カテゴリー:高齢者の運動療法の記事一覧

リハビリ(理学療法・作業療法)の素材集

理学療法・作業療法士・リハビリテーションに関する様々な素材を情報発信していきます

カテゴリー:高齢者の運動療法

  • 高齢者 - 高齢者の運動療法

    高齢者に対する運動療法の目的の一つに、「動き(基本的動作など)を改善させるために必要な筋力を身につける」というものがある。ただし、高齢者の筋力向上を考えるにあたって、「筋力向上=筋肥大」では無いという点には注意が必要となる。そして例えば、立ち上がり能力を「筋力」という点だけにフォーカスして改善を図ろうとした場合、「筋肥大を狙った負荷を高齢者に与えなくとも筋力が向上する」ということはあり得る。今回は、そんな高齢者の筋力向上について記載してく。スポンサーリンク筋出力と筋力高齢者の筋力トレーニングを考えるにあたって、まずは「筋力」と「筋出力」について整理することがポイントとなる。ここでは、ヤフー知恵...

  • 症状 - 認知症 - 高齢者 - 高齢者の運動療法

    この記事では、認知症予防に効果があるとされる運動の一つとして『二重課題(デュアルタスク)』にフォーカスを当てて、コグニサイズを記載していく。ただし、二重課題(デュアルタスク)がどの様なものかは端折っているので、「二重課題って何だ」といった所から知りたい方は以下を参照してもらいたい。⇒『二重課題(デュアルタスクって何だ?)』コグニサイズって何だ?コグニサイズとは、国立長寿医療研究センターが開発した『運動課題と認知課題を組み合わせた、認知症予防を目的とした取り組みの総称を表した造語』である。※『cognition(認知)』と『exercise(運動)』を組み合わせてcognicise(コグニサイズ...

  • 高齢者 - 高齢者の運動療法

    この記事では、高齢者へ筋力トレーニングの効果や具体的な方法について記載していく。高齢者の筋力トレーニング高齢者に対する筋力トレーニング効果は、若年者と同様である。すなわち、トレーニング初期での筋力増強は、筋肥大ではなく以下の様な神経因子によってもたらされる。運動単位の動員recruitment発射頻度firingrateの増加関連記事⇒『筋力増強における神経的因子とは?』そして、トレーニングが4~6週程度経過すると、神経要素に加えて筋肥大を伴う筋力増加が見られる。高齢者でも筋肥大による筋力増加が認められるものの、一般的に「筋力トレーニングを実施した時の高齢者の筋肥大反応は若年者と比べると弱い」...