この記事では、医療・介護従事者が知っておくべき『水虫』について、感染予防の観点も含めてザックリとを解説していく。

 

水虫とは

 

水虫の感染原因は『白癬菌(はくせんきん)』である。

 

水虫の経路は『接触感染』である。

 

水虫の潜伏期間は不定である(が白癬菌が皮膚に付着しても角質層に進入するまでに2~3日かかるとの意見もある)。

 

水虫の治療には以下などが用いられる。

・イミダゾール系抗真菌剤

・サリチル酸製剤

 

水虫対するケアのポイントは以下の通り。

 

 

感染予防に関する関連記事

 

以下の記事では、感染に関する基礎知識や、感染に注意すべき疾患をまとめているので合わせて観覧してみてほしい。

 

⇒『危険!これだけは知っておくべき「感染症予防の基礎知識」まとめ