この記事では神経細胞(ニューロン)についの各名称を記載していく。

 

神経細胞とは

 

神経細胞は、『細胞体』と『神経線維(=軸索+α)』から構成される。

 

でもって、細胞体の末端にある『樹状突起』と、(別の神経細胞の)神経線維末端にある神経突起(軸索突起とも呼ぶ)がシナプスすることで、情報伝達が為される。

 

 

有鞘有髄線維では、軸索に『髄鞘ミエリン鞘)』いう鞘が付いていて、そのすき間に見える軸索を『ランビエ絞輪』と呼ぶ。

 

一方で、無鞘有髄線維では髄鞘は存在しない。

 

関連記事⇒『有髄線維と無髄線維(有鞘有髄線維と無鞘有髄線維)を解説

 

 

「神経細胞」と「電線」の違い

 

軸索は電気的興蒋を伝える性質をもち神経線維の本体ともいえる。

一方、髄鞘には絶縁性があり、周囲に電気を漏らさない役割を果たす。

 

このように、「神経の構造」は「電線」に酷似しているが、決定的に異なる点は以下になる。

 

神経が構造を維持するために神経細胞からの物質供給を必要とすること、血液からの栄養供給を必要とすること。

 

 

軸索流とは

 

軸索流とは以下を指す。

 

細胞体と軸索の間で物質が輸送される流れのこと

 

細胞体からは軸索を栄養するために糖蛋白質や糖脂肪、ミトコンドリアなどを輸送している。

反対に、軸索から細胞体へは神経栄養因子(NGF)や老廃物などが運ばれる。

 

この流れを活性化することは軸索の再生力を高めることになるが、駆血などによる阻血状態により軸索流は低下する。

 

神経軸索は外力に弱く、以下の様に言われている。

 

15%以上の伸張により軸索機能が障害さる。

20%に達すると断裂する。

 

なので、切創だけでなく挫滅や圧迫によっても神経損傷を生じる。

 

「神経の圧迫による障害」で日常でイメージしやすいのは、「長時間、正座をした後に下腿へ生じる痺れ」ではないだろうか?

 

これは、長時間軸索が圧迫されたことにより、一過性の神経障害と言える。

 

関連記事⇒『正座で起こる「痺れと痛み」の発生機序を解説するよ

 

 

また、「急性の神経障害」と「慢性の神経障害」では、障害程度が異なる。

 

急性神経障害は主に切傷や挫滅、圧迫などの直接外力によって起こるが、慢性神経障害は、長期の圧迫などに局所の血流障害や浮腫、瘢痕などが加わり、主として軸索流の障害に起因する。