リハビリ/理療法/作業療法

リハビリ(理学療法・作業療法)の素材集

理学療法・作業療法士・リハビリテーションに関する様々な素材を情報発信していきます

最新記事
  • 徒手理学療法 - AKA-博田法

    この記事では、AKA-博田法における『仙腸関節副運動技術』にフォーカスを当てて記載していく。AKA-博田法の仙腸関節副運動技術AKA-博田法は、以下のような独自の考えを基に治療を展開していく。「筋骨格系疼痛の大多数は関節原性で、その殆どに仙腸関節の機能障害(機能異常および無菌性関節炎とそれによる機能障害)が関係している」つまり、どの関節が痛くてもその原因が「関節機能異常由来のものであるならば」まずは仙腸関節からアプローチしていき、それで改善しなければ他関節へもアプローチしていくという流れになる。これは根拠があるというよりは博田医師を中心とした会員の膨大な臨床経験から培われたもののようだ。このこ...

  • 徒手理学療法 - AKA-博田法

    この記事では、AKA-博田法における『定義』を含めた特徴について解説していく。AKA-博田法の定義AKA-博田法は以下になる。「関節運動額に基づき、関節神経学(articularneurology)を考慮して、関節の遊び、関節面の滑り、回転、回線等の関節包内運動の異常を治癒する方法、および関節面の滑りを誘導する方法」治療対象としては関節機能異常、無菌性関節炎などの関節原性の痛み、関節拘縮などが挙げられる。その他、神経筋再教育や筋力増強にも使われる。関連記事⇒『AKA-博田法にはどんな治療技術があるのか』ちなみにAKA-Hの中での関節機能障害とは「関節包内の器質的病変の有無に関わらず関節面に運動...

  • 徒手理学療法 - AKA-博田法

    この記事では、私が基礎コースを受講した「AKA博田法(関節運動学的アプローチ博田法)について紹介していく。AKA博田法と博田節夫医師この技術は博田節夫という医師が中心となって開発したものである。博田医師は約5年渡米して海外での医療を経験したり米国フィジカルメディスンアンドリハビリテーション(PhysicalMedicine& Rehabilitation))の専門医試験を最高点で合格するといった略歴も持っていたり、理学療法士にとって身近なところでは理学療法士国家試験の問題作成に何年も携わっていた医師である。また、博田医師はFIMM(日本語では国際徒手医学会とか世界徒手医学会とか呼ばれたりする)...

  • 徒手理学療法 - AKA-博田法

    昨日開催された第31回AKA医学会学術集会に参加してきました。6月に参加したPT・OTの学術集会は基本コンセプトをじっくり説明していただき良い復習になったという感じでしたが、今回の医学の学術集会は医師にいかにAKAへ興味を持ってもらうかといった強い熱意が伝わってくる感じでした。また、AKAではなく整形外科教授の視点からの疼痛に関する見解が聞けて「整形外科医はこんなこと考えてるのか~」なんて考えさせられたり、AKAでは改善しない痛みに対してブロック注射やコルセットの併用や生活指導に関してなど疼痛に対して様々な角度からの議論が活発になされてとても興味深い内容でした。RCT(無作為対照臨床試験)を用...

  • 未分類

    先日オステオパシーの研修で4日間東京へ行ってきました。 研修ついでにお台場のガンダムを観にいきました。 夜はライトアップされるということで昼間より人が多く、近くまでは寄れませんでしたが、遠くからでも迫力があり、行って良かったと思います。 夏休みということもあって子供連れの家族やらカップルやら色んな人達がガンダムを囲んでいました。 たまに首が動くのですが、その度に「おーーー!」と歓声をあげたり、写メを撮りまくったりと異様な光景もみかけられましたが。 自分的には手にビームサーベル持たせて振ったりさせてほしかったりと、少し物足りない気持ちもありましたが・・・・ 何はともあれ、ガンダムファンとしては良...

  • 未分類

    昨日近所であった花火大会に行ってきました。ここの花火大会の良いところはスケールが大きく人も多い割に、川の畔でみるために座れる場所が多いので人と人の間から苦し紛れに花火を眺めたりする必要がなく、のんびりと鑑賞できるところです。幻想的な花火をボーっと眺めていると、仕事の忙しさや今抱えている悩みが小さく思えてきます。花火っていいなぁ・・・お盆休みも今日で終わりだけど、とてもリフレッシュできたし、明日からも頑張れそうな気がします。

  • 徒手理学療法 - AKA-博田法

    先日、AKA学術集会のため大阪へ行ってきました。 前回は名古屋で開催されたためI君にお世話になりましたが、元気にしてるのかな?? 今回は約600人くらいが集まったようです。去年AKA地域技術研修会で一緒に勉強したPTさんが僕を見つけて話しかけてくれました。このPTさんはでAKAを医師も含めて取り入れているクリニックで働いている方で、以前の研修会では色々と治療技術に関してアドバイスをしていただきました。色々話をしましたが、PTさんは来年AKA認定療法士テストの受講条件を満たすとのことで同僚たちと勉強に励んでいるとのことです。こういう話を聞くと、自分も頑張らねばと励みになりますねぇ♪今回の学術集会...

  • 未分類

    昨日・今日と勉強会のために大阪へ行ってきました。勉強会前日に大阪へ行き、行きつけの格安ホテルにチェックイン。 夜は大阪名物(今回は串カツとたこ焼き)を堪能してきました。 僕の行きつけのホテルは就職してから何度も利用しているのですが、とても特徴的なので今回は思い出として記しておきます♪ このホテルのおんぼろぶりは凄まじく、トイレ・お風呂は部屋の外にあり共同で使用します。 部屋鍵は錆びているのか慣れるまで要領が分からず施錠に時間がかかります。 外人(東洋人や黒人)は狭い廊下を徘徊しています。 静まり返った廊下で彼らとすれ違った際はカツアゲされないか不安で仕方がありません。 唯一、一か所に存在するエ...

  • 未分類

    今回は、私の大好きな「B級グルメ」について語った記事になります。B級グルメの魅力とは?!昔から麺物・丼物・粉物とかのB級グルメが大好きで、よく食べ歩きをしました。働きだしてからは割烹料理だの高級鉄板焼き店だのA級??グルメも食べることが増えてきて、B級グルメから遠ざかっていた時期がありました。ですが最近、B級グルメへの想いが再燃し始めています。B級グルメの魅力は何といっても「安くて、お手軽に食べれる」ところでしょう♪確かに、A級??グルメは素材が良いだけにB級グルメでは決して味わえない感動もあります。高級ステーキを食べて腰が抜けそうになったのを覚えています。もう大好きだったペッパーランチに行く...

  • 未分類

    昔から麺物・丼物・粉物とかのB級グルメが大好きで、よく食べ歩きをしました。働きだしてからは割烹料理だの高級鉄板焼き店だのA級??グルメも食べることが増えてきて、B級グルメから遠ざかっていた時期がありました。しかし最近、B級グルメへの想いが再燃し始めています。B級グルメの魅力は何といっても「安くて、お手軽に食べれる」ところでしょう♪確かに、A級??グルメは素材が良いだけにB級グルメでは決して味わえない感動もあります。高級ステーキを食べて腰が抜けそうになったのを覚えています。もう大好きだったペッパーランチに行くことは無いでしょう・・ですが、逆にA級??グルメを食べにいってマズかったことも多々ありま...

  • 未分類

    昨日・今日と地域のお祭りがありました。 ローカルテレビのニュースになるくらい、割と有名なお祭りなのです。あいにく曇りor小雨と悪天候でしたが、まずまず盛り上がったみたいです。 僕も昨日のバイト帰りに少し寄って、少しだけブラブラしてみました(かなり職場とも近いので)♪ 昨年も行ったのですが、その時はカイロプラクターが無料で歪みチェックしていたり、他院のリハスタッフが簡単な健康チェックなんかをしてて、僕自身も歪みを診てもらったりして楽しかったのですが・・・ 今回は特にそういうものもないようで、普通に地域特産物なんかが売られてたり、普通に屋台で食べ歩きができる程度のものでした。 中村あゆみさんという...

  • 未分類

    2009年になりました。早いもので一人暮らしを始めてもうすぐ3年が経とうとしています。振り返ると、ついこの間学校を卒業したばかりのように感じます。だれかが「働きだしたら年をとるのはあっという間だよ」と言っていましたがまさしくその通り!!あっという間過ぎて、この3年間自分はどんなことをしてきたのかを問われるとパッと思い浮かびません。そこでこのブログを読んでみると「意外に頑張ってるなぁ」とか「当時こんなこと思ってたんだなぁ」とか自分の人生を振り返ることができてとても楽しくなってきます。ですがブログの内容が仕事や勉強会のことに重点が置かれていてプライベートで自分が今まで何をしてきたのか余り分かりませ...

  • 未分類

    先日、訪リハの研修会に行ってきました。その中で、来年の訪問リハビリステーション創設はほぼ不可能といった話を聞かされました。・・・訪リハステーション創設に関して、医師会・看護師協会から猛反発を受けたとのことです。どんな理由で反対されたかは忘れてしまったのですが、訪リハステーションすら創設できないのであればPTの開業権なんて獲得できるわけないなぁと落胆してしまうのは私だけでしょうか・・?また、訪リハに単位制が導入される可能性は非常に高いとのことでした。その他、現在訪看ステーションからの訪リハが病院からの訪リハに比べてかなり優遇された制度であるため、その差別が無くなるような改訂になる可能性もあるよう...

  • 未分類

    私がか関わっている訪リハの制度について紹介しようと思います。かなり愚痴も入っていますが、あまり気にせず読んでください。訪リハをこれから立ち上げる人たちの参考になれば幸いです。※注意点!この記事は2008年に作成したものです。訪問リハビリ間接業務の流れまず訪リハをするには毎月1回Drの指示書が必要です。さらに、利用者の当院以外のDrが主治医が主治医の場合、その主治医に毎月1回(訪看からのリハの場合は違う)診療情報提供書というものを書いてもらう必要があります。また、診療情報提供書を主治医に記入してもらうにあたって利用者には毎月1回診察(往診が基本だが外来受診でも可)を受けてもらう必要があります。つ...

  • 未分類

    仕事による疲労に加えて理学療法に対するモチベーションが、ここにきてガクンと下がっています・・。理学療法における、自分ができることに対する、「限界」を感じてしまうのです。友人に聞いてみたり、理学療法の掲示板をのぞいてみると、この「限界」「壁」「スランプ」などというキーワードに1度はぶち当たってしまったという人は多いようです(特に新人を少し過ぎたころ)。今まではそういう話を聞いても、「そんなものかなぁ~」「それは勉強不足では?」「他の視点で考えたらなんとか解決できるのでは?」などと他人事のように思ってきましたが・・・私はこの限界をデイケアでも、訪問リハビリでも、整形外来でも感じてしまってます。整形...

  • 未分類

    最近、仕事に追われて疲れてます・・・そして、理学療法に対するモチベーションも落ちています・・・どうにか、この鬱々とした日々を耐えて抜け出したいのですが・・・仕事が疲れる理由としては、従来のリハビリ業務に加えて、物理療法業務もこなさなくてはならなくなったからです。うちには物療を担当してくれるスタッフが2人いて、それぞれが午前・午後に分かれて勤務してくれています。その内、午前に勤務してくれていたスタッフが豆状骨を骨折してしまい2か月程度休職することになったため、PTが協力して物療業務も対応していこうということになったのですが、目が回りそうなくらいの忙しさとストレスです・・・・以前から物療業務には問...

  • 未分類

    1年目の秋から、土曜の仕事後に3時間程度のバイトを始めた。バイト先は、デイケアで当時非常勤2人が働いていた。2年目の春に新卒のS君が正社員として入ったため終了になった。3年目の春に非常勤が一人辞めて人手が足りなくなったとの連絡を受け、バイトを再開した。1年前から働いているS君は仕事を辞めずに頑張っているようだ。介護予防のフィットネス事業も軌道にのってきたらしく、午後はほとんどデイルームには顔を出さずに、フィットネスで働いている。どんどん医療から介護にPTの職域が拡大しつつある。以前は老健・デイ・訪問に携わるPTが少なかったけれど、今後は増えてくるだろう。医療でのリハが受けられる期間は今後も更に...

  • 未分類

    この連休にAKA学術集会に参加するため名古屋に行ってきた。 で、愛知には同期が住んでいるので、研修の前日に名古屋を案内してもらった。 あつた蓬莱軒のひつまぶしいろんな場所に案内してもらったが、特に『あつた蓬莱軒』のひつまぶしはインパクトのある味で驚いた。 関西焼きにしてしまうとパリパリとした食感は出るもののサッパリとした味になってしまうと思っていたが、予想に反してとてもジューシーだった。 ひつまぶしの食べ方はまずおひつの中身を四等分し、一膳目はそのままうなぎの味を二膳目は薬味を加えて三膳目はお茶づけに四膳目はその中で一番美味しかった食べ方で食べるのが流儀とのこと。予想以上に味が変化したため、ま...

  • 講習会・研修会・勉強会・セミナー

    ドイツ徒手医学を1年間学んだ感想を記載していこうと思います。ドイツ徒手医学を1年間学んでの感想ドイツ徒手医学に関する下記のカリキュラムをこの1年で受講することができました。ベーシックコースベーシック認定試験LBB1-1LBB1-2LBB2-1ベーシックコースは日本にしかないカリキュラムらしく、ドイツ徒手医学のコンセプト、四肢筋の解剖・運動学、凹凸の法則、四肢に関するのメジャーなモビライゼーション、体幹のメジャーな評価方法を学べました。このカリキュラム内容は毎回少しづつ変わっているらしいです(良いものにしていこうという意味で)。ドイツ徒手医学における研修の流れドイツ徒手医学の講習会は2日連続で休...

  • 未分類

    本日、院長より研修会参加の許可がおりました。AKA学術集会・AKA地域技術講習会・マイオセラピー研修会・キネシオテーピング基礎講座の参加費および、ドイツ徒手医学参加のための出張許可を出して下さいまいた。昇給は少ないですが、自身の頑張り(売り上げを含めて1年間で貢献してきたこと)を伝えると、それをきちんと評価してくれる院長には感謝です。また、これらの費用負担や出張許可は、私への期待の表れだとも思うので、これからも患者さん・利用者さん・病院のために頑張って、質の良い理学療法を提供していきたいと思います。