タグ:バランスの記事一覧

リハビリ(理学療法・作業療法)の素材集

理学療法・作業療法士・リハビリテーションに関する様々な素材を情報発信していきます

タグ:バランス
  • 高齢者 - バランス・転倒予防

    この記事では、高齢者の転倒予防に重要な『バランス能力』に関して、バランスの概要やトレーニングについて分かりやすく解説している。 また、心身機能だけでなく、環境整備まで含めて包括的な解説をしているので、高齢者のリハビリ(理学療法・作業療法)に従事している人は、是非一度チェックしてみて欲しい。

  • 運動療法の基礎

    この記事では、リハビリ(理学療法)として認知度の高いタオルギャザーについて、方法・目的(効果)・筋活動など詳しく解説していく。タオルギャザーの方法タオルギャザーの方法は以下の通り。対象者は端坐位(椅子や台、車椅子に浅く座る)。↓床に広げたタオルの端に足部(片足or両足)を乗せる。↓踵を支点にして、床に広げたタオルを足指全体でたぐり寄せる(タオルギャザー)※踵を床から浮かさない。上記の一連動作を繰り返すことでタオルをたぐり寄せる。※上手にたぐり寄せることができない場合も、20回程度(あるいは、足部に適度な疲労感が起こる程度)実施するという考えもある。※上手にたぐり寄せることができる場合は、セット...

  • まとめ一覧シリーズ

    この記事は、高齢者の転倒予防に重要な『バランス評価テスト』をまとめた記事である。バランス評価テストに関しては、基準値(カットオフ値)まで記載してあるが、大雑把な基準値のみ知りたい方は、この記事の最後に一覧を掲載しているので、それを観覧して頂きたいと思う。また、記事の中盤には転倒予防・バランス改善のリハビリ(理学療法・作業療法)ヒントとなりそうなものもリンクしている。記事の後半では転倒してしまう因子を「外的因子」と「内的因子」に分けて記載しているので、ぜひ自分の中で整理してみてほしい。特に「外的因子」に関しては、ザックリと理解しておくことが訪問リハビリでは必須となる。スポンサーリンクなぜバランス...

  • 高齢者 - バランス・転倒予防

    この記事では、高齢者のバランストレーニングとしても重要なDYJOC(dynamicjointcontroltraining)について記載していく。※この記事では、『DYCOCtraning』を『DYCOJ』と略して記載。DYJOC(動的関節制動訓練)とは『DYJOC(dynamicjointcontroltraining)』とは、日本語で『動的関節制御訓練』と訳されたり、そのまま『ダイナミックジョイントコントロールトレーニング』と表現されたりする。DYJOCは主に下肢の障害に対して実施されるアクティブなトレーニングだが、リハビリ(理学療法)として実施する筋力トレーニングとは異なった考えを持って...

  • 高齢者 - バランス・転倒予防

    バランスリーチレッグの動画を発見したので紹介してみる。バランスリーチレッグとはバランスリーチレッグとは、片脚立位が可能な人に対して、更なるバランス能力向上を目的としたトレーニングとなる。方法は以下の通り。STARと呼ばれる45°間隔で引いた8本のライン上を作る。STARの中央で患側(鍛えたい方の下肢)で片脚立位となる。片脚立位を保持しながら健側のつま先で8方向にリーチして床へ軽くタッチする。バランスリーチレッグを実施する際のポイントは以下となる。ゆっくり行う膝がグラつかないように可能な限り遠位まで下肢をリーチするバランスクッション上で実施すると、更に難易度が高くなる。DABADA(ダバダ)バラ...

  • 運動療法の基礎

    前回「バランスボール」と題して、リハビリ(理学・作業療法)にも応用されるバランスボール(スイスボールとも呼ばれる)について記事を作成した。そこでもバランスボールの活用方法の一部を掲載したが、この記事では「番外編」として、もう少し難易度が高め(どちらかというと健常者やアスリート向け)なトレーニング方法の動画を集めて掲載してみる。病院で働く理学・作業療法士にとっては、直接活用できるアイデアではないかもしれないが、これらトレーニングの意図を理解することで、様々に応用可能だと思われる。スポンサーリンクPlankOverBallまず、難易度の順として、以下のトレーニングが可能なレベルであることが前提とな...

  • おススメしたい! - リハビリ関連グッズ

    この記事ではバランスボードについて、効果やトレーニング方法などを紹介していく。バランスボードによるトレーニング(立位)は難易度が高いため、特に若年者やアスリートに重宝するツールと言える。一方で、補足として動画で紹介するバランスディスク(バランスクッション)は、(バランスボードよりかは)難易度が低いため、病院・施設でのリハビリ(理学療法)レベルでのバランストレーニングに活用できるツールと言える。この記事の動画を観覧して、バランスボードやバランスディスク(バランスクッション)がどの様なものかを何となくでも理解してもらいたい。バランスボードのトレーニング方法+効果まずは、バランスボードのトレーニング...

  • 高齢者 - バランス・転倒予防

    この記事では、リハビリ(理学療法・作業療法)に重要な知識である「バランス能力(姿勢保持能力)」について記載していく。バランス能力とは?バランス能力の解釈は様々あるが、今回は以下の3つにバランス能力を分類して記載ていく(この分類は、一つの解釈に過ぎないことに注意して観覧して頂きたい)・静的姿勢保持能力(⇒静的姿勢性制御が関与)・外乱負荷応答能力(⇒反応的姿勢制御が関与)・随意運動能力(⇒予測的姿勢制御や適応的姿勢制御が関与)※姿勢制御とは「姿勢を安定した状態に保持する働き」を指す。スポンサーリンク静的姿勢保持能力とは静的姿勢保持能力とは「身体を静的に安定した状態に保持しておく能力」を指す。そして...

  • 運動療法の基礎

    この記事では、リハビリ(理学療法)として運動療法を展開していくためのヒントとなり得る「動作の発達段階から考える治療訓練の4レベル」を紹介する。動作の発達段階から考える治療訓練の4レベルこの考えは、運動における発達的側面を「重心の位置」と「重心移動」という力学的現象で捉えて、治療・訓練を進めていく考えとなる。レベル1が一番難易度が低く、レベル4が一番難易度が高いという事になり、「クライアントが達成可能な難易度がどのレベルか」を評価するのに役立つし、段階的なリハビリ(理学療法)トレーニングを進めていきやすい。スポンサーリンクレベル1:安定した姿勢で四肢・体幹を動かすことができるレベル重心が低く支持...