この記事では、外反母趾について解説している。

 

外反母趾とは

 

外反母趾とは以下な状態を指す。

 

母趾(足の親指)が小趾(足の小指)の方向へ外反した状態(外側に倒れた状態)

 

※一般的に、母趾の外反度が15度以上になると視覚的(見た日)に外反母趾だと分かる。

 

また、以下のような特徴もある。

  • 性別は、圧倒的に女性に多い。
  • 年齢は、10歳代(家族内発生を認める)と40歳代の中年期が多い。

 

外反母趾の原因

 

外反母趾の「解剖学的原因」と「外的要因」は以下の通り。

 

解剖学的要因

  • 先天性や他の疾患(関節リウマチなど)により発生するもの
  • 縦アーチと横アーチの低下した偏平足
  • 中足骨内反
  • 中足骨の円形化
  • 基節骨外反
  • 種子骨の回内変位

 

外的要因

  • 履物などが原因で発生する。
  • 先の尖ったハイヒールを履くと、中足骨が内反し、基節骨以下が先細りの閉鎖部分で外反位に強制される。最近では、足の機能を無視した間違った靴選びが原因で起こる場合もある。
  • 中年期には体重増加と筋力低下も発症要因となる。

 

 

外反母趾の症状

 

母趾のMTP関節において、末梢部が外反し、関節の内側(母趾中足骨骨頭)が突出して

bunion(滑液包の腫脹)を形成して変形や痛みを起こす。

 

変形が強くなると、母趾が第2趾の底側に入り込み、2・3趾のMTP関節の足底部の変形により胼胝(たこ)の痛みを訴える症例もある。