この記事では、変形性股関節症に対する手術法の一つである『関節鏡視視下手術』について記載していく。

 

変形性股関節症に対する関節鏡視下手術

 

関節鏡とは、胃の内視鏡の様にカメラを関節内に挿入して、内部の状態を観察する医療器具である。

 

検査だけでなく、様々な処置を行うことも可能で、その治療法を「関節鏡下手術」と呼ぶ。

 

この治療法では、通常の手術の様に、皮膚を大きく切開することが無いため、体への負担が少なくて済む。

 

そのためどの年代でも受けることが出来、また、前股関節症から末期股関節症まで、どの病気でも手術が可能である。

ただし、治療後に症状が再発することもある。

 

スポンサーリンク

 

関節鏡視下手術の主な特徴

 

関節鏡視下手術の主な特徴は以下になる。

 

対象となる人

・前股関節症状から末期まで、どの病気でも手術が受けられる。

・前股関節症、初期股関節症で関節唇損傷がある人

・進行期以降で、特に片側のみの人

入院期間

・前股関節症、初期股関節症の場合は2~3週間程度入院する。

・進行期以降では、1か月以上の入院が必要な場合もある。

メリット

・手術時に皮膚を大きく切開しないため、体への負担が小さい

・傷跡が小さくて済む。小さな点状の傷跡が2~3か所残る程度。

デメリット

・効果の持続期間に限りがある。

・再び悪化した場合は、人工関節置換術が必要となることもある。

 

 

関節鏡視下手術の方法

 

関節内視鏡視下手術は、全身の麻酔あるいは腰椎麻酔をかけ、股関節の周辺に2~4か所、直径1cmほどの小さな孔を開ける。

 

この孔から関節鏡を挿入し、関節包を破って、関節内部まで入れる。関節鏡の先端に装着したカメラから送られる映像をモニターで見ながら、慎重に行われる。

 

手術時は、電動シェーバーや電気メスなどの手術器具を、他の孔から挿入する。

 

医師はモニター画面で関節の内部の様子を確認しながら、手術器具を操作して、必要な処置を施す。

 

術後は、孔が塞がり、直径5mm程度のポツリとした傷痕が残るだけである。

 

 

関節鏡視下手術法の種類

 

股関節に対する、関節鏡視下手術法の代表例としては以下などが挙げられる。

 

関節唇部分切除術

関節唇が損傷すると、周囲の滑膜に炎症が起こるが、損傷部分を切除することで痛みが治まる。

 

関節デブリドマン

痛みの原因となるデブリ(関節軟骨のかけら)を取り除き、大腿骨頭と関節包の癒着をはがす。

 

関節受動術

関節デブリドマンに加え、骨棘の切除などで関節の接合面を整えたり、筋肉の一部を切ったりする。

 

ここでは、関節デブリドマンにフォーカスして解説していく。

 

スポンサーリンク

 

関節デブリドマンについて

 

変形性股関節症では、関節内に断裂した関節唇片や増殖下滑膜などがある場合がある。

 

で、関節鏡でこれらを把握し、以下などの手術を施行する。

  • 関節液中のデブリ(関節軟骨のかけら)を取り除き、きれいに洗浄する。
  • 炎症で厚くなった滑膜を切除する(関節包と大腿骨頭の癒着があれば切り離す)。

 

デブリによる疼痛:

股関節に痛みが起こる大きな原因の一つは、関節軟骨がすり減ることだと言われている。股関節に過剰な負荷がかかり続けると、関節軟骨が徐々にすり減ってくる。

ただし関節軟骨には、痛みを感じる神経が通っていないため、すり減ること自体で痛みが起こるわけではない。

関節軟骨がすり減ると、その破片が、股関節を覆っている関節包内に飛び散りる。

すると体の免疫機能が、その破片を異物として処理しようとする。その反応の結果、関節包の最も内側にある「滑膜」という組織に炎症が起きる。滑膜には痛みを伝える神経が通っているため、炎症によって痛みを感じる。

 

 

関節鏡視下手術のエビデンス

 

関節鏡視下手術のエビデンスとしてはMindsガイドランなどを参照してみてほしい。

 

⇒『外部リンク:Mindsガイドライン 変形性股関節症に対するの関節視鏡視下手術の治療効果は

 

実際の所、手術によって痛みが大幅に改善されることもあれば、あまり変化が無いといったケースもあるようだ。

 

従って、(いくら身体への負担が少ない、侵襲が少ないとはいっても)手術に対する意見は医師によって異なる。

 

症状が改善されない場合は、以下などが選択肢となる。

  • リハビリなどの保存療法(っというか手術をしてしまっているので、術後療法になるのか)を実施する。
  • 変形性関節症の程度が軽い場合は、再度関節鏡下手術を受ける
  • 変形性股関節用の程度が重い場合は、人工関節置換術を施行する。

・・・など。