頸部・腰部の神経根症状(脊髄神経の支配領域)のイラストを掲載する。

 

頸部・腰部の神経根症状(脊髄神経の支配領域)のイラスト

 

椎間板ヘルニアや変形性関節症などで神経根が絞扼されると、深部腱反射が減弱する。

 

以下は、それらを分かり易く示したイラストとなる。

 

 

 

ちなみに実際の臨床所見は、ヘルニアの画像所見と一致しないことも多い。

 

一般に腰椎椎間板ヘルニアでは、筋力低下・知覚鈍麻・深部腱反射低下など神経学的脱落所見を呈することが多いものの、
SLR テスト以外の所見(筋力,知覚,腱反射などの神経学的所見)は診断と一致しない。

~理学療法診療ガイドラインより~

 

 

また頸部疾患に対する疼痛誘発(ジャクソンテスト・スパーリングテストなど)の解釈としては、イラスト情報に加えて、以下な解釈をする方が臨床に合っているので、こちらも参考にしてみてほしい。

 

症状 示唆
デルマトームに沿った放散痛 神経根症状
デルマトームに沿っていない全体的な放散痛 鉤椎(ルシュカ)関節、関節包の痛み
局所的な痛み

椎間関節の機能障害