徒手理学療法における評価・治療の一般的な流れ

1.評価(必ず全項目を評価するのではなく、必要に応じて選択)

※関連記事
⇒『ブログ:ICF(国際生活機能分類)の基礎知識

2.治療(評価から得られた情報をもとにアプローチ方法を選択)

このHPでは、一例としてPNF(固有受容性神経筋促通法)の概要を紹介しています

また、姉妹ブログでは以下などにも言及しています。
⇒『インナーマッスル(コアマッスル)の段階的トレーニング
⇒『高齢者の転倒予防に効く!バランス運動(トレー二ング)を総まとめ!

3.再評価

4.セルフエクササイズ指導・日常生活指導

※痛みの評価・治療関したクリニカルリーズニングの際は、その前提条件として『中枢神経系の優位性』も考慮しておく必要があります。