この記事では、寒冷療法の具体的な方法として、『アイスパック(アイスバック)』と『アイスマッサージ(クリッカーを使用)』について記載していく。

 

※寒冷療法の包括的な内容を知りたい方は、記事の最後のリンク先も合わせて観覧してみてほしい。

 

 

アイスパック(アイスバック)とは

 

アイスパック(アイスバック)とは以下を指す。

 

『氷嚢・ポリ袋などにクラッシュアイス(+水)を詰めたもの』

 

 

アイスパック(アイスバッグ)を用いた寒冷療法の適応

 

アイスバックを用いた寒冷療法の適応としては以下が挙げられる。

  • 急性外傷後の炎症のコントロール
  • 中枢性神経疾患の痙性抑制

 

 

アイスパック(アイスバッグ)の使用方法

 

アイスバック使用法の一例は以下の通り。

 

①患者体位:臥位 患部は主に上向き

 

②氷:袋の2/3程度詰める(患部に均等に当たるよう)

※空気は抜いておく

 

③患部を露出し、濡れタオル、アイスパックの順にのせる(必要に応じ弾包固定)

 

④治療時間:5〜20分くらい(感覚がなくなるまで行う)

※患肢を安定させる枕を準備するとよい

※治療後は皮膚の状態の確認すること

 

 

RICEとしてアイスバック活用

 

RICEとは、急性外傷時の応急処置法であり、以下の4つで構成される。

  • R=Rest(安静)
  • I=Ice(冷却)
  • C=Compression(圧迫)
  • E=Elevation(挙上)

※RICEに関しては以下の記事も参照

⇒『RICE(安静・冷却・圧迫・挙上)を分かりやすく解説!

 

 

アイスマッサージとは

 

アイスマッサージとは以下を指す。

 

『氷・クリッカーを局所に当てながらマッサージする方法。』

 

 

アイスマッサージの適用

 

アイスマッサージの適用は以下などが挙げられる。

  • 筋・靱帯の挫傷
  • 筋スパズム・筋硬結

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・など。

 

※比較的限局された患部によい

 

 

氷(アイスキューブ)を用いたアイスマッサージの方法

アイスマッサージで用いる氷は『アイスキューブ(ビニールなどに納めてもOK・塩も加える)』を使用する。

 

※アイスキューブが小さいと感じる場合は、紙コップで製氷し、コップの先を切り取りながら(破りながら)使用すると使いやすい。

 

アイスマッサージの動画は以下を参照。

 

 

 

※アイスマッサージの速度は「10cm/秒」で一カ所に集中させない。

 

※治療部位は直径15cm位までで、範囲が広い場合は数カ所に分ける。

 

※治療時間:5〜10分くらいで、感覚がなくなるまで行う。

 

※アイスマッサージは(部位によっては)患者本人による治療も可能

 

 

疼痛に関する使用方法の一例としては、圧痛点(トリガーポイント)を中心に軽く圧しながら筋線維と並行になるようマッサージ行う

 

※圧痛点へのアイスマッサージはあくまで例え。

※圧痛点に関しては以下も参照

⇒『トリガーポイント圧迫&リリース法(マイオセラピー:Myotherapy)

 

テニス肘(外側上顆炎)に対するアイスマッサージ動画は以下を参照。

⇒『テニス肘(上腕骨外側上顆炎)に対するマッサージ/テーピング/アイスマッサージ

 

 

アイスキューブを用いたアイスマッサージの注意点は以下などが挙げられる。

  • 患部の水分を随時ふき取る(タオルを準備)
  • 患部以外の部位の保温(シーツ・毛布などを準備)
  • 治療後は皮膚の状態の確認すること
  • 骨隆起部には行わない
  • 治療者は冷たさから自分の手を守ること

 

 

クリッカーを用いたアイスマッサージの方法

 

クリッカーとは、円筒の両端に大小のジェラルミンのヘッドがついたものを指す。

 

クリッカーはアイスマッサージを施行するために考案されたもので、患部や衣服の濡れや汚れを防ぐことが出来る。

 

使用方法は以下の通り。

 

① クリッカーに「氷:塩=3:1」で封入し、よく振って混ぜる。

※すると、ヘッド温が-15〜-21℃まで低下する(ヘッド部分に霜がつく)

 

②前もって患部に軟膏を塗っておく(これにより凍傷が防止出来る)

 

③ 軟膏をもみ込むように軽く圧しながらアイスマッサージを行う

 

④マッサージの速度は「10cm/秒」で、一カ所に集中させない

 

⑤疼痛に対する治療時間は4〜5分くらいで、感覚がなくなるまで行う

 

※疼痛治療の一例は、アイスキューブと同様にトリガーポイントなど。

 

※クリッカーやアイスキューブを用いた寒冷療法は、筋緊張の抑制目的で使用されることもあるが、その場合は一般論として20~30分繰り返すとされている。

 

 

関連記事

 

アイスパックやアイスマッサージを含めた『寒冷療法』を詳しく解説した記事は以下になる。

 

寒冷療法の作用まとめ

 

 

また、温熱療法について興味がある方は以下の記事を参考にしてみてほしい。

 

温熱療法の作用まとめ!