リハビリ/理療法/作業療法

リハビリ(理学療法・作業療法)の素材集

理学療法・作業療法士・リハビリテーションに関する様々な素材を情報発信していきます

最新記事
  • 未分類

    昨夜、専門学校時代の友人二人が夜遊びに来てアパートに泊まってくれました。二人とも地元から離れた場所で一人暮らしをしていて、地元へ戻って遊んだ帰りに寄ってくれたみたいです。二人は同期のPTが働いている病院を見学してまわったと言っていました。一日で8件位まわったと言っていました。事前に連絡せずに行ったみたいで、皆驚いていたそうです。しかし、急に来られたら気が散って仕事に支障をきたしてしまうし、いい迷惑だと感じるのは私だけでしょうか?(汗)夕食を一緒に食べて、朝早くに帰って行きました。短い時間でしたが、とても長い時間遊んだように感じます。やはり昔ながらの友人とは良いものです。沢山の元気と「自分も頑張...

  • 未分類

    訪問リハビリで利用者が使える自助具を作成することがあります。今回は、片麻痺の方でも片手で野菜の皮をむいたり、包丁で切ったりできるまな板を紹介しようと思います。写真は、実際に利用者さん宅でのリハビリ中に録らしてもらいました。このまな板は最近NHKのリハビリ番組でも出てきたものです。準備する材料は①木のまな板(厚さ2㎝以上、できるだけ重いもの)②釘(長さ3.5㎝以上、ステンレスなど錆びにくい素材のもの)×3③接着剤・キリ・ペンチ・ヤスリ・カナヅチです。ちなみに自助具の材料費(この場合まな板と釘)は「利用者に気に入っていただけたなら」、自助具と交換にいただくことにしています。気に入らなければ自腹です...

  • 未分類

    2回目の実習地は地元から遠く離れた場所でした。初めての一人暮らしを体験することとなり、それも新鮮でした。ここでの一人暮らしの体験が、後に実家から離れた場所で暮らしてみようと思うきっかけとなりました。2度目の実習先のトップの先生は臨床経験30年以上の大ベテランで、いつも口癖のように「回復期の段階で改善が見られても、自然回復の可能性があるから治療効果を立証できない。本当に自分の治療を立証しようと思うなら維持期で関わるべき」とおっしゃっていました。その先生がいる時は1回目の実習地のような和気あいあいとした雰囲気はなくいつもピリピリしていて先生がギャグを言ったら面白くなくても笑わなければならないのが辛...

  • 未分類

    1回目の長期実習は近所の病院に行きました。この病院は県内で一番PT数が多い回復期の病院です。実習中は受け持ちの患者さんのリハビリをする以外は先生方のリハビリを見学させてもらいました。何十人もの先生が各々個性的な考えで治療をされており、それらに触れることができました。「リハビリにはどのアプローチが正しいといったことはない。そのため、自分がリハビリを提供する時は常にもっと最善のアプローチがないかを自問自答する必要がある。」ということを学べたと思います。また、リハビリ対象患者さんの人数も多く、見学→動作分析の報告→フィードバックの繰り返しで動作分析能力が非常に身についたと思います。また、この病院は老...

  • 未分類

    今回は、何で今の病院を選んだかを書いてみようと思います。現在働いている病院はでは整形急性期の患者さんに関わることもありますが後の5割はデイケア・訪問リハビリといった維持期の方々と関わっています。デイケア・訪問リハビリに関しては先輩は関与しないため一人職場といっても良いと思います。就職するにあたって同期の大多数のPTが多い病院や回復期の病院へ決めていました。一人職場に近い人も、訪問リハビリを立ち上げた人も周りにはいません。しかし、大きな病院であればある程自分の自由(仕事の展開・勉強面・自分の時間・一つの概念にとらわれない自由なリハビリ等)がきかない場合が多いことや維持期リハビリの魅力などを学生時...

  • 未分類

    今回は、私の所属している病院について記事にしていきたいと思います。一回目はどんな仕事をしているか書こうと思います。私の勤めている病院のPTは、私を含めて常勤2名のこじんまりした病院です。先輩はPT歴10年以上で、私より数か月前に入社していました。役割分担としては先輩が病棟・外来リハ専任で、私はデイケア・訪問リハビリに関わりつつ、勉強になりそうな病棟・外来患者さんを時間の許す範囲で受け持たせてもらっています。私はもっと病棟・外来リハに関わりたかったのですが、入社して3か月目で病院にも慣れ始めたころ半強制的に院長から訪問リハビリを立ち上げろとの命令が下ったため仕方なく訪問リハビリに関わることとなり...

  • 徒手理学療法 - 関節モビライゼーション

    ドイツ徒手医学ホームページのQ&Aでマニュアルセラピーの持続効果などについた書かれてありました。質問:1回の手技で、どれくらいの効果があるのか?(持続)回答:モビライゼーションで新しく可動域を獲得しても、関節包内のメカノレセプターの反応が低下している為、また数日で元に戻ろうとする生力学的な反応が出現します。また、侵害受容器の域値が低下している為、わずかな刺激で痛みを誘発してしまいます。マニュアルセラピーでは、拮抗筋を収縮させ運動学習させる事により、レセプターを刺激させ、またセルフトレーニングで指導する事により効果の持続を図ろうという考え、侵害受容器の域値を上げ、許容範囲を広げていく考え方があり...

  • 徒手理学療法 - 関節モビライゼーション

    一言でマニュアルセラピーといっても色々ありますが、ホームページによるとドイツ徒手医学(マニュアル・メディスン)はその中で一番歴史が古くマニュアルセラピーの源らしいです。本当かどうかは知りません。ドイツではPT以外に整形外科医もこの徒手医学を学んでいるそいうです(ドイツ連邦医師会によると約1万名の医師も徒手医学を行っており、特に整形外科医に限ってみると7000名中3000名が認定セラピストの資格を取得しているそうです)ちなみに、AKA-Hでは理学療法・作業療法士会の他に医学会というのもあり、今現在PT・OT会員が1000人以上いるのに対し、Dr会員が400人程度だそうです。ドイツではこの資格を持...

  • 未分類

    今日院長に2年目に頑張ってきたこと、3年目に頑張りたいことを話しました。その後、3年目に参加したい研修会について説明して出張許可及び参加費の若干の負担をお願いしました。院長は「考えておく」と言ってくださいました。1~2年目に院内でしてきたことには自信があるので良い返事がもらえるのではないかと思うのですが、がっかりしたくないので期待しないでおきましょう・・・うちの病院は、出張扱いであろうとなかろうと有給から休みを引かれます。何が違うかというと毎月もらえる「皆勤手当」がなぜか出張扱いではつくところです。私はこの2年間研修参加で休む以外は無遅刻無欠席で3年目もこれを貫こうと考えているため有給が減るの...

  • 未分類

    先日友人に新人教育プログラムの講習に参加しているのかと聞かれました。その友人は2度目の学会発表をするため頑張っているようです。新人教育プログラムを少しでも早く終えることも目標にもしているみたいでした。私は1年目は可能な限り参加していたのですが、2年目は1度も参加しませんでした。参加しない理由を友人に聞かれたので「1年目に参加してみたものの退屈な内容で臨床でも役に立つ情報が無かったから」と答えました。すると友人は「内容が役立つかどうかを考えていく人なんていないよ」と言っていました。新人PTはどうして新人教育プログラムに参加するのでしょうか?仮に友人の言うように皆が「役に立たない」と思っているのな...

  • 徒手理学療法 - AKA-博田法

    この記事は、AKA-博田法の治療技術を簡単に紹介する。※この記事は2008年に別ブログに記載していた内容である。AKA-博田法における治療技術の種類AKA-博田法の治療技術は以下に分類される。①関節副運動技術②他動構成運動技術③抵抗構成運動技術ちなみに博田節夫医師が開発した技術はAKA-博田法の他に『ANT(articularneurologicaltherapy)』があるが、ここではAKA-博田法の種類だけ記載する。①関節副運動技術関節副運動技術の目的・対象疾患は以下の通り。目的:関節包内運動異常の治療・関節包靭帯の伸長対象疾患:有痛性疾患、外傷後の痛み、各種疾患に合併症する痛み、関節拘縮②...

  • 徒手理学療法 - AKA-博田法

    認定療法士の受験をするには以下の条件を満たす必要があります。①日本AKA医学会理学・作業療法士会に入会後5年以上経過していること。②日本AKA医学会理学・作業療法士会学術集会に4回以上参加していること(医学会主催の学術集会でも良い)。③日本AKA医学会理学・作業療法士会が主催する技術研修会(AKA基礎コース、フォローアップコース、地域技術研修コース等)の単位を20単位以上修得していること。試験は年に一度施行されます。試験は実技試験・筆記試験があり、両方に合格する必要があります。筆記試験は100点満点中70点以上で合格。実技試験も100点満点中70点以上で合格。どちらか一方のみ合格した場合でも、...

  • 未分類

    両方とも基礎コースという約10日間のセミナーが年に一度開催されるため、どちらに参加しようかと迷った結果AKAを受講することに決めました。AKAに決めた理由としては以下の理由からです。①掲示板でAKA・SJFを受講した方々の話を聞く限りではAKAのほうが実技を細かく教えてくれそうだったから(一部の偏った情報だけで何の根拠もありません・・・)②SJFと異なり、AKAは理学・作業療法士会だけでなく医学会も存在しドクターへの認知されている(まだまだ知名度は低いですが)ため、うちの院長に出張扱いしてもらうためのプレゼンがし易い(あと習得できたら治療技術をもっていることをDrにアピールしやすい)→結果、参...

  • 未分類

    あけましておめでとうございます(ってもう遅いですね)。就職してもうすぐ2年が経とうとしています。1年目は医療・介護保険でリハビリに関する診療報酬が大きく変わったたこともあって制度を覚えることや、業務に慣れること、訪問リハビリの立ち上げに追われていっぱいいっぱいの年でした。2年目は立ち上げた訪問リハビリが軌道に乗り、心に余裕ができたこともあって多くの勉強会に参加してリハビリに関する色々な考え方に触れることができてとても有意義な1年となりました。3年目は2年目に触れた様々な知識技術をさらに深めていけるような年にしていきたいと思います。ブログに関しては、6月に受講したパリス講習会以降全く更新せず三日...

  • 徒手理学療法 - その他の徒手療法関連

    この記事では、脊柱のカップリングモーション(組み合わせ運動)について、「胸・腰椎」と「中部頸椎」に分けて記載していく。胸・腰椎のカップリングモーション胸・腰椎の「非機能的側屈」では回旋を反対方向へ起こすとされている。具体的な例として『胸・腰椎左椎間関節が制限されるとき』には以下の制限が起こる。・前屈→左へ変位・右側屈→制限・右回旋→制限なし・左側屈→制限なし・左回旋→制限中部頸椎のカップリングモーション中部頚椎の「非機能的側屈」では回旋を同側へ起こすとされている。具体的な例として、)中部頚椎左椎間関節が制限されるとき以下の制限が起こる。・前屈左へ軽度変位・右側屈→制限・右回旋→制限・左側屈→比...

  • 徒手理学療法 - その他の徒手療法関連

    マニュアルセラピーでは対象者脊柱のどこに制限があるかを自動運動にて考あたりをつける際、複合運動を考慮するとのこと。しかし、この複合運動は研究者によて意見が異なっているとのこと。腰椎側屈時の回旋組み合わせ運動(カップリングモーション)近年、複合運動について報告されている多くの文献がまとめられ、レビューとして紹介されている。その論文では腰椎側屈時の複合運動について研究している21論文についてまとめられており、そのうち7論文はレベルにより複合運動が変化することを報告している。2論文は、複合運動が存在しない、4論文は複合運動について定まりがない、6論文は反対側への回旋を伴い、2論文同側への回旋を伴うこ...