リハビリ/理療法/作業療法

リハビリ(理学療法・作業療法)の素材集

理学療法・作業療法士・リハビリテーションに関する様々な素材を情報発信していきます

最新記事
  • 徒手理学療法 - AKA-博田法

    先日、AKA学術集会のため大阪へ行ってきました。 前回は名古屋で開催されたためI君にお世話になりましたが、元気にしてるのかな?? 今回は約600人くらいが集まったようです。去年AKA地域技術研修会で一緒に勉強したPTさんが僕を見つけて話しかけてくれました。このPTさんはでAKAを医師も含めて取り入れているクリニックで働いている方で、以前の研修会では色々と治療技術に関してアドバイスをしていただきました。色々話をしましたが、PTさんは来年AKA認定療法士テストの受講条件を満たすとのことで同僚たちと勉強に励んでいるとのことです。こういう話を聞くと、自分も頑張らねばと励みになりますねぇ♪今回の学術集会...

  • 未分類

    昨日・今日と勉強会のために大阪へ行ってきました。勉強会前日に大阪へ行き、行きつけの格安ホテルにチェックイン。 夜は大阪名物(今回は串カツとたこ焼き)を堪能してきました。 僕の行きつけのホテルは就職してから何度も利用しているのですが、とても特徴的なので今回は思い出として記しておきます♪ このホテルのおんぼろぶりは凄まじく、トイレ・お風呂は部屋の外にあり共同で使用します。 部屋鍵は錆びているのか慣れるまで要領が分からず施錠に時間がかかります。 外人(東洋人や黒人)は狭い廊下を徘徊しています。 静まり返った廊下で彼らとすれ違った際はカツアゲされないか不安で仕方がありません。 唯一、一か所に存在するエ...

  • 未分類

    今回は、私の大好きな「B級グルメ」について語った記事になります。B級グルメの魅力とは?!昔から麺物・丼物・粉物とかのB級グルメが大好きで、よく食べ歩きをしました。働きだしてからは割烹料理だの高級鉄板焼き店だのA級??グルメも食べることが増えてきて、B級グルメから遠ざかっていた時期がありました。ですが最近、B級グルメへの想いが再燃し始めています。B級グルメの魅力は何といっても「安くて、お手軽に食べれる」ところでしょう♪確かに、A級??グルメは素材が良いだけにB級グルメでは決して味わえない感動もあります。高級ステーキを食べて腰が抜けそうになったのを覚えています。もう大好きだったペッパーランチに行く...

  • 未分類

    昔から麺物・丼物・粉物とかのB級グルメが大好きで、よく食べ歩きをしました。働きだしてからは割烹料理だの高級鉄板焼き店だのA級??グルメも食べることが増えてきて、B級グルメから遠ざかっていた時期がありました。しかし最近、B級グルメへの想いが再燃し始めています。B級グルメの魅力は何といっても「安くて、お手軽に食べれる」ところでしょう♪確かに、A級??グルメは素材が良いだけにB級グルメでは決して味わえない感動もあります。高級ステーキを食べて腰が抜けそうになったのを覚えています。もう大好きだったペッパーランチに行くことは無いでしょう・・ですが、逆にA級??グルメを食べにいってマズかったことも多々ありま...

  • 未分類

    昨日・今日と地域のお祭りがありました。 ローカルテレビのニュースになるくらい、割と有名なお祭りなのです。あいにく曇りor小雨と悪天候でしたが、まずまず盛り上がったみたいです。 僕も昨日のバイト帰りに少し寄って、少しだけブラブラしてみました(かなり職場とも近いので)♪ 昨年も行ったのですが、その時はカイロプラクターが無料で歪みチェックしていたり、他院のリハスタッフが簡単な健康チェックなんかをしてて、僕自身も歪みを診てもらったりして楽しかったのですが・・・ 今回は特にそういうものもないようで、普通に地域特産物なんかが売られてたり、普通に屋台で食べ歩きができる程度のものでした。 中村あゆみさんという...

  • 未分類

    2009年になりました。早いもので一人暮らしを始めてもうすぐ3年が経とうとしています。振り返ると、ついこの間学校を卒業したばかりのように感じます。だれかが「働きだしたら年をとるのはあっという間だよ」と言っていましたがまさしくその通り!!あっという間過ぎて、この3年間自分はどんなことをしてきたのかを問われるとパッと思い浮かびません。そこでこのブログを読んでみると「意外に頑張ってるなぁ」とか「当時こんなこと思ってたんだなぁ」とか自分の人生を振り返ることができてとても楽しくなってきます。ですがブログの内容が仕事や勉強会のことに重点が置かれていてプライベートで自分が今まで何をしてきたのか余り分かりませ...

  • 未分類

    先日、訪リハの研修会に行ってきました。その中で、来年の訪問リハビリステーション創設はほぼ不可能といった話を聞かされました。・・・訪リハステーション創設に関して、医師会・看護師協会から猛反発を受けたとのことです。どんな理由で反対されたかは忘れてしまったのですが、訪リハステーションすら創設できないのであればPTの開業権なんて獲得できるわけないなぁと落胆してしまうのは私だけでしょうか・・?また、訪リハに単位制が導入される可能性は非常に高いとのことでした。その他、現在訪看ステーションからの訪リハが病院からの訪リハに比べてかなり優遇された制度であるため、その差別が無くなるような改訂になる可能性もあるよう...

  • 未分類

    私がか関わっている訪リハの制度について紹介しようと思います。かなり愚痴も入っていますが、あまり気にせず読んでください。訪リハをこれから立ち上げる人たちの参考になれば幸いです。※注意点!この記事は2008年に作成したものです。訪問リハビリ間接業務の流れまず訪リハをするには毎月1回Drの指示書が必要です。さらに、利用者の当院以外のDrが主治医が主治医の場合、その主治医に毎月1回(訪看からのリハの場合は違う)診療情報提供書というものを書いてもらう必要があります。また、診療情報提供書を主治医に記入してもらうにあたって利用者には毎月1回診察(往診が基本だが外来受診でも可)を受けてもらう必要があります。つ...

  • 未分類

    仕事による疲労に加えて理学療法に対するモチベーションが、ここにきてガクンと下がっています・・。理学療法における、自分ができることに対する、「限界」を感じてしまうのです。友人に聞いてみたり、理学療法の掲示板をのぞいてみると、この「限界」「壁」「スランプ」などというキーワードに1度はぶち当たってしまったという人は多いようです(特に新人を少し過ぎたころ)。今まではそういう話を聞いても、「そんなものかなぁ~」「それは勉強不足では?」「他の視点で考えたらなんとか解決できるのでは?」などと他人事のように思ってきましたが・・・私はこの限界をデイケアでも、訪問リハビリでも、整形外来でも感じてしまってます。整形...

  • 未分類

    最近、仕事に追われて疲れてます・・・そして、理学療法に対するモチベーションも落ちています・・・どうにか、この鬱々とした日々を耐えて抜け出したいのですが・・・仕事が疲れる理由としては、従来のリハビリ業務に加えて、物理療法業務もこなさなくてはならなくなったからです。うちには物療を担当してくれるスタッフが2人いて、それぞれが午前・午後に分かれて勤務してくれています。その内、午前に勤務してくれていたスタッフが豆状骨を骨折してしまい2か月程度休職することになったため、PTが協力して物療業務も対応していこうということになったのですが、目が回りそうなくらいの忙しさとストレスです・・・・以前から物療業務には問...

  • 未分類

    1年目の秋から、土曜の仕事後に3時間程度のバイトを始めた。バイト先は、デイケアで当時非常勤2人が働いていた。2年目の春に新卒のS君が正社員として入ったため終了になった。3年目の春に非常勤が一人辞めて人手が足りなくなったとの連絡を受け、バイトを再開した。1年前から働いているS君は仕事を辞めずに頑張っているようだ。介護予防のフィットネス事業も軌道にのってきたらしく、午後はほとんどデイルームには顔を出さずに、フィットネスで働いている。どんどん医療から介護にPTの職域が拡大しつつある。以前は老健・デイ・訪問に携わるPTが少なかったけれど、今後は増えてくるだろう。医療でのリハが受けられる期間は今後も更に...

  • 未分類

    この連休にAKA学術集会に参加するため名古屋に行ってきた。 で、愛知には同期が住んでいるので、研修の前日に名古屋を案内してもらった。 あつた蓬莱軒のひつまぶしいろんな場所に案内してもらったが、特に『あつた蓬莱軒』のひつまぶしはインパクトのある味で驚いた。 関西焼きにしてしまうとパリパリとした食感は出るもののサッパリとした味になってしまうと思っていたが、予想に反してとてもジューシーだった。 ひつまぶしの食べ方はまずおひつの中身を四等分し、一膳目はそのままうなぎの味を二膳目は薬味を加えて三膳目はお茶づけに四膳目はその中で一番美味しかった食べ方で食べるのが流儀とのこと。予想以上に味が変化したため、ま...

  • 講習会・研修会・勉強会・セミナー

    ドイツ徒手医学を1年間学んだ感想を記載していこうと思います。ドイツ徒手医学を1年間学んでの感想ドイツ徒手医学に関する下記のカリキュラムをこの1年で受講することができました。ベーシックコースベーシック認定試験LBB1-1LBB1-2LBB2-1ベーシックコースは日本にしかないカリキュラムらしく、ドイツ徒手医学のコンセプト、四肢筋の解剖・運動学、凹凸の法則、四肢に関するのメジャーなモビライゼーション、体幹のメジャーな評価方法を学べました。このカリキュラム内容は毎回少しづつ変わっているらしいです(良いものにしていこうという意味で)。ドイツ徒手医学における研修の流れドイツ徒手医学の講習会は2日連続で休...

  • 未分類

    本日、院長より研修会参加の許可がおりました。AKA学術集会・AKA地域技術講習会・マイオセラピー研修会・キネシオテーピング基礎講座の参加費および、ドイツ徒手医学参加のための出張許可を出して下さいまいた。昇給は少ないですが、自身の頑張り(売り上げを含めて1年間で貢献してきたこと)を伝えると、それをきちんと評価してくれる院長には感謝です。また、これらの費用負担や出張許可は、私への期待の表れだとも思うので、これからも患者さん・利用者さん・病院のために頑張って、質の良い理学療法を提供していきたいと思います。

  • 未分類

    誰か「1年の中でどの季節が一番好きですか?」私「秋ですかね。気温が丁度良くて過ごしやすいですし。」誰か「だったら春も同じじゃないですか?」私「確かに。でも春は出会いと別れの季節って言いますよね?春の暖かさ、香りを感じるたびに何故だか切なくなっちゃうから嫌なんです。」これは日常で私がよく患者さんとする会話。そして春がやってきた。今日は夕方まで部屋でボーっと過ごした。夕方になって起きて玄関に出てみたら、もう辺りは薄暗くなっていた。駐車場で腰を降ろすと、春独特の良い香りが漂ってきて意味も無く切なくなった。1週間前からアパート近辺に棲みついたノラ犬が田んぼから寄ってきた。追い払おうとしても頭を押し付け...

  • エビデンスへの私見

    先日学会に参加して、「海外エビデンスの落とし穴」について考える機会があったので、皆でシェアしようと思います。海外エビデンスの落とし穴海外の文献を読む際は、その文献の「行間」を読めないということが落とし穴になる↓エビデンスの非常に高い海外文献の中に片麻痺の上肢治療に関するものがある。内容は非常にトレーニングされたボバースセラピストが介入してもリハビリ助手が介入しても患者への治療効果は変わらないというものである。↓しかし、こんなことはあり得るわけがない。こんなことがあり得るならPTとして勉強していくのが馬鹿みたいではないか?↓ここに海外文献を読む際の落とし穴があるのではと考える。↓この海外文献を書...

  • 未分類

    1月から月二回のペースでオステオパシーの勉強会に通っています。オステオパシーとはアメリカの内科医が開発した徒手療法で、カイロを開発したパーマーさんもオステオパシーを元にして考えたと言われてます。日本でオステをしている一部の人は「カイロはバキバキと関節を鳴らしたりして危険・その点オステはソフトな手技だから安全・カイロはオステの一部を真似て始めたもの」などと言っていました。一方で、「カイロにもソフトな手技が増えてきているし、一定の教育を受けている人が使えばスラストも安全。カイロがどんどんオステに似通ってきている分、カイロ・オステどちらが優れているというよりも治療者がきちんと評価でき、手技を使いこな...

  • 未分類

    3月からの訪問リハビリ依頼が2月中旬くらいから殺到して非常に忙しい日々が続いています・・・・。昨年は4月からの新利用者が多かったのですが、今年は1ヵ月早かったみたいです。時間の都合が合わない方は断らざるを得ませんでしたが、結局週に4件(10回)増えました。非常勤の先生が不在でデイケアリハのために院内に居ることを除いて、朝から夕方まで訪問へ出っぱなしなため、他職種との連絡調整や膨大な間接業務を全て残業でしなければならない状況です・・・。自分で立ち上げた事業がここまで成功してくれたのは嬉しいことですが、少なくとも1~2か月は入院・外来患者さんをみることが出来ないと思うと残念です・・・・。うちへの依...

  • 未分類

    昨夜、専門学校時代の友人二人が夜遊びに来てアパートに泊まってくれました。二人とも地元から離れた場所で一人暮らしをしていて、地元へ戻って遊んだ帰りに寄ってくれたみたいです。二人は同期のPTが働いている病院を見学してまわったと言っていました。一日で8件位まわったと言っていました。事前に連絡せずに行ったみたいで、皆驚いていたそうです。しかし、急に来られたら気が散って仕事に支障をきたしてしまうし、いい迷惑だと感じるのは私だけでしょうか?(汗)夕食を一緒に食べて、朝早くに帰って行きました。短い時間でしたが、とても長い時間遊んだように感じます。やはり昔ながらの友人とは良いものです。沢山の元気と「自分も頑張...

  • 未分類

    訪問リハビリで利用者が使える自助具を作成することがあります。今回は、片麻痺の方でも片手で野菜の皮をむいたり、包丁で切ったりできるまな板を紹介しようと思います。写真は、実際に利用者さん宅でのリハビリ中に録らしてもらいました。このまな板は最近NHKのリハビリ番組でも出てきたものです。準備する材料は①木のまな板(厚さ2㎝以上、できるだけ重いもの)②釘(長さ3.5㎝以上、ステンレスなど錆びにくい素材のもの)×3③接着剤・キリ・ペンチ・ヤスリ・カナヅチです。ちなみに自助具の材料費(この場合まな板と釘)は「利用者に気に入っていただけたなら」、自助具と交換にいただくことにしています。気に入らなければ自腹です...