この記事では、『胸鎖乳突筋の作用は肢位によって違うよ』と題して、胸鎖乳突筋のトピックスを記載していく。

 

胸鎖乳突筋の基礎情報

 

胸鎖乳突筋の基礎情報は以下となる。

 

起始

胸骨頭⇒胸骨の胸骨柄の上縁と前面

鎖骨枝⇒鎖骨の内側1/3の領域

停止

側頭骨の乳様突起

後頭骨の上項線の外側部

作用

両側が同時に働くと、頭・上位頚椎を伸展+下位頚椎を屈曲する

※これは、首をすくめて顎を突き出す動作(チンアウト)となる

※ただし、頭頸部の肢位によって作用が異なる(この点は後述する)

片側が働くと、頭頸部を同側へ側屈+反対側へ回旋する。

神経 副神経の外枝と頸神経叢の筋枝(C2~C3)
筋連結 大胸筋(腱)、胸骨筋(腱)、頭板状筋(腱)と連結

 

胸鎖乳突筋2
胸鎖乳突筋1

 

スポンサーリンク

 

胸鎖乳突筋は肢位によって作用が異なる

 

胸鎖乳突筋が両側が同時に働くと、頭・上位頚椎を伸展+下位頚椎を屈曲する。

 

一方で、頭頸部がどの様な肢位にあるかで、胸鎖乳突筋の作用は変わってくる。

 

例えば、上部頸椎がやや前屈位となっていれば、胸鎖乳突筋には頭頸部の前屈作用が起こる。

 

あるいは、頭頸部が伸展位となっていれば、更に頭頸部を伸展するような作用を胸鎖乳突筋が持つようになる。
胸鎖乳突筋
イラスト左に類似した状態で、胸鎖乳突筋が過緊張になっている場面としては、「寝たきり高齢者」の一部が該当する。

 

頭頸部が過伸展してしまった状態で、更に胸鎖乳突筋の緊張高まっていると、頸椎椎間関節に圧迫力が加わり、様々な機能障害が出てきてしまう。

 

ただし「胸鎖乳突筋の過緊張」は、この様な高齢者の「表面的な問題」にすぎす、これらを含めた機能障害を改善するのは非常に難しい。

 

 

胸鎖乳突筋のリハビリ(理学療法)関連記事

 

胸鎖乳突筋を例にして、「肢位が異なれば、筋の作用も異なってくる」という点を解説したが、この様な特徴は様々な筋でみれれ、例えば以下が挙げられる。

 

・・・・・・・・・・・・・などなど。