リハビリ/理療法/作業療法

リハビリ(理学療法・作業療法)の素材集

理学療法・作業療法士・リハビリテーションに関する様々な素材を情報発信していきます

最新記事
  • 高齢者 - その他の高齢者

    この記事では高齢者のリハビリ(理学療法・作業療法)に携わる上で注意すべき『脱水』について解説していく。脱水は2種類に分けられる脱水は大きく分けて以下の2つに分けられる。主に水分が減る脱水水分を著しく大量に喪失することによって生じる脱水であり、専門用語で『高張性脱水(水欠乏性脱水)』とも呼ばれる。「水分が減る脱水」では、細胞外液のナトリウム濃度が上がり細胞の中から外へ水分が移動し細胞内の水が減るため意識障害などの危険が大きい。主な原因:・尿崩症による尿量増加・発熱などによる不感蒸泄の増加・・・・などなど主な症状:・舌や口の乾燥・尿量が減る・皮膚乾燥・意識障害・喉の渇き(高齢者では感じにくい)スポ...

  • お金のこと - 経済学

    この記事では『機会費用』『機会損失』という用語について記載していく。機会費用とは機会費用とは以下を指す。ある行動を選択することで失われる、他の選択肢を選んでいたら得られたであろう利益のこと。~マネー用語辞典より~例えば日常生活における休日の過ごし方としては、以下の選択肢がある映画に行く近所を散歩する家で読書をする・・・・・などなど。でもって、もし私が「映画に行く」を選ぶとすると、以下が機会費用に該当する。「映画に行くこと以外の選択肢によって得られたであろう利益(散歩による健康増進や、読書による知識の蓄積など)」ただ、「散歩」や「読書」を経済的な価値に置き換えるのは、少し難しいかもしれない。そう...

  • お金のこと - 副業 - ワードプレス/ブログ

    グーグルアナリティクスにてアクセス解析をした結果、先月(2018年6月)のPV(ページビュー)が90万(1ヵ月に90万ページ観覧された)であることが確認できたので、記念として報告します。これも全て、観覧してくださる皆さんのおかげです!感謝一応、アナリティクス画像を添付しておきます。一応、先月のPV数を示したアナリティクス画像を添付しておきます。※本来なら画像下の「ページビュー数916665」の左側には「セッション」「ユーザー数」が表示されているのですが、これらに関しては画像編集で消しています。これが最終報告2017年3月20日にワードプレスに移行して、はや1年以上が経過しました...

  • 報酬系

    ※今回の『報酬系その④:報酬系を活用しよう』はシリーズとして掲載している。※はじめて観覧する方は『報酬系その①:すべてはこの実験から始まった』から観覧することをお勧めする。報酬系におけるドーパミンの重要性前回記事で「報酬系によってもたらされる興奮・快感と幸せは異なる」という点を強調して解説した。でもって、あまりにも報酬系に関する否定的な見解を記載したので、もしかすると「報酬システムなんて、現代社会に無くても良いのでは?」と思った人もいるかもしれない。しかし実際は、「報酬系は人が生きていく上で非常に大切な要素」であり、今回は報酬系のポジティブな側面にフォーカスして解説していく。スポンサーリンク欲...

  • お金のこと - 副業 - 株式投資で副業!

    本日、2018年4月27日(金)時点におけるSBI証券・マネックス証券のポートフォリオを、約束通り公開したいと思います。また、SBI証券に関しては今年1月~4月末まで、私としては珍しく短期売買を多くおこなった期間であったため、運用状況も報告したいと思います。SBI証券とマネックス証券のポートフォリオを公開!まずはSBI証券とマネックス証券のポートフォリオを公開してみます。ポートフォリオは、各証券会社で表示方法が異なるのですが、個人的にはSBI証券の方が赤と青で色分けされており分かり易いと感じますし、好みです。スポンサーリンクSBI証券のポートフォリオSIB証券のポートフォリオは以下になります。...

  • 症状 - 身体における様々な症状

    この記事では『運動失調(協調運動障害)』に関する記事となる。失調症に関する評価やリハビリに関してもザックリまとめているので参考にしてみてほしい。運動失調とは(+協調運動障害との違い)『失調(lack oforder)』とは、「正常な機能の進行(順序や配列)に混乱をきたす症状」を指す。『運動失調(ataxia)』とは、「筋力低下がないにもかかわらず、協調運動障害をきたす症状」である。運動失調により、意図した運動の方向性や動きの程度(加減)に変容をきたす。また、随意的かつ反射的な筋収縮が損なわれ、姿勢の定位や安定性の維持といったバランス障害をきたす。スポンサーリンク協調運動と協調運動障害先ほど「運...

  • 運動療法の基礎 - リハビリ(理学・作業療法)用語解説

    この記事では、パーキンソン病に対する運動療法の一つである『リー・シルバーマン療法(LSVT)』について解説していく。リー・シルバーマン療法(LSVT)とはリー・シルバーマン療法(LeeSilvermanVoiceTreatment;LSVT)は、パーキンソン病患者向けの「LSVTBIG」と「LSVTLOUD」のふたつの治療プログラムが用意されており、世界40カ国以上で実施されている。LSVTBIGは「LSVTにおける運動障害改善プログラム」を指す。 内容:体の部分を大きく動かすことで運動障害の改善を図る。LSVTLOUDは「LSVTにおける発話障害改善プログラム」を指す。内容:大きく声を出す練...

  • おススメしたい! - 書評(一般)

    この記事は、『書籍:金持ち父さん・貧乏父さん』の書評・雑感を記した記事となる。良好な資産形成を考えている人で、知らない人はいないくらい有名な書籍ではあるが、知らない人はぜひ読んでみてほしい。『金持ち父さん・貧乏父さん』って何だ?金持ち父さん・貧乏父さんは第1版が過去に発売されており、大きな反響を呼んだ(良くも悪くも)。金持ち父さん貧乏父さん改訂版postedwithヨメレバロバート・T.キヨサキ/白根美保子筑摩書房2013年11月AmazonKindle楽天ブックス で、それから10年程度経過した近年、アベノミクスによって円安株高、不動産投資が活況となった時期と同じくして、(タイミングを見計ら...

  • おススメしたい! - 書評(一般)

    この記事は、『書評:隙をお金に変える心理学(DaiGo)』の第2弾になります。第1弾は、お金の使い方を「消費」「浪費」「投資」の3つに分けて考える点や、この書籍における「投資の重要性」という点のでベースになっていると思われる「書籍:金持ち父さん・貧乏父さん」にも言及した記事になっています。関連記事⇒『書評:好きをお金に変える心理学(DaiGo)』+『書籍:金持ち父さん貧乏父さん』から学べること一方で第2弾は、お金の使い方を「消費」「浪費」「投資」の3つに分けて考える点について、ベースになっていると思われる「7つの習慣(第3の習慣:時間管理マトリックス」にもフォーカスした記事になります。「好きな...

  • おススメしたい! - 書評(一般)

    この記事は、『革命のファンファーレ現代のお金と広告』の書評をしている。この書籍に興味がある方は観覧してみてほしい。タイトル「革命のファンファーレ」の意味は?革命のファンファーレ。意味が分かるような分からないようなタイトルであるが、この意味深なタイトルは、読者が興味を引くように敢えて考えられたのだろう。革命のファンファーレ現代のお金と広告postedwithヨメレバ西野亮廣幻冬舎2017-10-04AmazonKindle楽天ブックス キングコング西野氏の書籍を読んだのは初めてだが、なかなかロジックに物事を考える人間だと感じた。で、何か行動を起こすにしても、闇雲な行き当たりばったりではなく、かな...

  • おススメしたい! - 書評(一般)

    資産を形成していくために必要な行動は以下の2つをいかに組み合わせるかが大切です。資産を増やす行動(本業で昇給する、副業をするなど)自身で生んだ資産の有効に利用する(例えば闇雲に散財しないなど)でもって資産を増やす方法に関しては、このブログで「株式投資やビットコイン」「ブログ運営」などを例に解説していますが、この記事では後者の「増やした資産の使い方(消費の仕方)」にフォーカスして解説していきます。※まあ、株式投資やビットコインは「お金を増やす方法」であると同時に、(軍資金・元手が必要)という意味では「自身で生んだ資産の有効利用」と言い換えることも出来るため、この記事でも多少は言及しています。スポ...

  • 報酬系

    この記事では「報酬系コラム」の番外編として、報酬系と関連深い学習理論である『強化学習』について解説していく。強化学習(手続き学習)と報酬誤差学習リハビリでは『強化学習』という学習理論が有用な場合が多い。確かに「ある程度速く、正確さが求められる熟練した運動」は、『教師あり学習(フードバック誤差学習)』が大切となる。しかし一方で、人間の動作は「正確さを要求される素早い運動ばかりが必要」なわけではない例えば、立ち上がりや車椅子からベッドの移乗など複合的な運動では、スピードもさほど速くない運動が多い(方法も、人によって何パターンも存在する)。このような運動の学習には「動作の正確さ」より「適切さ」を重視...

  • 疾患 - 疾患(その他)

    この記事は『痛風』について解説した記事になる。痛風とは痛風とは以下を指す。尿酸の過剰な生成と排泄異常によって高尿酸結晶が起こり、関節軟骨に尿酸塩が沈着し、結晶性滑膜炎を生じて激烈な疼痛発作を繰り返す疾患。俗称として「贅沢病」などとも言われ、暴飲暴食や、特定の食事に注意する必要があったりする。痛風により関節炎をきたすと、疼痛・腫脹・発赤が生じ、しばしば微熱や白血球増多も伴う。スポンサーリンク痛風の症状痛風は、「風が吹いたレベルの刺激でも痛みが生じる」と言う意味で命名された疾患である。つまり、痛風の症状は「痛み」なのだが、痛風の典型的疼痛部位は以下である。足の親指のつけ根の関節(母趾のMP関節)が...

  • まとめ一覧シリーズ - 疾患 - 疾患(その他)

    この記事では『糖尿病』の概要に関して、「いかに糖尿病が恐ろしいか」にもフォーカスしつつ解説していく。もし糖尿病予備軍、あるいは初期の糖尿病と診断された方は、糖尿病を軽視せず、改善に努めてほしい。糖尿病は「サイレントキラー」である『肝臓』は別名、「沈黙の臓器」と呼ばれたりする。肝臓に異常が起こっても、それが症状として現れないため、症状を自覚したころには「既に肝障害が進行していた」などといった事も起こり得る(なので、定期検診は重要だ)。関連記事⇒『肝臓について解説するよ』個人的には数年前、訪問リハビリ先の「利用者さんの妻」が肝胆癌で亡くなったのを今でも覚えている。いつも笑顔で、尚且つ人格者で尊敬で...

  • 症状 - 痛みについて - 認知行動療法 - リハビリ(理学・作業療法)用語解説

    この記事では『応用行動分析学(ABA)』について、ABC分析も交えて解説している。就職したての新人理学療法士・作業療法士さんは、患者さんと接するにあたって是非覚えておいてほしい考え方である。でもって、オススメ書籍に関しても後述しているの、興味が出た方はそちらもチェックしてみてほしい。応用行動分析学とは?『行動分析学(人間の行動を分析する学問;BehaviorAnalysis)』において、「実験的行動分析によって導き出された原理や法則を、人間の問題行動の解決へと応用させた方法論」を『応用行動分析学(ABA;AppliedBehaviorAnalysis)』と呼ぶ。ちなみに、『実験的行動分析(Ex...

  • 未分類

    この記事では「TED(アメリカのプレゼンイベント)」で評価の高いプレゼン(彼のプレゼンのインターネットの再生回数は1000万回を超えるという)を披露したショーン・エイカーの著書『幸福優位の法則』を参考に「幸せになるために大切なことは何か」について考察している。書籍情報に関しては、記事の最後にも掲載しているので興味がある方はチェックしてみて欲しい。ショーン・エイカー『幸福優位の法則』の著書であるショーン・エイカーは、ハーバード大学で「幸福の研究」をする傍ら、「学生のカウンセリング」もしていた。でもって、彼は研究を通して「生き生きと幸せそうに大学生活を送る学生の共通点」を見つけ出した。その共通点と...

  • 理学・作業療法士の新人 - ピックアップ

    カルテ(診療記録)の記載方法である『SOAP方式』について解説しています。SOAP方式は医師のために作られた「カルテの書き方」なので、SOAP方式をそのままリハビリ職種(理学療法士・作業療法士)や看護師さんが当てはめようと思うと疑問が湧いてくることもあると思います。そんな疑問の解決に少しでも役立つよう具体例も紹介しながらSOAP方式を解説しています。

  • お金のこと - 副業 - 株式投資で副業!

    このタイトルは「桐島、部活やめるってよ」という小説・映画からもじったものです(読んだことはありません)。桐島、部活やめるってよpostedwithカエレバ神木隆之介マイシアターD.D.2013-11-26Amazon楽天市場 で、株式投資で利益が出ているものの一部を4月~5月初旬中にいったん利益確定して、(タイトルのように辞めるというのは大げさですが)、半年から1年くらい投資を中断しよと思います。理由は以下の通り。投資環境のリスク(不安定要素)が高まってきている他のやりたいことに集中したいため一度中断した株式投資を再開する条件としては以下になります。今後も、日本株が上昇しそうな見通しが確認でき...

  • お金のこと - 副業 - 株式投資で副業!

    この記事は、「私と株式投資」シリーズとして記載しています。※あまりブログ内で自身のことを記載していませんが、このシリーズでは株式投資にまつわる個人的な内容を記事にしています。※はじめての方は「株式投資①株式投資との出会い」から観覧することをお勧めします。※最初から読んでいただけていることが前提な記事となっています。「必ず上がる相場」の終焉アベノミクスによって「何を買っても株価が上がるフェーズ」は終わりをつげ、「有望株は上がるが、ボロ株は上がらない」というフェーズに突入しました。で、ボロ株に関しては「株価が上がらない」だけならまだしも、メッキが剥がれ落ちて大暴落を起こす銘柄も出はじめました。なの...

  • お金のこと - 副業 - 株式投資で副業!

    この記事は、「私と株式投資」シリーズとして記載しています。※あまりブログ内で自身のことを記載していませんが、このシリーズでは株式投資にまつわる個人的な内容を記事にしています。※はじめての方は「株式投資①株式投資との出会い」から観覧することをお勧めします。※最初から読んでいただけていることが前提な記事となっています。色々とクスぶっていてた数年間私が本格的に株式投資に参入し始めたのはアベノミクスが始まる少し前(つまり第二次安倍政権が始まる2012年12月の少し前)になります。それまでは、前回の記事の様に、サンデーサンの株価を観察したり、SBI証券に口座開設していつでも投資を始めて良い状態にしていた...