この記事では『報酬』について解説していく。

 

報酬とは

 

報酬に関して、広辞苑では下記のように説明されている。

 

報酬とは労働・骨折りや物の使用の対価として給付される金銭・物品のこと

 

 

しかし、神経科学では下記のように、広範囲に解釈している。

 

報酬とは、ポジティブな価値を有する物体、刺激、活動である

カンデル神経科学

 

つまり金銭や物品以外であっても、人に褒められたり、頼られたり、尊敬されたりといった要素も報酬に含まれる。

 

スポンサーリンク

 

報酬の種類

 

報酬は、以下の3つに分類できる。

  1. 生理的報酬
  2. 金銭的・物的報酬
  3. 社会的報酬

 

でもって、いずれの報酬であったとしても、ドーパミンが放出されて報酬系が活性化することが分かっている。

 

そして私たちは、これらの報酬を受け取ることをモチベーションとして、力強く行動することができるのである。

 

ここから先は、前述した「3種類の報酬」に関して深堀解説していく。

 

 

①生理的報酬

 

生理的報酬とは以下の通り。

 

食欲・睡眠欲・性欲の三大欲求を含めた生理的な欲求を満たす報酬を指す。

 

例えば、断食や不眠を強要させるなどの拷問をした上で、これら生理的報酬を満たすことを条件に自白を迫ると、相手は「口を割る」という行動に出やすい。

 

彼女とのデートなども生理的報酬に該当する。

 

 

②金銭的・物理的報酬

 

金銭的・物的報酬は以下の通り。

 

お金や相手(あるいは自身)が欲している物質などの報酬を指す。

 

物質としては些細なプレゼントや、高級車・ブランドバックなど高価なものまで様々が含まれる。

 

ただし、食べ物などは、時と場合によっては生理的欲求に該当する場合もあるのでグレーゾーンである。

 

 

③社会的報酬

 

社会的報酬は以下の通り。

 

人間にとって半ば必然的な『承認欲求(ポジティブに評価されたい欲求)』を満たしてくれる報酬を指す。

 

仕事でどんなに頑張っても、それに見合う金銭的報酬が必ずしも得られるわけではない。

 

しかし、私たちは得られる金銭的報酬とは別の動機で、仕事に励むことが出来る。

 

そして、この場合の「金銭的報酬以外の報酬」には社会的報酬が含まれる。

 

社会的報酬には、他者に認められる・尊敬されるなどが該当し、リハビリを提供した際にクライアントから得られる「感謝」や「笑顔」も社会的報酬と言え、「よし!仕事頑張ろう」という行動への動機づけになり得る。

 

報酬を得るためにドーパミンが分泌し、これらの過程が私たちを行動に突き動かすとするならば、「これらの報酬が得られやすい環境」というのは、成長する上で適した環境と言えなくはない。

⇒『理学・作業療法士の努力が実る3つの条件

 

スポンサーリンク

 

相手の欲求に合わなければ報酬になり得ない

 

3種類の報酬は下記のようにマズローの欲求階層説に当てはめることができる。

 

  • 生理的報酬→「生理的欲求」
  • 金銭的報酬→「安全の欲求」
  • 社会的報酬→「所属と愛の欲求」と「(他者からの)承認欲求」

 

 

すなわち、相手の現在の階層欲求に応じた報酬が与えられれば、それが動機付けとなり、行動に移せるということになる。

 

例えば、

お腹が空いている人であれば、食べ物が報酬に(生理的報酬)。

家族に頑張りを認めてもらいたいと思っている人であれば、認めてあげることが(承認欲求)報酬になり得る。

 

逆に、相手の欲求階層に合致していなければ、報酬として十分な機能を果たさないことがある。

 

例えば、お腹が空いていない人には、食べ物は報酬になり得ず、

家族から既に賞賛を受けている人には、家族の更なる賞賛は、報酬としては弱いかもしれない。

 

関連記事⇒『マズローの欲求階層説 あなたの欲している欲求はどれだ!?

 

 

関連記事

 

この記事における「社会的報酬」を深堀した記事は以下になる。

合わせて観覧すると、『報酬』に関する理解が深まると思う。

 

⇒『社会的報酬って何だ? 非常に興味深い「報酬」だよ