この記事では整形外科的テストの一つである『フィンケルシュタインテスト(Finkelstein test)』について解説していく。

 

フィンケルシュタインテスト

 

フィンケルスタインテストの方法・陽性所見・解釈は以下になる

 

方法

患者を腰掛け坐位にする。

患側手の母指を手掌の中に入れて4指を握らせ、さらに手関節を尺屈させる。

ファンケルシュタインテスト,Finkelstein test

 

陽性所見

橈骨茎状突起部に痛みが出現する。

ファンケルシュタインテスト,Finkelstein test

 

解釈

長母指外転筋と短母指伸筋の狭窄性腱鞘炎を示す(ドゥケルバン病とも呼ばれる)

 

ドゥケルバン病は、手首における代表的な伸筋腱の腱鞘炎である。

親指側(橈側)の親指を伸ばした時に生じるカギタバコ三角(タバチュール)の親指側の短母指伸筋腱と長母指外転筋腱が通過する溝で、橈骨茎状突起部(手首の親指側)によって狭窄された状態から起こる腱鞘炎である。

 

ファンケルシュタインテストの動画になる。

 

 

 

関連記事

 

⇒『腱鞘炎!!「ドゥケルバン病(DeQuervein disease)」と「ばね指」を解説