カテゴリー:健康増進・予防の記事一覧

リハビリ(理学療法・作業療法)の素材集

理学療法・作業療法士・リハビリテーションに関する様々な素材を情報発信していきます

カテゴリー:健康増進・予防

  • 健康増進・予防

    私たち日本における平均寿命はトップクラスである。しかし、重要なのは「平均寿命」ではなく「健康寿命」であることが近年指摘されている。健康寿命(healthexpectancy)とは、世界保健機構(WHO)が算出・提唱している寿命で定義は以下の通り。『健康上の問題で日常生活が制限されることなく生活できる期間』つまり、平均寿命と健康寿命との差は、「日常生活に制限のある期間(=健康ではない期間)ということになる。全ての高齢者が平均寿命まで元気に暮らしているわけではなく、日本の場合は、健康寿命と平均寿命との間には、男性で約9年、女性で約13年差があると言われている。要は、人生の晩年において、介護を必要と...

  • 健康増進・予防

    この記事では、スロートレーニングとクイックトレーニングについて、各々の違いを含めて記載していく。スロートレーニングとはスロートレーニングとは、文字通り「ゆっくりとした動作」で運動することを指す。スロートレーニングをすると、筋肉を緊張させ続けることになる。そして持続していくと、全身に酸素を運ぶ血流が自然と制限されていく。例えば、ゆっくりとスクワットを行うと、「ジワジワ」と筋肉に痛みが響く感じを受けたことが無いだろうか?これは筋肉への酸素供給が不足し、酸素が少ない状況で動く「速筋」が運動に使用されているからである。速筋とは?速筋とは、「白筋線維」、「typeⅠ線維」などとも呼ばれる。直径が大きく、...

  • 健康増進・予防

    この記事では、頻尿や尿もれ(尿失禁)予防のリハビリ(理学療法)として注目されているピフィラティス(Pfilates)について記載していく。ピフィラティス(Pfilates)とは?ピフィラティス(Pfilates)とは、米国の婦人泌尿器科の専門医であるブルース・クロフォード氏によって考案された、尿失禁(尿もれ)に対するエビデンス(科学的根拠)に基づいた運動療法である。「ピフィラティス」という名称は、「ピラティス」と類似していると感じた方は多いのではないだろうか?関連記事⇒『ピラティスとヨガ(+違い)』ピラティスは体幹インナーマッスル(コアマッスル)を鍛える要素が多分に含まれており、これらのインナ...

  • 健康増進・予防

    この記事では、筋力向上のポイントを「筋肥大」にフォーカスを当てて記載していく。一方で、筋力向上は「筋肥大のみ」を指しておらず、その他の要素を含めた厳密な「筋力向上」に関しては以下の記事も併せて読んでいただきたい。関連記事⇒『高齢者の筋力向上』筋力トレーニングの原則筋肥大について記載する前に、一般的に言われている筋力トレーニングの原則を記載していく。スポンサーリンク過負荷(オーバーロード)の原則「普段の日常生活動作よりお大きな負荷をかけていくことで、求めている体力・筋力を段階的に増加させることが可能」という原則。漸進性の原則「トレーニング継続中、強度・量は少しずつ増加させていくべき」という原則。...

  • 健康増進・予防

    運動は、様々な病気を予防し、寿命を延ばすことが分かっている。しかし、「運動」と一概に言っても、運動の内容によっては寿命を延ばすものと、延ばさない運動があることも知っておかなければならない。今回は、そんな「健康寿命」と「運動(有酸素運動・無酸素運動)」について記載していく。有酸素運動と無酸素運動運動には大きく分けて以下の2つが存在する。1.有酸素運動2.無酸素運動有酸素運動とは、ウォーキング、ジョギング、エアロビクスなど、酸素を沢山取り入れて脂肪を燃焼させる運動を指す。一方で、無酸素運動とは短距離走や重量挙げなど瞬発力を必要とする運動を指す。有酸素運動と無酸素運動を、水泳を例に解説すると以下の様...

  • 健康増進・予防

    あなたの飲酒の対するイメージは良いだろうか?それとも悪いだろうか?今回は、飲酒に関するメリットデメリットを記載していく。飲酒のメリット最初に結論を言ってしまうと、お酒は適量であれば身体に好影響を与えてくれる可能性もある。特に心臓などの循環器系にとっては、適量のお酒は末梢血管を広げて血流を良くしてくれるので、プラスに働くこともある。また、ストレス発散やリラックス効果も期待できる。お酒の適量は体質によっても違うため一概には言えないが、ビールなら中瓶一本、ウィスキーならダブルで1杯、日本酒なら1合までと言われている。スポンサーリンク飲酒のデメリット飲酒のメリットを前述したが、(当然のことながら)飲み...

  • 健康増進・予防

    この記事では、『活性酸素』について記載していく。リハビリ(理学療法・作業療法)には関係ない雑記であるが、まぁ箸休めに読んでみてほしい。活性酸素(フリーラジカル/酸化ストレス)とは『酸化ストレス』とは、「酸化によって起こる体に害のあるストレス反応」を指す。酸化というのは、分子に酸素が結びつくことを指す。例えば釘などの金属がさびたり、油が古くなると茶色くなったり、りんごを切ったまま放置すると切り口が変色したりなどは酸化によって起こる。私たちは呼吸で酸素を体内に取り入れて、食事でとった栄養素を持たしてエネルギーを作り出すが、これを『代謝』と呼ぶ。しかし体内に入った酸素はこの代謝の過程でとても不安定な...