タグ:健康の記事一覧

リハビリ(理学療法・作業療法)の素材集

理学療法・作業療法士・リハビリテーションに関する様々な素材を情報発信していきます

タグ:健康
  • 健康増進・予防

    私たち日本における平均寿命はトップクラスである。しかし、重要なのは「平均寿命」ではなく「健康寿命」であることが近年指摘されている。健康寿命(healthexpectancy)とは、世界保健機構(WHO)が算出・提唱している寿命で定義は以下の通り。『健康上の問題で日常生活が制限されることなく生活できる期間』つまり、平均寿命と健康寿命との差は、「日常生活に制限のある期間(=健康ではない期間)ということになる。全ての高齢者が平均寿命まで元気に暮らしているわけではなく、日本の場合は、健康寿命と平均寿命との間には、男性で約9年、女性で約13年差があると言われている。要は、人生の晩年において、介護を必要と...

  • 健康増進・予防

    運動は、様々な病気を予防し、寿命を延ばすことが分かっている。しかし、「運動」と一概に言っても、運動の内容によっては寿命を延ばすものと、延ばさない運動があることも知っておかなければならない。今回は、そんな「健康寿命」と「運動(有酸素運動・無酸素運動)」について記載していく。有酸素運動と無酸素運動運動には大きく分けて以下の2つが存在する。1.有酸素運動2.無酸素運動有酸素運動とは、ウォーキング、ジョギング、エアロビクスなど、酸素を沢山取り入れて脂肪を燃焼させる運動を指す。一方で、無酸素運動とは短距離走や重量挙げなど瞬発力を必要とする運動を指す。有酸素運動と無酸素運動を、水泳を例に解説すると以下の様...

  • 健康増進・予防

    あなたの飲酒の対するイメージは良いだろうか?それとも悪いだろうか?今回は、飲酒に関するメリットデメリットを記載していく。飲酒のメリット最初に結論を言ってしまうと、お酒は適量であれば身体に好影響を与えてくれる可能性もある。特に心臓などの循環器系にとっては、適量のお酒は末梢血管を広げて血流を良くしてくれるので、プラスに働くこともある。また、ストレス発散やリラックス効果も期待できる。お酒の適量は体質によっても違うため一概には言えないが、ビールなら中瓶一本、ウィスキーならダブルで1杯、日本酒なら1合までと言われている。スポンサーリンク飲酒のデメリット飲酒のメリットを前述したが、(当然のことながら)飲み...

  • 健康増進・予防

    この記事では、『活性酸素』について記載していく。リハビリ(理学療法・作業療法)には関係ない雑記であるが、まぁ箸休めに読んでみてほしい。活性酸素(フリーラジカル/酸化ストレス)とは『酸化ストレス』とは、「酸化によって起こる体に害のあるストレス反応」を指す。酸化というのは、分子に酸素が結びつくことを指す。例えば釘などの金属がさびたり、油が古くなると茶色くなったり、りんごを切ったまま放置すると切り口が変色したりなどは酸化によって起こる。私たちは呼吸で酸素を体内に取り入れて、食事でとった栄養素を持たしてエネルギーを作り出すが、これを『代謝』と呼ぶ。しかし体内に入った酸素はこの代謝の過程でとても不安定な...

  • 運動処方・リスク管理に必要な知識 - 危険!これだけは知っておきたい感染予防

    理学療法士・作業療法士にとって、体調管理は基本中の基本である。どんなに優れた知識・技術を持っていても、どんなにクライアントとの信頼関係が構築されていても、体調管理が不十分では話にならない。そして、インフルエンザは、理学療法士・作業療法士の職場では蔓延しがちな疾患の一つであり、セラピストもインフルエンザに感染してしまう可能性は否めない。今回は、そんなインフルエンザの基礎知識について記載していく。※予防接種は当たり前すぎるので、今回は割愛する。スポンサーリンクインフルエンザとはインフルエンザとは、インフルエンザウィルスによる感染症である。症状は、分かり易く言えば「風邪」の症状を重くしたようなイメー...