この記事では、高齢者の認知機能検査として『Mini Mental State Examination(MMSE)』を記載していく。

 

リハビリ職種(理学療法士・作業療法士)や看護・介護の従事者はぜひ観覧してみてほしい。

 

※「HDS-Rとの違い」や「カットオフ値」も紹介している。

 

MMSEとは?

 

MMSEとは、高齢者の認知機能検査として有名な検査である。

 

従って、同じく有名な改訂長谷川式簡易知能評価スケール(HDS-R)と同様に臨床で活用されることも多い。

 

「高齢者の認知機能検査」と表現すると「認知症かどうかの検査」とイメージしてしまいがちだが、若年者も含めて高次脳機能障害全般に実施できる検査であり、以下なども適応となる。

 

・頭部外傷

・低酸素脳症

・脳卒中

・・・・・・などなど。

 

スポンサーリンク

 

「MMSE」と「HDS-R」の違い

 

MMSEとHDS-Rの違いはザックリと以下の通り

 

・前述したように「MMSE」は国際的に標準化された検査なのに対して、「HDS-R」は日本で開発された検査である。

 

・「HDS-R」が記憶障害の評価が中心なのに対し、「MMSE」は失語・失行・失認に関する問題も含まれている。

 

・「HDS-R」は言語性課題を用いた主に記憶障害を評価する検査なのに対し、「MMSE」では書字や模写などの動作性課題も含まれている。

 

・上記からも分かるように、『簡易な検査』という点では共通しているものの「MMSE」のほうが総合的な認知機能障害の評価が可能ということになる。

 

 

MMSEの実際(総合得点とカットオフ値)

 

MMSEは11項目の質問で構成されており、総合得点は30点である。

 

でもって、23点以下の場合に認知機能の障害が疑われる(カットオフ値)。

 

ただし『21点~26点⇒軽度認知障害の疑い』『20点以下で明らかな認知障害がある』と解釈の解釈のもと、カットオフ値が『20点以下』と記載されている文献もあるので注意しよう。

 

 

MMSEの評価項目+点数

 

MMSEの評価項目および点数は以下の通り(総合得点30点)。

 

~参考:図解理学療法検査・測定ガイド

 

  質問内容 点数

①今年は何年ですか。

②いまの季節は何ですか。

③いまは何時ごろですか?

④今日は何曜日ですか?

⑤今日は何月何日ですか?

 

各1点

(計5点)

①ここは何県ですか?

②ここはなに市ですか?

③ここは何病院ですか?

④ここは何階ですか?

⑤ここは何地方ですか?(例:関西地方)

 

各1点

(計5点)

物品名3個(相互に無関係)用意し、検者は者の名前を1秒間に1個ずつ言う。

その後、対象者に繰り返させる。

正答1個につき1点を与える。

3個すべて言うまで繰り返す(6回まで)。

何回繰り返したかを記しておく。

 

3点

100から順に7を引く(5回まで)、あるいは「フジノヤマ」を逆唱させる。

※計算が困難であったり拒否がある場合は、逆唱による検査に変更してみる。

 

5点

「3」で提示した物品名を再度復唱させる。

※正解1個につき1点(計3点)

 

3点

・(時計を見せながら)これは何ですか?

・(鉛筆を見せながら)これは何ですか?

※各1点⇒計2点

 

2点

次の文章を検者が言い、対象者に復唱してもらう。

「皆で、力を合わせて綱を引きます」

※文章を完全に言えれば1点

 

1点

(何も書かれていないA4かB5の紙を用意して)

以下の3段階の命令をする。

 

①「右手にこの紙を持ってください」

②「それを半分に折りたたんでください」

③「机の上においてください」

 

以上のような3段階の命令に対して、段階ごとに正しく動作ができればそれぞれ1点。

各1点⇒計3点

 

3点

(次の文章を読んで、その指示に従ってください)

「眼を閉じなさい」

 

(対象者が見える大きさの文字で「眼を閉じなさい」と書かれた紙やボードを提示して)

「ここに書かれている動作を行ってください」と指示する。

対象者が、書かれているとおり眼を閉じた場合に1点を与える。

1点
10

 

(何も書かれていないA4かB5の紙と鉛筆を渡して)

「この紙に何か文章を書いてください。どのような内容でもかまいません」と伝える。

 

ちゃんとした文章になっていれば1点。

※例文などは与えない。意味が通じれば1点。

 

 

1点
11

(A4かB5の紙と鉛筆を用意して、以下のような重なった2個の五角形を書き込んだ紙やボードを提示して)「この図形と同じものをこの紙に書いてください」と伝える。

 

 

模写された図形について、角が明確に10個あり、2つの五角形が交差していれば1点。

 

1点

 

 

各項目の意味

 

MMSEの各項目における意味は以下の通り。

 

  • 1・2は『見当識』の評価である。(10点)

 

  • 3は『記銘』の評価である(3点)

 

  • 4は『注意と計算』の評価である(5点)

 

  • 5は『再生』の評価である(3点)

 

  • 6~11は『言語』の評価である(9点)

    ※11は「構成行為の評価である」との解釈もある。

 

 

関連記事

 

世界的に有名な認知症評価スケールは『MMSE』が有名だが、日本で一番有名なスケールは(ここまでも何度も記載してきた)『改訂長谷川式簡易知能評価スケール(HDS-R)』である。

 

※臨床では、HDS-Rを活用することの方が多い。

 

以下の記事では、HDS-Rについて各項目の評価ポイントも含めて深堀り解説しているので、ぜひ一度観覧してみてほしい。

 

HDS-R(長谷川式簡易知能評価スケール) | 認知症評価(+脳卒中患者へ活用時の注意点)

 

 

その他、認知症関連記事としては以下などもある。

特に介護・介護予防分野に携わる人は、これらのリハビリ職種にかかわらず、これらの知識を持っている人は増えているので要チェック!

 

認知症予防にコグニサイズ(デュアルタスク)を紹介