タグ:腰痛治療の記事一覧

リハビリ(理学療法・作業療法)の素材集

理学療法・作業療法士・リハビリテーションに関する様々な素材を情報発信していきます

タグ:腰痛治療

  • 疾患 - 運動器疾患

    この記事では、急性腰椎捻挫(ぎっくり腰)の概要と、その対処法に関して、リハビリ(理学療法)も含めて解説していく。急性腰椎捻挫(ぎっくり腰)と急性腰痛症急性腰痛症はどの年齢にも見られ、文字通り「急に発症した腰痛」を指し、「ぎっくり腰」と一般的に呼ばれることも多い。そして、この「ぎっくり腰」という用語は俗語であり、学術用語ではないと言われている。ぎっくり腰は、脊椎脊髄用語辞典の検索にはなく、その中の急性腰痛(acutelowbackpain)の説明文の中に、「急激に発症した腰痛の総称で、原因は様々なある。いわゆる“ぎっくり腰”と呼ばれるもので、椎間関節、仙腸関節の捻挫あるいは腰背筋や脊柱靭帯の断裂...

  • 疾患 - 運動器疾患

    この記事では「仙腸関節障害によって起こる痛み(関連痛含む)」の治療に関して、リハビリ(理学療法・作業療法)も合わせて記載していく。※仙腸関節障害のリハビリ(理学療法)としては、どちらかというとスタンダードな考えを基準に記載している(関節モビライゼーションについても、簡易版ではあるが掲載している)。※仙腸関節障害は、関連痛として腰部や下腿にも症状が派生することもあるため、興味が出たら本格的なモビライゼーションも勉強してみてほしい。スポンサーリンク仙腸関節障害の特徴仙腸関節は腸骨と仙骨をつなぐ滑膜関節であり、その関節包には侵害受容器が存在し、疼痛の発生源となる。しかし、仙腸関節の可動域は小さく、画...

  • 疾患 - 運動器疾患

    この記事では、脊柱管狭窄症についての概要とリハビリ(理学療法)について記載してく。※脊柱管狭窄症は、脊柱の中でも腰部に生じやすいとされ、以降の記事は「腰部の脊柱管狭窄症」についての記載となる。脊柱管狭窄症とは脊柱の構成体である椎骨・椎間板・椎間関節・その他の軟部組織は加齢により以下のような影響を必ず受ける。椎骨の棘骨形成変形性の椎間関節椎間板腔の狭小化(神経組織と隣接する)黄色靭帯の肥厚上記を含めた様々な要因による関節の過少運動性・不安定性・・・・・・・・・・・・・・・・・・などなど脊柱の中には『脊柱管』と呼ばれる空間があり、その中には脊髄が入っている。また、腰椎部の脊柱管では脊髄から移行した...

  • 運動療法の基礎

    この記事では、様々な腰痛体操のうち「腰部安定化運動」を記載していく。腰部安定化運動とは腰部安定化運動とは、体幹のインナーマッスルをを賦活・同時収縮させながらの運動となる。腰部安定化運動で目的となる筋群(インナーマッスル)は以下などが挙げられる。多裂筋腹横筋骨盤底筋群横隔膜・・・・・・・・・・・・・・など。そして最終的には、上記インナーマッスル(更にはアルターマッスルも含めて)全体的に強化していく。スポンサーリンク腰部安定化運動の効果判定腰椎安定化運動は即自的な患者の主観的変化を目的としていない場合も多い。なので、即自的効果の判定には「患者の主観」というより「理学療法士の(動作分析などの)評価」...

  • 徒手理学療法 - マッケンジー法(体操)

    この記事では、様々な腰痛体操のうち、「マッケンジー体操(McKenziexercise)」を記載していく。※頸部・四肢にも対するマッケンジー体操も存在するが、腰部のマッケンジー体操が認知度が高い。※この記事でも、腰痛体操として「腰部のマッケンジー体操」について記載していく。スポンサーリンクマッケンジー体操(McKenziexercise)とはマッケンジー体操とは、「腰部に対して屈曲・伸展刺激を加えるシンプルな体操」を指すようである。ただし、「腰椎への伸展刺激を用いた体操」としてマッケンジー体操が紹介されている場合もあれば「屈曲・伸展刺激を用いた体操」として紹介されている場合もある。※マッケンジ...

  • 運動療法の基礎

    この記事では、様々な腰痛体操のうち、『ウィリアムズ(ウィリアムス)の腰痛体操(Williamsexercise)』について記載していく。ウィリアムズ体操とはWilliams(ウィリアムズ)の腰痛体操(posturalexercises)は1937年に報告された古典的な体操となる。また、ウィリアムズ体操は(一般的に)複数のパッケージ化されてた運動を指し、クライアントの症状に合わせた個別の運動を選択するわけではない。スポンサーリンクWilliams体操の目的Wiliams体操のポイントは以下となる。骨盤後傾運動腹筋筋力増強運動背筋・腸腰筋・ハムストリングスのストレッチング(骨盤後傾方向への)セルフ...

  • 疾患 - 運動器疾患

    この記事では、腰椎椎間板ヘルニアの概要とリハビリ(理学療法)について記載していく。 腰椎椎間板ヘルニアとは椎間板は椎体と椎体の間に存在し、脊椎にかかる衝撃を和らげるクッションの役割を果たしており、以下の2つで構成されている。髄核(中央に位置する柔らかいゼリー状の組織)線維輪(線維性の硬い外層)そんな椎間板の『線維輪』に(何らかの理由で)亀裂が生じ、中の『髄核』が飛び出すと、突出部周辺の組織(脊髄や神経根を含む)を圧迫することがある。そして、この様な「線維輪から髄核が飛び出すこと」を『椎間板ヘルニア』と呼ぶ。スポンサーリンク椎間板ヘルニアの分類椎間板ヘルニアの分類は以下の通り。椎間板膨隆(pro...

  • まとめ一覧シリーズ

    この記事では、非特異的腰痛に対する複数の腰痛体操のまとめている。腰痛体操の一部に関しては、、リンク先でも詳細を解説しているので、興味が出た方は合わせて参考にしてみてほしい。スポンサーリンク色んな腰痛体操腰痛体操は年代順に以下の様に多くのものが発表されている。・Williamsの腰痛体操(1937年)・Kellyらの腰痛体操(1955年)・Pheasantの腰痛体操(1962年)・Kendall&Jenkinsの腰痛体操(1968年)・Caillietの腰痛体操(1968年)・Mckenzieの腰痛体操(1979)この中で、私が辛うじて(知識レベルとして)知っているのは、以下の3つになる。・Wi...

  • 運動処方・リスク管理に必要な知識

    この記事では理学・作業療法士のリスク管理の一つとして知っておくべき「レッドフラッグ」について記載していく。レッドフラッグとはレッドフラッグとは、以下の様に定義されている。『脊柱原性の疼痛が悪性の病変(癌・感染症・馬尾神経障害など)に由来している可能性があることを示す臨床所見または兆候』例えば、クライアントが癌のような重大な問題を抱えているかどうかを判断しようとした際、身体検査で得られた身体的兆候のうち解剖学的・病理学的観点から妥当性・信頼性のある診断を可能にする特別な兆候は無いため、身体検査はあまり有効では無いとする文献がある。では、このレッドフラッグを判断するために重要なツールは何かというと...

  • 運動処方・リスク管理に必要な知識

    この記事では、痛みにおける心理社会的要素の指標でもある以下の3つ(+レッドフラッグ)について記載していく。・イエローフラッグ・ブルーフラッグ・ブラックフラッグレッド・イエロー・ブルー・ブラックの各フラッグについてレッドフラッグ・イエローフラッグ・ブルーフラッグ・ブラックフラッグに関して、『MainとdeWilliams(2002)、Waddell(1998)による臨床フラッグ』では以下のように解説している。レッドフラッグとはレッドフラッグとは「生物医学的徴候」を意味し、以下が該当する。深刻な臓器疾患緊急で神経系にとって「生存危険性のある」圧迫※レッドフラッグについてさらに詳しくは⇒『レッドフラ...