この記事では半月板損傷に対する整形外科的検査である『内反ストレステスト』と『外反ストレステスト』について解説している。

 

内反・外反ストレステストの方法

 

膝関節に対する「内反ストレステスト」と「外反ストレステスト」の意味・方法・陽性所見・解釈は以下になる。

 

各ストレステストの意味

  • 内反ストレステスト⇒外側側副靱帯損傷に対する整形外科的テスト
  • 外反ストレステスト⇒内側側副靭帯損傷に対する整形外科的テスト

 

膝の内・外側支持機構損傷により動揺性の増大をみる。

 

 

方法

肢位患者を背臥位にし、検者はその側方に位置する。

 

検査は患側膝30°屈曲位と伸展位の両方の検査を行う。

 

  • 内反ストレステストをする場合、一側の手を患側膝内側に当て、他側の手で同側踵を保持し、その手を内反方向に強制する。

 

  • 外反ストレステストをする場合、一側の手を患側膝外側に当て、他側の手で同側踵を保持し、その手を外反方向に強制する。

 

 

陽性所見

内・外側への動揺があれば陽性。

そのとき、最大の内・外反を強制したときの抵抗感も参考にする。

 

 

解釈

30°屈曲位での動揺は外反動揺時が内側側副靭帯損傷・内反動揺時が外側側副靭帯損傷。
伸展位での動揺  は複合靱帯損傷(前・後十字靭帯損傷と合併損傷)を疑う。

 

 

内・外反ストレステストのイラストと動画

スポンサーリンク

 

内反・外反ストレステスト解釈は以下になる。

 

内反ストレステスト

 

以下は内反ストレステスト(外側側副靭帯損傷の整形外科的テスト)。

内反ストレステストによる外側側副靭帯損傷に対する整形外科的テスト

 

 

 

 

外反ストレステスト

 

以下は外反ストレステスト(内側側副靭帯損傷に対する整形外科的テスト)

外反ストレステストによる内側側副靭帯損傷に対する整形外科的テスト

 

 

 

膝関節の動きと靱帯の緊張について

 

最後に、膝関節の動きと靱帯の緊張について一覧表(Lanzら1959)を掲載して終わりにする。

 

整形外科的テストを実施する際の理屈として、参考にしてみてほしい。

 

  外側側副靭帯 内側側副靱帯 前十字靭帯 後十字靭帯
屈曲
伸展
外旋
内旋 + or - + or -

+:緊張

-:弛緩

※:屈曲の程度によって緊張の度合いが変わる