タグ:リハビリカルテの記事一覧

リハビリ(理学療法・作業療法)の素材集

理学療法・作業療法士・リハビリテーションに関する様々な素材を情報発信していきます

タグ:リハビリカルテ
  • 理学・作業療法士の新人 - ピックアップ

    カルテ(診療記録)の記載方法である『SOAP方式』について解説しています。SOAP方式は医師のために作られた「カルテの書き方」なので、SOAP方式をそのままリハビリ職種(理学療法士・作業療法士)や看護師さんが当てはめようと思うと疑問が湧いてくることもあると思います。そんな疑問の解決に少しでも役立つよう具体例も紹介しながらSOAP方式を解説しています。

  • リハビリ(理学・作業療法)用語解説

    この記事では『POS』と『POMR(問題志向型診療記録)』について記載していく。POSとは『POS』とは『ProblemOrientedSystem』の略である。Problem⇒問題Oriented⇒それに関心を寄せた・それを志向するつまり、POSとは「問題点に着目しながら考えていくシステム」と表現することが出来る。もう少し専門的な表現としては以下の通り。患者に関わる臨床上の問題点(problem)の一つひとつに焦点を合わせ、その問題の所在を追求(problemoriented)して、その意味づけをし、一つひとつの問題点を患者の全体像の中で把握し、その解決法を計画し、それを実行に移していくシス...

  • 理学・作業療法士の新人

    この記事では、通所リハビリテーションにおけるカルテ記載のポイントを記していく。新人理学療法士・作業療法士の皆さんで、通所リハビリに従事している人は参考にしてみてほしい。ちなみに、ここで表現する『カルテ』とは、大きく分けて以下の2つを指している点には注意して頂きたい。・個別リハビリ(理学療法・作業療法)のカルテ・在宅訪問時のカルテスポンサーリンク通所リハビリのカルテ記載居宅基準第119条に「指定通所リハビリテーションを提供した際には、提供した具体的なサービスの内容などを記録するとともに、利用者からの申し出があった場合には、文章の交付、その他適切な方法により、その情報を提供しなければならない」と定...

  • 理学・作業療法士の新人

    この記事では、リハビリ職種(理学療法士・作業療法士)がカルテを記載する際の要点を解説している。ありきたりな内容ではあるが、新人の理学・作業療法士さんの参考になれば幸いである。この記事に記載している「リハビリカルテ」について理学・作業療法士が「実際に行ったリハビリ(評価なども含む)」や「リハビリを実施した時間帯」などを記載したものは「理学療法診療記録」や「作業療法診療記録」などと呼ばれる(臨床では「リハビリ診療録」「リハカルテ」「リハ記録」と呼称していることが多い)。でもって、この記事で解説しているのも、上記の意味での「カルテ」になる。単純に診療記録に関しする記事なため、『POSに準じたPOMR...