この記事ではバランスボードについて、効果やトレーニング方法などを紹介していく。

 

バランスボードによるトレーニング(立位)は難易度が高いため、特に若年者やアスリートに重宝するツールと言える。

 

一方で、補足として動画で紹介するバランスディスク(バランスクッション)は、(バランスボードよりかは)難易度が低いため、病院・施設でのリハビリ(理学療法)レベルでのバランストレーニングに活用できるツールと言える。

 

この記事の動画を観覧して、バランスボードやバランスディスク(バランスクッション)がどの様なものかを何となくでも理解してもらいたい。

 

バランスボードのトレーニング方法+効果

 

まずは、バランスボードのトレーニング方法の一例として、以下の動画を観覧してみてもらいたい。

 

 

動画におけるバランスボードトレーニング以下の順に難易度を徐々に高くしている。

 

①端坐位でのトレーニング

 

②支持物を把持した立位でのトレーニング

 

③立位でのトレーニング

 

④片脚立位でのトレーニング

 

 

バランスボードの効果

 

リハビリ(理学療法)としては、前十靭帯再建術後のリハビリ(理学療法)などで活用される場合があるが、ここでは『健常者がコンディショニング目的で実施する際の効果』を記載していく。

 

コンディショニング目的のバランスボードトレーニングの効果は『自動化された姿勢調節の促進』にあり、具体的には以下の2つを促進させる効果がある。

 

・反射的な姿勢調節(反射依存型適応)

・随意的な姿勢調節(状況依存型適応)

 

 

もう少しかみ砕いたバランスボードトレーニングの目的・効果としては以下になる。

 

足・脚部の機能向上

・足裏感覚の活性

・足底筋膜のトレーニング

・足関節をはじめとした下肢関節・下肢筋群・神経の協調性を高める

・足関節・下腿のリハビリテーションと障害の予防

 

 

ボディーバランスをとるのに必要な感覚器官の機能向上

・筋・腱・関節内などの固有受容器(体性感覚)の活

・視覚情報、内耳の前庭器から入る平衡感覚の活性

・感覚器官の総合的な働き(運動感覚)の活性

 

 

脳・神経系・メンタル

・バランス維持運動による脳のリフレッシュ効果

・集中力向上

 

 

バランスのとれたダイナミックな身体操作(重力と身体感覚)

・重心の崩れに対応する身体のリカバリー能力向上

・抗重力筋(下腿三頭筋・脊柱起立筋群など)を主とした姿勢筋の協調動作、調節

深層筋(インナーマッスル)トレーニング

・身体左右の筋バランスなどの調整

・さまざまな姿勢における立位軸(感覚)の構築⇒ 動作の多様性/巧緻性の向上

・ウェイトトレーニング時や、リハビリテーション時、フィールド トレーニング前後、競技前後の競技感覚、動作感覚のコンディショニング

 

 

バランスクッション(バランスディスク)

 

バランスクッション(バランスディスク)とは、ブヨブヨした素材で出来ていたり、ゴム製の素材の中に空気が入っていたりするため、そこへ荷重することでバランストレーニングになる。

 

動画としては以下を参照。

 

 

 

バランスクッション(バランスディスク)の関連記事

 

バランスクッション(バランスディスク)は(バランスボードと比べて)高齢者の転倒予防・バランストレーニングにも活用しやすい。

 

そんなバランストレーニングについては、以下の記事で総まとめしているので、こちらも併せて観覧してみてほしい。

 

(ちょっとだが、バランスディスクを用いたトレーニング、すなわち動的バランストレーニングにも言及している)。

 

併せて読むと理解が深まると思う。

 

永久保存版!バランス運動(トレーニング)の総まとめ

 

 

また、リハビリグッズとしては他にも以下の記事を作成しているので、こちらも暇つぶしに観覧してみてほしい。

 

リハビリ(理学療法)で活用される『バランスボール』を紹介!

 

リハビリ(理学療法)で活用される『セラバンド』を紹介!