この記事では肘頭骨折についてクリニカルパスも含めて記載していく。

 

肘頭って、どこだ?

 

肘頭とは、尺骨の近位端にある鉤状の骨隆起であり、上腕三頭筋の付着部でもある。

でもって、肘頭の掌側面は「滑車切痕」と呼ばれる関節軟骨となっている。

 

※この「(尺骨の)滑車切痕」と「(上腕骨の)上腕骨滑車」によって腕尺関節を形成する。

 

※腕尺関節に腕橈関節を含めたものが、いわゆる「肘関節」と呼ばれるものである。

 

上腕骨滑車は上腕骨長軸に対し約45°前方に傾斜している。また、尺骨滑車切痕の関節面の向きは約45°前上方に開いている。そのため腕尺関節は理論上、0~180°の可動範囲をもっている。

 

 

※肘関節屈曲では「(尺骨の)鉤状突起」が「(上腕骨の)鉤状突窩」に衝突する180°まで可能。

 

※肘関節伸展では「(尺骨の)肘頭」が「(上腕骨の)肘頭窩」に衝突するため、0°以上の伸展は出来ない。

 

この記事は、上腕骨遠位端骨折について記載している。

 

肘頭骨折とは?

 

肘頭骨折とは、尺骨の近位端の骨折で、近位骨片には上腕三頭筋が付着しているため、骨折部に離開を生じることが多い。

 

肘頭骨折は以下などに分類される。

  • 横骨折
  • 斜骨折
  • 粉砕骨折

・・・など。

 

※また、安定型 or 不安定型といった分類が為される場合もある。

 

肘頭骨折は肘関節伸展機構の破綻を生じる。

 

 

受傷機序

 

直達外力によるものが多いが、肘屈曲位のまま転倒し、上腕三頭筋の収縮による介達外力でも生じる。

 

外力が強い場合は、橈骨頭骨折や肘関節脱臼の合併も生じる可能性がある。

 

 

肘頭骨折の治療ゴール

 

ここでは、肘頭骨折における「整形外科的治療目標」と「リハビリ的治療目標」をザックリと記載していく。

 

整形外科的目標:

 

アライメント:

関節面の解剖学的修復

 

安定性:

肘頭は上腕骨滑車と関節を形成し、その構造は安定化に寄与する。

 

 

リハビリテーション的目標:

 

関節可動域:

肘関節の可動域を回復し、手と肩関節の可動域を維持する。

 

筋力:

肘伸展筋(上腕三頭筋)・肘屈筋(上腕二頭筋)の筋力向上を図る。

また、以下などの二次的筋群の回復も同様に重要となる。

・前腕回外・回内筋群

・手関節背屈筋(長短橈側手根伸筋、尺側手根伸筋、総指伸筋)

・手関節掌屈筋(橈側手根屈筋、尺側手根屈筋、浅・深指屈筋)

・三角筋

 

機能的ゴール:

食事、入浴、トイレ、更衣、整容といった日常生活動作を回復する。

ある程度伸展制限が残存しても、身辺動作に大きな機能障害は認められない。

 

 

肘頭骨折のクリニカルパス

 

肘頭骨折のリハビリ(理学療法)を実施するにあたって、以下のクリニカルパスは一つの目安になる。

 

~『理学療法ハンドブック改訂第4版 4巻セット』より引用~

 

  ~1W 1~2W 4~6W 6~8W
ROM運動 手術による固定があれば可動関節の自動運動を開始。

可動関節の自動運動。

CPM。

ギプスが除去されると肘関節の自動運動開始 全可動域の自動運動。
筋力トレーニング ギプス固定であれば等尺性運動。 握力練習。 肘の等尺性トレーニング。 徐々に抵抗運動へ移行。
荷重 ———- ———– ———- X線画像所見により許可。
注意点 浮腫と疼痛への対応。 肘を90°より伸展しない。

荷重しない範囲で日常使用許可。

肘後面の癒着を治療。

———-

 

※あくまでも一例であり、主治医の指示に従うこと。

 

リハビリ(理学療法)の注意点

 

1~2週くらいまでは、CRPSのチェックも行う。

CRPSは、骨折治癒の段階では見られないような圧痛・疼痛・知覚過敏・循環障害が特徴である。

関連記事⇒『CRPS(複合性局所疼痛症候群)とは?「タイプⅠ・Ⅱの違い」や「RSD・カウザルギーとの関連」も解説

 

 

肘関節は、伸展動作よりも屈曲動作のほうが日常動作に影響する。

そのため、伸展制限が問題となることは(屈曲制限に比べて)少ない。

異所性骨化は可動域制限の原因となるため、X線像で異所性骨化を確認した場合は、過度の運動や損傷部位を不用意にマッサージしたりすることは控える。