タグ:失調の記事一覧

リハビリ(理学療法・作業療法)の素材集

理学療法・作業療法士・リハビリテーションに関する様々な素材を情報発信していきます

タグ:失調
  • 症状 - 身体における様々な症状

    この記事では『運動失調(協調運動障害)』に関する記事となる。失調症に関する評価やリハビリに関してもザックリまとめているので参考にしてみてほしい。運動失調とは(+協調運動障害との違い)『失調(lack oforder)』とは、「正常な機能の進行(順序や配列)に混乱をきたす症状」を指す。『運動失調(ataxia)』とは、「筋力低下がないにもかかわらず、協調運動障害をきたす症状」である。運動失調により、意図した運動の方向性や動きの程度(加減)に変容をきたす。また、随意的かつ反射的な筋収縮が損なわれ、姿勢の定位や安定性の維持といったバランス障害をきたす。スポンサーリンク協調運動と協調運動障害先ほど「運...

  • 評価 - その他の評価・検査

    この記事では、運動失調(失調症)の評価法のまとめ一覧となる。失調症における症状の種類失調症状は、四肢の運動調整障害、姿勢保持の困難、歩行バランスの低下など様々な形で出現する。でもって失調症状は、以下などの要素から構成される。・距離測定障害(dysmetria)・変換(反復)運動障害・共同運動障害・振戦・時間測定障害障害の種類障害の内容距離測定障害随意運動を目的の所で止めることが出来ない現象。目的まで達しないものを『測定過少』、いきすぎてしまうものを『測定過大』という。変換(反復)運動障害関節運動の切り替えが迅速かつ正確に出来なくなる共同運動障害運動の順序、組み合わせの調和が障害されたもの。これ...

  • 疾患 - 疾患(その他)

    この記事では、脊髄小脳変性症について解説している。脊髄小脳変性症とは『脊髄小脳変性症(pinocerebellardegeneration;SCD)とは、以下を指す。運動失調を主症状とする原因不明の変性疾患の総称。臨床的特徴としては、緩徐な進行性で家族性に発現することもあり、運動失調に加え錐体路症候、錐体外路症候、自律神経症状、末梢神経症状を呈する場合もある。~厚生省特定疾患・脊髄小脳変性症調査研究班の定義より~脊髄小脳変性症とは、文字通り脊髄や小脳が変性していく進行性疾患である。もっと目立つのは小脳の機能低下による小脳運動失調で、運動コントロールが難しくなる(協調性障害・姿勢保持障害などが起...