タグ:まとめの記事一覧

リハビリ(理学療法・作業療法)の素材集

理学療法・作業療法士・リハビリテーションに関する様々な素材を情報発信していきます

タグ:まとめ
  • まとめ一覧シリーズ

    皆さんは『自身の努力』に関して「報われる」と思うタイプですか?それとも「報われない」と思うタイプですか?この記事では、「果たして努力は報われるのか」といったテーマで3記事連載のコラムにしています。努力をしている人も、そうでない人も、自身の努力に疑心暗鬼になっている人も、是非一読してみてほしいコラムです。

  • まとめ一覧シリーズ

    徒手理学療法で重要な内因性疼痛抑制系のまとめです。身体には、痛みを緩和させる様々な仕組みが備わっています。※以下は『物理療法学テキストの「痛みの修飾の種類」』より引用でもって、それらの全てが解明されたわけではありませんが、内因性疼痛抑制系は現在分かっている作用機序として、徒手理学療法のみならず、リハビリテーション(理学療法・作業療法)の様々な場面で活用可能な知識と思われます。この記事では、内因性疼痛抑制系以外に、(徒手理学療法も含めた)他の鎮痛機序もリストに挙げています。ぜひ臨床でも活用してみてください。徒手療法とゲートコントロール理論痛みが痛みを和らげる。DNIC(広汎性侵害受容性調節)内因...

  • まとめ一覧シリーズ

    この記事は、私の新人理学療法士時代のエピソードも踏まえながらの、新人理学・作業療法士さんに向けた雑記をまとめたものである。自己研鑽の参考にならない記事も多く含まれているが、サクッと読める内容となっているので、是非観覧してみてほしい。最初は、新人の4月編・5月編などとして1年分(計12記事)作ろうとしたが途中で挫折した。何らかのインスピレーションが湧いたら、記事も追加していくので稀に寄って頂ければと思う。新人理学・作業療法士の初任給給料の使い道。スポーツジムはいかがです?新人理学・作業療法士はそろそろ辞めたい頃かも知れない・・・・一人職場の苦悩・・・・辞めたい時の選択肢スキルアップしてますか?将...

  • まとめ一覧シリーズ

    この記事では、モノアミン神経について記載していく。脳の基礎知識人間の脳の一番外側をおおっている大脳皮質は、言語や知能を司っている。他の動物たちに比べ、私たちが高度な知能を持っているのは、この大脳皮質が発達しているためである。大脳皮質の奥にあるのが大脳辺縁系である。大脳辺縁系は感情を司っており、人間だけでなく犬や猫といった動物たちにも存在する。喜怒哀楽などの感情や、快深いと言った情動に対する反応はここから発生している。※「感情脳」である大脳辺縁系が暴走しないようコントロールしているのは、大脳皮質にある前頭前野とされている。大脳辺縁系の奥には、視床下部という脳構造がある。視床下部は食欲や性欲など、...