改訂水飲みテストMWMSの概要と実施方法を紹介する。

 

簡便なため、訪問リハビリや通所サービス(デイケア・デイサービス)でも活用してみてほしい。

 

改訂水飲みテスト(MWMS)の方法 

 

概要:

  • 3mlの冷水を嚥下させ誤嚥の有無を判定するテスト。
  • 口腔内に水を入れる際に咽頭に直接流れ込むのを防ぐため、舌背には注がずに必ず口腔底に水を入れてから嚥下させる。

 

誤嚥有無判別:

感度0.70(カットオフ値3点)

 

準備物:

冷水を入れたコップ、シリンジ(5ml)

 

実施手順

  1. 口腔底に冷水3mlを入れる。

  2. 閉口を促し、冷水を飲んでもらう

  3. 嚥下後、反復嚥下を2回繰り返し行ってもらう。

  4. 評価点が4点以上なら最大2回繰り返し、最低スコアをつける。

 

スコア・判定基準

1 嚥下なし、むせるand/or呼吸切迫

2 嚥下あり、呼吸切迫など

3 嚥下あり、呼吸良好、むせるand/or湿性嗄声

4 嚥下あり、呼吸良好、むせない

5 4に加えて、反復嚥下が30秒以内に2回可能

 

※水は誤嚥しても、肺炎にはなりにくいことが以前より指摘されている(Free Water Protocol)

 

改訂水飲みテスト(MWMS)の動画

 

以下の動画は『改訂水飲みテスト(MWMS)』のイメージをつかみやすい。

 

 

関連記事

 

改訂水飲みテスト(MWMS)と同じくらい簡便に使われるテストに『反復唾液嚥下テスト(RSST)』があり、以下の記事で解説している。

興味がある方は合わせて観覧してみてほしい。

 

⇒『反復唾液嚥下テスト(RSST)の概要と実践方法