医療従事者もヘルスリテラシーを身につけよう

今回は、「ヘルスリテラシー」というサイトの紹介です。

 

⇒『ヘルスリテラシー 健康を決める力

 

 

このサイトでは「市民・患者の皆さんがヘルスリテラシーを身につけるための支援をするサイト」として、1~6の大項目に分けてヘルスリテラシーの身に付け方に言及している。

 

特に興味深く観覧できたと個人的に思っているのは、以下の1~3の項目。

 

  1. 健康のためには情報に基づく意思決定を
  2. 信頼できる情報とは何か
  3. 知りたい情報はインターネットで

 

このサイトにおける「ヘルスリテラシー」とは、「健康や医療に関する情報を探し、理解し、活用する力」のことを指しており、情報リテラシー、科学リテラシー、コンピューターリテラシー、メディアリテラシーなどを高めるためのヒントが満載となっている。

 

 

私たちの周りには、膨大な量の情報が溢れかえっている。

 

しかし、それらの情報が必ずしも正しいとは限らず、情報を取捨選択するためのリテラシーが求められる。

 

そして、このサイトは市民・患者さんのヘルスリテラシーを高めるためのサイトではあるが、

私のような医療従事者にも参考になる内容が多く掲載されている。

 

私自身も、このサイトなどを通じてもっとヘルスリテラシーを高めていければと思っている。

 

 

当ブログの「リテラシー関連記事」

 

今回紹介したのは『ヘルスリテラシー』に関するサイトである。

 

でもって、当ブログでは『情報リテラシー』に言及した以下の記事を作成しているので。同じ「リテラシー関連情報」として興味がある方は観覧してみてほしい。

 

理学/作業療法士の情報収集に大切な情報リテラシーとは!?

 

理学療法士・作業療士のブログで信用できる情報を見つけるヒントとは?!