皆さんクレジットカード持ってますか?

 

私は2枚ほど持ってるんですが、クレジットカードをうまく使うと、凄く賢く買い物ができて、お得なんですよ。

 

でもって私が持っているクレジットカードは、普通にお店での支払いで使ってもポイント還元が高いカードなんですが、ネットショッピングをする人には更に高還元率になるのでオススメです。

 

この記事は、そんなクレジットカードに関して「正しい知識を身に着けてクレジットカードを使えば、お得ですよ」ってお話です。

スポンサーリンク

 

「クレジットカードって何だか怖そう」っと思っている人へ

 

クレジットカードを持っていない人は、何となく以下なイメージを持っているからかもしれません。

 

クレジットカードって、借金するために使うものじゃないの?

 

確かに、クレジットカードで分割支払いなんかも出来て、借金目的で保有する人もいます。

 

例えば高額な買い物(例えばバイクなど)を購入する際は、一括で支払うとお金に困窮しちゃう場合もありますし。

 

そういう時、確かにクレジットカード便利です。

 

便利なんですが、借金をするということは、当然ながら利息が発生するんですよね。

 

なので、基本的にクレジットカードをお得に使おうと思ったら「一括払いにする」ってのが重要です。

 

一括払いにすれば利息は発生しないですし、ポイントがもらえるので、その分だけ現金支払いよりもお得です。

 

 

世の中、キャッシュレス化が進んでるよ

 

日常の買い物で「現金じゃなく、クレジット払いをする(キャッシュレス)」って人が増えてきてます。

 

でもって、そういう人たちのニーズに応えるべく、クレジットカードに対応しているお店も多くなってきています。

 

大きい買い物とかだけじゃなく、コンビニとかでの細々とした買い物ですらクレジットカードが使える時代。

 

使い方さえ間違わなければ、クレジットカード払いって便利だし、お得だと思います。

 

「使い方さえ間違わなければ」ってのがポイントです。

 

 

クレジットカードを保有することのデメリット

 

ここから先は、『クレジットカードを保有することによるデメリット』を紹介しておきます。

 

どんなサービスにもメリット・デメリットがあるので、絶対に両方を天秤にかけて、お得だと思ってからじゃないと手を出してはいけません。

 

でもってクレジットカードを保有することのデメリットは以下の2つだと思います。

  • お金を使いすぎてないか、確認しづらい
  • ついつい、たくさん、あるいは高額なものに散財しちゃう
  • 紛失に注意

 

 

お金を使いすぎてないか、確認しづらい

 

支払いをキャッシュでした場合、財布の中のお金がどんどんなくなっていくじゃないですか?

 

なので「あれ、月末にお金引き出したのに、これだけしか残ってない。使いすぎちゃったな」ってな感じで自制できますよね。

 

ただクレジットカード払いだと、いくら使ったのか自覚するまでにタイムラグが出てしまう。

 

※明細が送られてくるまで、あるいは自発的にネットで確認するまでのタイムラグ

 

まとまった支払いだけをクレジットカード払いにしているならまだしも、日常生活で散財しやすい人(頻繁に外食する、おやつ買う、衝動買いなど)は、支払いが細々とし過ぎて覚えてない分、ちりも積もって請求額が意外と高額だったりってことにつながりかねないので注意です。

 

 

ついつい、たくさん、あるいは高額なものに散財しちゃう

 

キャッシュで支払う場合、財布の中にお金がみえるので「今、これだけの買い物したら、月末まで厳しいな」って感じで自制心が働きます。

 

ですがキャッシュレスだと、「せっかくレストランに来たんだし、(本来なら今月厳しいから自制しなくちゃだけど)クレジットカードで自分へのご褒美に贅沢しよう(で、来月こそは、自制して貯金しよう)」みたいな感じで使っちゃう可能性があります。

 

※典型的な、問題を先送りにしちゃうタイプですが、しっかり者でもクレジットカードを持つと、こういう思考に陥りやすい。

 

繰り返しになりますが、

キャッシュだと「財布にお金がない時点」で諦めざるを得ませんが、

キャッシュレスだと「残金が少ない」って概念が無くなるので、「来月節約すれば良いや」って感じで、気持ちが大きくなっちゃう可能性があります。

 

こういう発想に陥らないためにも、自制心は大切です。

 

 

紛失に注意

 

多くの人は、クレジットカードを財布に入れてると思うのでですが、財布を落としてクレジットカードも紛失してしまう可能性は怖いですね。

 

万が一のリスクの為に、紛失した際にクレジット機能を止めてもらうべく、問い合わせ窓口の電話番号は控えておいたほうが良いかもです。

 

どうしても紛失が怖い人は、ガス代・電気代・携帯代だけでも銀行引き落としからクレジット決済にして、カード自体は金庫に入れとくっていうのもアリかもしれません。

 

 

盗まれて不正にしようされるのが怖い

 

海外とかで現地通貨を持っていなくても支払いが可能なのは凄く便利だと思います。

 

ですが「決済する際に、不正にカード情報をすまれた」っというトラブルもあるようです。

 

※こっそりと、持ち主の目が届かないところで、不正に情報を盗むってのが多いようです。

 

これは確かに怖い。

 

なので私もクレジットカードを海外で使用したことは無いです(海外のメジャーな観光地であったとしても)。

 

※ただ、海外旅行は数回しか行ったこと無いので、偉そうなこと言えませんが。

 

 

あとは、ネットショッピングでのトラブルも聞きます。

 

これは、マイナーなサイトで買い物をした際に起きるリスクかもしれません。

 

なので私は、アマゾン・楽天・ヤフーなどのメジャーなサイト以外でのカード決済は極力避けるようにしています。

 

ちなみに私は、楽天カードの支払いに関して詐欺メールに引っかかってしまったことがあります。

 

※詐欺には気を付けましょう。

 

次回の念も込めて記事にしているので、興味がある方はどうぞ。

⇒『最悪! 楽天カード詐欺に引っかかって、カードを再発行する羽目になった件

 

 

なんで、クレジットカード使ったらポイントくれるの?怪しくない?

 

もしかするとクレジットカードを持たない人の中には、以下の様に疑っている人も存在するのではないでしょうか?

 

何で、無償でポイントを付与してくれるの?怪しい

 

クレジットカード支払いって、(分割ではなく)一括支払いであれば金利は生じません。

 

なので私達は、ポイント分だけ(現金で商品を購入するより)得をします。

 

これって、怪しくないですか?

 

私達にポイントばっかり付与してたら、カード会社が損してばっかりって思いません?

 

ですが、以下のようなカラクリがあるから、お客にカードを使ってもらうほどクレジット会社にもメリットがあるんです。

 

  • カード会社は、お店から手数料をもらっている
  • ポイントを貯めたいお客が、(還元率が高い)自社のお店を優先的に利用してくれる

 

 

カード会社は、お店から手数料をもらっている

 

例えば、コンビニで1000円分買い物をして、クレジットカード支払いをしたとします。

 

すると、クレジットカード会社は、コンビニから1%ほどの手数料がもらえるようです。

 

ちなみに、手数料の料率は業種によって異なっており、ザックリと以下などと言われています(あくまでも目安)。

 

  • 飲食店では5%程度
  • 小売店では4%程度
  • デパートでは2%程度
  • コンビニなどでは1%程度

 

 

ポイントを貯めたいお客が、(還元率が高い)自社のお店を優先的に利用してくれる

 

あとは、「何らかのサービスも展開していて、そのサービスにクレジットカードを使うと還元率が高くなるカード」であれば、以下の様なメリットもあったりします。

 

ポイントを貯めたいお客が、還元率が高いお店を優先的に利用してくれる

 

例えば、楽天カードを持っている人は「どうせネットショッピングするなら、アマゾンより楽天市場で買ったほうがポイントが貯まる」っと考え、優先的に楽天市場を利用してくれるかもしれません。

 

あるいは、ヤマダ電機のカードを持っている人であれば「どうせ家電買うなら、ビックカメラよりヤマダ電機で買ったほうがポイントが貯まる」っと考え、優先的にヤマダ電機を利用してくれるかもしれません。

 

あるいは、イオンクレジットカードを持ってる人は「どうせ日用品買うなら、イトーヨーカドーよりイオンで買ったほうがポイント貯まる」っと考え、優先的にイオンを利用してくれるかもしれません。

 

こんな感じで、顧客を抱え込みたい時の戦略としても活かされています。

 

※ポイントを払ってでも、それ以上のリターンが見込めると考えています。

 

なので、後ろめたくないので、遠慮なくカードを使いましょう。

 

※ただし、重複しますが分割はダメです。

※あと使いすぎないように注意することも大切。

スポンサーリンク

 

初心者がクレジットカードを選ぶ際のポイント

 

初心者がクレジットカードを選ぶ際のポイントは以下になります。

 

無料のカードを選ぶ

有料だと、それに見合ったメリットがあったりもします。

ですが、うまく使いこなさないと、せっかく取得したポイントが年会費で相殺されてしまいます(基本的に、クレジットカードのヘビーユーザーであるほど、有料カードで得をする傾向にあります)。

なので、初心者はまず無料カードを選ぶのが無難だと思います。

 

高還元率

せっかくクレジットカードを保有するのであれば、高還元率な方が良いです。

ただ、ポイントに有効期限があるクレジットカードの場合は、それまでに使い切らないとポイントが消滅してしまいます。

初心者にありがちなのが「ポイントの使い方が分からず放置し、気付いたらポイントが消滅していた」ってパターン。

有効期限があるもので多いのは1年以内ってのが多い気がします。

有効期限は、カード明細であったり、ネット明細であったりで確認できるので注意しておきましょう。

※「○年○月で消滅するポイントは○○」って感じで表示されています。

 

必ず一括で支払う

前述したように、クレジットカードのメリットとして「高額商品でも分割で購入できる」などが挙げられます。

ただ、この場合は「金利」も支払わなければいけません。

っとなると、この記事の趣旨である「キャッシュ払いよりお得に買い物をする」から外れてしまいます。

クレジットカードで支払う際は、店員さんが「一括で良いですか」って聞いてくれるので「はい」と答えましょう。

※聞いてこない場合は「一括で決済しいてくれている」と考えて問題ありません。

 

使用するカードを限定する(カードを沢山保有しない)

クレジットカードは、使用するお店で還元率が変わったりします。

例えば「ビックカメラカード」はビックカメラで買い物をする際に、「イオンカード」はイオンで買い物する際に、メチャクチャポイント還元率が高いなど。

あと「車のガソリン入れ時は、エネオスカード使ったほうがポイント高いよね」とか。

ただ、用途に合わせてカードを揃えすぎてたら収拾がつかなくなります。

せっかくのポイントも分散されてしまうんですよね。

ポイントは通常、一定以上に溜まって初めて使えることが多いんですが、期間限定ポイントだったりすると、一定以上貯まらずに消滅してしまうって事も有りえる。

明細書も沢山届いたり、それぞれのカードを管理するのも大変。

ポイントが貯まるのを有効に使うのはオススメですが、「ポイントに振り回される人生」になっちゃうのは本末転倒ですし。。

なので、気持ちは分かりますが「どのお店でも高還元率を誇るカードを、1・2枚保有して、それを使い倒す」ってほうが良いと思います。

 

 

私が使ってるクレジットカードを紹介するよ

 

最後に、私が「使いやすい!」っと思って保有しているクレジットカードを2枚紹介して終わりにします。

 

それは以下の2枚!!

 

・オリコザポイント

・楽天カード   

 

どちらも、高還元率でメチャメチャ重宝してます。

 

本当は、もう2枚あるのですが、今回は「私がオススメしているだけでなく、一般的にも知名度がありオススメされているカード」っという意味で厳選しました。

 

 

私が持ってるクレジットカードに共通する特徴

 

でもって、2枚に共通する特徴は以下の3点です。

 

①年会費が無料なカード

クレジットカードは、年会費が必要なカードと不要なカードがあります。

有料であるメリットもありますが、今回は割愛。

ポイントが貯まっても有料だと(ヘビーユーザーでなければ)恩恵が受けにくくなるので、初心者であるほど無料が良いかなと思います。

 

②高ポイント還元率!特にネットショッピングでは更にパワーアップ

ポイント還元率は1%以上あれば良い方だと思います。

もちろん「特定の条件下で、凄いポイント還元率を叩きだすクレジットカード」ってのもあります。

例えば、ドコモカードを、ドコモのスマホ決済で利用するとか。

ただし、「どんな決済でも1%以上の高還元率」っていうのは、お勧めする上での及第点だと思います。それをクリアしてるって事ですね。

しかも、今回紹介するクレジットカードは、年会費無料でありながら、どちらもポイント還元率1%以上、ネットショッピングの場合だと、使い方次第で1.5%以上になります。

 

③審査が、比較的通り易い

クレジット会社は、審査が厳しい会社から、審査が易しい会社まで様々あります。

よく「起業して自営業になるのであれば、その前にクレジットカードを作っておいたほうが良い。会社員は信用があるので審査に通り易いが、自営業だと(どんなに稼いでいても)信用が落ちるの審査に通りにくくなる)」なんて言われることも。

ただし、これって一概に言えない。

確かに審査の厳しい会社のカードを持つことは出来ないかもしれませんが、そんなカード会社ばかりじゃないんですよね。

今回選んでいるカードも、審査が比較的通り易い部類に入ると思います(かといって、無名な、変なカードじゃないので安心してください)。

会社に勤めていない自営業者はもちろん、学生や主婦なんかも審査に通り易いです。

 

この記事の注意点

 

これから消費税率が引き上がるのに伴って、キャッシュレス決済を政府が推進している動きがあります。

 

仮想通貨なんかは、流石に当面は主流にならないと思います。

関連記事⇒『(最終更新)『ビットコイン』って儲かるの? 仮想通貨を徹底解説! 将来性も大予想! リップルの運用報告も

 

ただし、クレジットカードに力を入れる会社が増えてくる可能性は高いですし、クレジットカード対応なお店も増えてくるのはないでしょうか。

 

 

一方で、ポイン制度の改悪により魅力が半減することも有りえます。

 

例えば「メチャクチャ高還元率にして利用者をか囲っておいて、ある程度利用者が増えてきたところでハシゴを外す(ポイント還元率を下げる)」って事も有りえます。

 

※世の中、こういう発想が蔓延してて困ります。

⇒『④理学療法士の給料は上がるのか? | 半田会長の講演で分かった事

 

※あるいは不景気で、還元率を下げざるを得ないって事も有りえます。

 

この記事を作成したのは2019年ですが、必ず最新の情報に触れて頂き、ポイント還元率も含めた内容をしっかり確認してみて下さい。

 

 

終わりに

 

皆さんも、自分に合ったクレジットカードを保有してみてはいかがでしょうか?

 

(使い方さえ間違わなければ)キャッシュで買い物するより断然お得です。

 

私が紹介したクレジットカードも、カード名を入力してネット検索すれば申し込みできるので、是非調べてみて下さい。

 

 

関連記事

 

先ほど、私が保有しているクレジットカードとして「楽天カード」と「オリコザポイント」について軽く触れましたが、これらのカードに関する詳細を以下の記事で解説しています。

 

合わせて観覧すると、クレジットカードの魅力が更に深まると思うので是非!

 

⇒『理学療法士・作業療法士にオススメしたい!無料クレジットカード2枚を厳選!!