この記事は、長趾屈筋・長母趾屈筋・後脛骨筋について解説している。

 

ちなみに後脛骨筋のみにフォーカスした記事としては以下があるので、後脛骨筋について知りたい方はこちらも観覧してみてほしい。

⇒『後脛骨筋の触診・筋力トレーニングのポイントを解説

 

長趾屈筋・長母趾屈筋・後脛骨筋の基本情報

 

長趾屈筋・長母趾屈筋・後脛骨筋の基本情報は以下になる。

 

筋名

起始

停止

作用

神経

長趾屈筋

脛骨の後面

下腿骨間膜

第2-5趾の末節骨の底(第4~5趾の末節骨の場合が多い)

第2~5趾の屈曲

足関節の底屈

 

脛骨神経(L5-S2)

 

長母趾屈筋

腓骨の後面の遠位2/3の領域

下腿骨間膜の後面の遠位部

母趾の末節骨底

第2・3趾の末節骨の底

母趾の屈曲

足関節の底屈

脛骨神経(L5-S2)

後脛骨筋

脛骨後面

腓骨の内側面

下腿骨間膜の後面

舟状骨の舟状粗面

内側・中間・外側楔状骨

立方骨

第2-4中足骨の底側面

足関節の底屈

足部の回外、内転(足部の内がえし)

脛骨神経(L5-S2)

 

長母趾屈筋

母趾を屈曲させ、距腿関節の底屈と距骨下関節およびショパール関節の回外を補助する作用がある。

また、長母趾屈筋は内側縦アーチのほぼ全体に広がっており、アーチの鱈曲に強い影響を及ぼしている。

アーチの高まりによって舟状骨が距骨を後方へ押す力が発生したとき、長母趾屈筋の働きによって距骨後方へのずれを防いでいる。

また、長母趾屈筋は載距突起の下を走行し、距骨頭を伝わってきた荷重による圧縮力を受け、距骨前方部が下降しないよう持ち上げており、内側縦アーチの湾曲に作用している。

 

長趾屈筋

第2~5趾を屈曲、距骨下関節およびシヨパール関節を回外させ、足関節底屈を補助する作用がある。

また、長母趾屈筋の上を横切って走行しているため、内側縦アーチの湾曲を補助している。

 

 

後脛骨

筋距腿関節を底屈させ、距骨下関節を回外、ショパール関節を回外・底屈・内転、リスフラン関節を回外させる作用がある。

距腿関節底屈運動時には、外果と内果を近づける作用もある。

また、舟状骨を距骨頭の下へ引き内側縦アーチの一部を形成しており底側拡張部によって横アーチの舟状骨/立方骨レベルで保持している(これを『クロスサポートメカニズム』と呼ぶ)。

また、「上半が羽状筋」・「下半が半羽状筋」の形状であり、筋力発揮に優れているとい特徴も持つ。

 

 

長趾屈筋・長母趾屈筋・後脛骨筋の筋連結

 

長趾屈筋・長母趾屈筋・後脛骨筋の筋連結は以下になる。

 

長趾屈筋(Flexor digitorum longus muscle)

⇒長母趾屈筋(腱)、膝窩筋(腱膜)、後脛骨筋(腱膜)、足底方形筋(腱)、ヒラメ筋(腱膜)、虫様筋(腱)と連結

 

長母趾屈筋(Flexor hallucis longus muscle)

⇒長趾屈筋(腱)、後脛骨筋(腱膜)、短腓骨筋(筋間中隔)、長腓骨筋(筋間中隔)、長母趾伸筋(骨間膜)、長趾伸筋(骨間膜)、ヒラメ筋(筋間中隔)、虫様筋(腱)、足底方形筋(腱)と連結

 

後脛骨筋(Tibialis posterior muscle)

⇒長母趾屈筋(腱膜)、長趾屈筋(腱膜)、ヒラメ筋(腱膜)、前脛骨筋(骨間膜)、長母趾伸筋(骨間膜)、長趾伸筋(骨間膜)、膝窩筋(腱膜)と連結

 

 

足関節・足部の筋作用まとめ

 

以下のイラストで、何となく各運動や筋について整理してみてほしい。

 

背屈筋:

前脛骨筋・長母趾伸筋・長趾伸筋・第三腓骨筋

 

底屈筋:

下腿三頭筋・後脛骨筋・長趾屈筋・長母指屈筋・長短腓骨筋・

 

回外筋

前脛骨筋・後脛骨筋・長趾屈筋・長母趾屈筋・(下腿三頭筋)

 

回内筋:

長母趾伸筋・長趾伸筋・第三腓骨筋・長短腓骨筋