装飾された小見出し」になります。

 

ただ、これはあくまで私が使用しているテーマの設定であるため、テーマを変えたら別のコードをコピペしないと装飾された小見出しは表示されないという事になります。

 

っということは、何百記事あるコードを全て手直しする必要が出てくるかもしれません(一括置換という方法もあるのですが、FTPソフトを利用するなどワードプレス初心者にはピンとこないと思うので恐らく全て手直しすることになると思います)。

 

※こんな事が、リスト装飾や動画サイズなど色々な事に当てはまるため、ある程度吟味して、テンプレートは選んだほうが良いと思います。

 

 

また、テーマに相性の悪いプラグインというのもあったりするようなので、「テーマを変えた途端に、急に不具合が起きだした」ということもあるかもしれません。

 

ここで記載したのはあくまで一例ですが、一つのテーマを使い込むほど作業効率もアップしてくるので、その意味でも同じテーマを使い続けるのに越したことは無いと思います。

 

 

テーマの設定・カスタマイズを考えた際の情報収集が容易か

 

テーマは簡単にインストール・有効化できますが、そこから自分なりに微調整・カスタマイズしていく必要があります。

 

例えば、私が利用してるテーマであれば以下の様な感じ

 

・デザインは1カラム・2カラム・3カラム・3カラム変形のどれにしようか

 ※今は、3カラム変形(左側に記事・右側に2列でサイドバー表示)に設定

 

・トップページの最新記事・個別記事に紐付けする関連記事の数はいくつにしようか。

 ※今は、トップページ記事数は20、個別記事に紐付けする関連記事数は15に設定

 

・記事の投稿日・更新日を表示・非表示どっちにするか(私は非表示にしています)

 

・サイドバーの表示設定(私はスマホ・タブレットではサイドバー非表示になるようにしています)

 

 

まぁこれらは簡単だと思いますが、グローバルメニューの設置・サイドバーを含めた各種の装飾・色の変更などで躓いてしまう可能性もあったりします。

 

そうなってくると例えば以下などは大切になってきます。

 

・しっかりとしたマニュアルが存在するか

・アフターフォローのサポートが充実しているか

・ネット上で情報収集できるか

 

アフターフォローの体制が充実しているのであれば、必ずしもネット上で情報収集する必要はありませんが(問い合わせれば教えてくれるので)、そうでないならネット上で多くの人がテーマに関して情報発信をしているほうが良いかもしれません。

 

あるいは、書籍に掲載されているテーマを選ぶというのもアリかもしれません。

 

例えば『書籍:カンタン! WordPressでつくるビジネスサイト 増補改訂版』では、後述する無料テーマ『Lightning』はの利用を前提として解説されており、つまりは「Lighting」を利用したブログ運用全般を書籍による情報収集によって学ぶことが出来ます。

 

本屋で立ち読みして、好みの本が推奨しているテーマを利用するのも良いのではないでよしょうか?

 

 

ワードプレスの無料テーマを紹介

 

まずは無料テーマを紹介していきます。

 

選んだ基準は、以下の通り。

 

・操作が難しすぎない

・内的SEOが最低限施されている・レスポンシブデザイン

 

以下の2つは条件を満たしているので、興味がある方はリンク先から詳細情報をチェックしてみてください。

 

stinger(スティンガー)の公式サイト

※スティンガーの最新である8にリンクを貼っています。

 

simplicityの公式サイト

 

 

無料テーマは、管理画面からも検索出来るよ

 

無料なテーマは、前記した「stinger」や「simplicity」のようにネット上のをダウンロードするものだけでなく、ワードプレスの管理画面から検索・インストールが直接できるものもあります。

 

前者が「ネット上に設定方法などのマニュアルも親切に記載されている」であったり「利用者が多い」であったりなメリットがあるのに対して、

 

後者は「手っ取り早くインストールできる」といったメリットもあります。

また、中にはワードプレスのテキストに採用されているテーマもあったりするので、その場合はテキストを読みながら設定できているので、そのほうが好みの人はオススメです。

 

ここでは『書籍:カンタン! WordPressでつくるビジネスサイト 増補改訂版』に記載されている無料テーマ『Lightning』を例にして、管理画面からのインストール方法について記載していきます。

 

ちなみに、Lightningはネット上にも情報がアップされており、詳細は以下で確認してください。

外部リンク⇒『Lightning:シンプルでカスタマイズしやすいワードプレスの公式テーマ

 

 

まず、管理画面からテーマを探す場合は、左メニューの『外観』をクリックし、『テーマ』を選択します。

 

 

すると、現在ワードプレスにインストールされているテーマの一覧が現れます。

 

でもって、新しいテーマを探す場合は、画面の上側にある『新規追加ボタン』をクリックします。

 

新たな画面に切り替わるので、右上にある入力窓に『Lightning』と入力して検索をかけると、以下の画面になります(一番右側にあるのが、Lightningになります。)

 

※検索でテーマを選んでも良いし、「注目」「人気」「最新」などをクリックしてテーマを探すことも出来ます。

 

 

次に、「Lightning」にカーソルを合わせるとインストールボタンが現れるのでクリックするとインストールが始まります。

 

インストールが終了すると、最初の画像で示した「テーマ一覧」にLightningも表示されるので、それにカーソルを合わせて「有効化」をクリックすると、ブログのデザインがLightning仕様になります。

 

 

~Lightningというテーマに関して~

 

Lightningについて補足しておきます。

 

※前述したように、Lightningは公式サイトが用意しているので、詳しくは以下を参照してください。

Lightning:シンプルでカスタマイズしやすいワードプレスの公式テーマ

 

Lightningは敢えてシンプルなテンプレートになっています(レシポンシブデザインにはなていますが、それ以外の機能は必要最小限に抑えられています)。

 

最近は、「プラグインしなくとも多機能をもたせたテーマ」が増えてきています(特に有料テーマ)が、それとは逆行したテンプレートになります。

 

そして、『VK All in One Expansion Unit』というプラグイン(無料)を組み合わせることで機能を拡張させる方法を推奨しています。

※ちなみに『VK All in One Expansion Unit』は複数のプラグインがパッケージ化されたものです。

 

パッケージ化されたプラグインを使用するデメリットとしては以下が挙げられます。

 

・不必要なプラグインも入っている。

・何のプラグインがパッケージ化されているか良くわかっていないと、新たなプラグインを導入した際に機能がかぶったり競合して不具合を起こしたりする可能性もある(なので色々試すなら定期的なバックアップをお勧めします)。

 

一方で、いちいち個別にプラグインを探すのが面倒という人にとっては選択肢に入ってくるプラグインとなります。

 

このプラグインに関しては以下の公式サイトも参照してみてください(Lightningだけでなく他のテーマでも普通に使えるので、興味のある方はどうぞ)。

 

外部リンク⇒『VK All in One Expansion Unit豊富な機能を全てのテーマに

 

※ただし、有料テーマを使用している人は、既にテーマ自体に実装している機能も多く含まれているため、パッケージしたものではなく、個別にプラグインを入れ込んでいったほうが良いと思いますが。。。

 

※プラグインに関しては別記事「超絶!! ワードプレス「お勧めなプラグイン」の特徴・設定方法まとめ」でも解説しているので、プラグインについて知りたい方はこちらを参照してください。

 

 

ワードプレスの有料テーマ

 

ここから先は、有料テーマを紹介して終わりにします。

 

一昔前の無料テーマは、直感的な操作がしにくかったり、SEO対策が全く無されていないものが多かったため、有料テーマを購入する人が多かったらしいです。

 

ですが現在は、無料テーマでもかなり質の良いものが増えてきています。

 

なので「なるべくお金をかけずにワードプレスを運用したい」であったり、まずは「ワードプレスを体験してみたい」と思った場合は無料テーマで良いと思います。

 

ただし、前述した「一生使い続けたいテーマ」をなるべく早い段階で見つけておくことのメリットもあります。

 

また、有料テーマのほうが見栄え・カスタマイズのしやすさなどに拘って作られていたり、有料であるがゆえにアフターフォローがしっかりしている場合もあったりするので、あくまで個人的には有料テーマをお勧めします。

 

ただし、有料テーマは非常に多く、ワードプレス上級者向けであったり、オシャレな飲食業の人たちがHP代わりに利用するテーマであったり、巨大なポータルサイト運営者が活用しそうなテーマだったり多岐にわたります。

 

※例えば、SEOを重視したテーマであれば『賢威』は非常に有名ですが、このテーマを十二分に活用しようと思ったら、ある程度の知識が要求されます(値段も24800円と高価です)。

 

そんな中で今回は、「理学療法士・作業療法士を含めた医療・介護職種の方々がブログ運営をするのに適したレベルのテーマ」

 

という観点で、2つをピックアップしました。

 

  • オープンゲージ

    ストローク(10800円)

    ハミングバード(7980円)

    アルバトロス(7980円)

 

 

 

いずれも直感的にカスタマイズでき、尚且つマニュアルが充実していているのがオススメな点です(有料なので多機能な点は言うまでもありませんし、値段も手ごろです)。

 

興味がある方はリンク先で詳細を確認してみてください。

 

 

オープンケージ(ストーク・ハミングバード・アルバトロス)

 

オープンケージというサイトでは、以下の3つのテーマを販売しています。

 

・ストーク(10800円)

・ハミングバード(7980円)

・アルバトロス(7980円)

 

非常にきれいな見栄えで、尚且つ多機能です。

 

マニュアルも充実していたり、直感的な操作も出来そうなので、ワードプレス初心者にもお勧めです。

 

無難な有料テーマを紹介するとしたら、まずはココでしょう♪

 

オープンケージ公式サイト

 

 

アフィンガー

 

アフィンガー(8500円)は、「無料テーマ」で紹介したスティンガーの有料バージョンです。

 

アフィンガーの公式サイト

 

スティンガーに比べて、より多機能になっているのが特徴です(Stinger8より画像引用)。

 

※右の2列(STINGER8とAFIGER4pro)が機能比較になります。

※ちなみに、AFINGERは6500円と表記されていますが、現在は8500円となっています。

 

先ほどから「多機能」という用語を連呼していますが、これは「本来ならプラグインで拡張すべき機能が、テーマにすでに備わっている」ということを指しています。

※もちろん、プラグインで拡張できない機能もテーマに備わっているかもしれませんが。。

 

例えばアフィンガーで言えば、以下の様な吹き出し機能が標準装備されていて、これはテーマとしては珍しいのではと感じます。

 

この機能は、『Speech Bubble』というプラグインを導入することで使えるようになりますが、テーマにこの機能が標準装備されているということになります。

 

「アフィンガーを利用していないけど吹き出し機能に興味はある。Speech Bubbleを使ってみたい」という方は以下のサイトを参照してみてください。

 

外部リンク⇒『吹き出しプラグインSpeech Bubbleで会話形式のブログが作れる

 

 

私が使用しているプラグイン・テンプレートに関して

 

ここまで有料・無料な様々なテーマに関して紹介してきましたが、これらの中に私が使用しているテーマは有りません。

 

でもって、私が使用しているテーマは『 カエテンWP-JOY』という有料テーマです。

 

興味がある方は以下のリンク先でチェックしてみて下さい。

 

 

使いやすく、非常に気になっています!

 

もう少し使用してから記事にもしてみたいと思うので、記事にした際はぜひチェックしてみてください。

 

私が使用しているワードプレステーマを紹介します

 

スポンサーリンク

 

 

また、この記事では「ワードプレスを利用したいと思っている人向けの記事」なので、無料ブログを運用しているひとには関係のない記事になってしまっています。

 

でもって、「無料ブログを利用していて、SEOを重視したテンプレート(テーマみたいなもの)に興味がある」という人は、以下の記事が参考になるかもしれません。

 

私が無料ブログ時代に使っていたKAETENテンプレート(カエテンJOY)を紹介

 

※私が無料ブログ(FC2)だった時代に使用していたテンプレートを紹介しています。

 

無料ブログは、(SEO系の機能を拡張させる)プラグインという概念がない分、自身が使っているテンプレートの重要度が増してきます。でもって、実際に使用して効果に効果も実感したテンプレートでもあるので紹介しておきます。

 

※ワードプレスに引っ越す直前でも(金曜日以外の平日であれば)1日に1万ページビュー(PV)ほどのアクセスが稼げていました(もちろんテンプレートだけの効果とも思っていませんが)。

 

ちなみに、無料ブログであってもアクセスアップを考えるならせめて独自ドメインを使用してください。これもSEOとしては必須だと感じます(将来のためにも)。

 

この点に関しては、以下の記事で言及しているので興味がある方は観覧してみてください。

 

無料ブログを無料なまま使用するvs有料化(+独自ドメインの取得)

 

 

優秀なテーマでもアクセスされなきゃ意味が無い!SEOを学ぼう!

 

ワードプレスの有料テーマは多機能だし、プラグインを活用すると益々自由度が高まって楽しいです。

 

ただ、別記事『ワードプレスのメリットは?』でも記載したように、ブログをイジルことに熱中しすぎて、本来やりたかった記事をかいて知識を体系化させることがお座なりになっちゃう自分に気づかされることがあるんですよね。。

 

いくらブログの見映えが素晴らしくても、アクセスしてもらわなきゃ意味ないし、アクセスしてもらうにはSEOで最重要な「記事を作る」っていうことをおざなりにしてはいけないんですよね。。

 

この点に関しては、以下の記事で詳しく解説しているのでチェックしてみてください。

 

ブログのアクセスアップにSEOを学ぼう!