この記事では、『捻挫』と『靭帯損傷』という用語について、「果たして違いはあるのか?」も含めて整理していく。

 

捻挫とは

 

捻挫は以下のように定義されている。

 

関節に生理的可動域を超えた運動が矯正されて起こる靭帯損傷で解剖学的乱れの無いもの。

 

Ⅰ度:靭帯部分断裂

Ⅱ度:靭帯部分断裂と関節包の損傷

Ⅲ度:靭帯完全断裂と関節包の損傷

 

スポンサーリンク

 

捻挫は靭帯損傷も含まれている

 

上記の定義から、『捻挫』という用語は「靭帯損傷(部分断裂や完全断裂)を伴った傷害」を示していることが分かる。

 

にも関わらず、『捻挫』という用語は、『靭帯損傷』という用語と独立したイメージを世間一般に与えている場合も多い。

 

その理由としては、以下の様な意見があるためだとされている。

 

『関節の安定性に関与する重要な靭帯の損傷を伴う場合には靭帯損傷として別に扱う』

 

 

この様な意見があるために、
「捻挫=靭帯が軽微に傷んでいる」
「靭帯損傷=靭帯が重度に損傷されている」

といったイメージを世間一般に植え込んでいる側面がある。

 

従って、例えば「足関節捻挫(主には足関節外側靭帯損傷)」などの用語は、軽微な外傷として扱われることがある。

 

あるいは「腰椎捻挫(ぎっくり腰)」という言葉も、「椎間板ヘルニア」「脊柱管狭窄症」などの用語と比べれば予後が良いイメージある。

関連記事⇒『急性腰痛(ぎっくり腰)の激痛対処法とは?

 

ただし、前述したように『捻挫』という用語は『靭帯の軽微な損傷から重度な損傷まで幅広く捉えた概念』であるため、捻挫を「軽い外傷」と軽視して理学療法を含む適切なアプローチが成されなければ、後遺症が残存してしまう可能性がある点には注意しなければならない。

 

※例えば足関節捻挫であれば「痛み」「不安感」「易捻挫性(繰り返し捻挫をしてしまうこと」などが後遺症として起こる可能性がある。

 

 

捻挫と靭帯損傷(+違い) 関連記事

 

捻挫と靭帯損傷(+違い)の参考文献は以下になる。