カテゴリー:お金(その他)の記事一覧

リハビリ(理学療法・作業療法)の素材集

理学療法・作業療法士・リハビリテーションに関する様々な素材を情報発信していきます

カテゴリー:お金(その他)

  • お金のこと - お金(その他)

    この記事では、投資手段の一つである『投資信託』について解説していく。なぜ今、投資が必要なのか?第二次安倍内閣が発足して以降、日銀とGPIF(年金積立金管理運用独立法人)が株を買い支えるという構図が出来上がっている。また、政府・日銀共にインフレ目標を達成すべく、様々な手段を講じている最中である。インフレ目標を掲げると以下が起こるとされている。皆が「モノやサービスが今後高くなる」と焦りだす↓皆が「安いうちに買っておこう」と買い物を始める(大きな買い物で行ったら自宅や車など)。また、インフレを見越して不動産経営や土地ころがしを考える人達まで現れたりする。↓その様な行為自体が、インフレの起爆剤の一つに...

  • お金のこと - お金(その他)

    理学・作業療法士の皆さんは、老後資金はいくらくらい必要かと思いますか?今回は、そんな老後資金について記載していきます。理学・作業療法士に必要な老後資金は3000万円?初っ端から結論を言ってしまうと、ケースバイケースです(汗)「なんだそりゃ!」っというツッコミが聞こえてきそうですが、若いころの金銭感覚が治らず多くの資金が必要な人も居ますし、質素な生活をする人も居ます。あるいは以下の点でも変わってきます。・家族と同居かどうか・物価の高い地域に住んでいるか、低い地域に住んでいるか・健康か病気がちか・・・・・・・・・・・・・・・・・・などなど。なので、ケースバイケースとなってしまいます。ただ、この様に...

  • お金のこと - お金(その他)

    この記事では、理学・作業療法士が着目すべき「お金」に関して、「老後の貧困」という点にフォーカスを当てながら考察していこうと思います。老後に必要なお金はどれくらい?現在の高齢者は、「すでに貯金を使い果たしてしまった」「残り数十万円しか貯金がない」といった事態に陥っていることも多いと言われています。そして当然のことではありますが、若者が貯金が少ないのと、高齢者が貯金が少ないのでは全く訳が違ってきます。※例えば、急な病気にかかる率も高まるだろうし、既に病院通いな人も多いと思います。では現実的に、老後の生活にはどれぐらいお金が必要なのでしょうか?平成26年総務省「家計調査報告」によれば、高齢期の2人暮...

  • お金のこと - お金(その他)

    今回は、病院で勤務している理学・作業療法士にも、フリーランスや(整体師として)開業している理学・作業療法士にも必見な『個人型確定拠出年金(iDeCo)』について解説していきます。理学・作業療法士が知っておくべき確定拠出年金とは?理学・作業療法士の皆さんは「確定拠出年金制度」をご存じでしょうか?確定拠出年金制度とは以下を指します。『確定拠出年金制度とは、個人ないし会社が積立金を拠出、個人が資産運用の判断(商品選択や売買指示)を行い、その成果が個人の老後の受取額となる仕組みのこと。会社が退職金・企業年金制度として採用する企業型確定拠出年金と、個人が任意で利用する個人型確定拠出年金がある。』つまり、...

  • お金のこと - お金(その他)

    親が子に残した住宅や土地などの固定資産が、逆に子供の生活を苦しめてしまうことがあります。例えば、地方に住んでいた両親が死亡または施設入居して、実家が空き家状態になるケースです。残念ながら「実家は、誰も住んでないからと言ってお金がかからない」という訳にはいかないのです。※例えば管理・維持費及び固定資産税で年間数50~60万円ほどの支出が生じてしまう場合があったりします。また、放っておくと草だらけになったり害虫が発生したりで、隣近所に迷惑をかけかねないケースもあったりします。っとなると(どうせ自身は住まないのであれば)家を取り壊して更地にしてしまおうと考えるかもしれません。ですが、その場合は数百万...