この記事では、リハビリ(理学療法・作業療法)分野でなじみ深い「姿勢筋緊張」について、「筋緊張」も含めて記載していく。

 

姿勢筋緊張と筋緊張の違い

 

姿勢筋緊張に関して、筋緊張と対比しながら記載していく。

 

筋緊張とは、随意的にリラックスした状態での伸張に対する抵抗がどの程度かを示す用語として使われる。

 

一方で姿勢筋緊張(Postural muscle tone)とは、中枢神経系の調節が加わった状態での筋の状態を示す用語として使われる。

 

姿勢筋緊張における「中枢神経系の調節」とは、バランスや体重移動などの姿勢反応や随意運動の際の調節機構のことであり、重心が変化する環境に対応する能力ともいえる。

 

正常での姿勢筋緊張が可能にしていることは以下などである。

  • 抗重力姿勢の維持
  • 様々な支持面の変化への対応
  • 運動の獲得のための選択的な運動

 

つまり、姿勢筋緊張が正常でないと上記などが障害される可能性があるという事になる。

 

なので、動作の観察によって姿勢筋緊張を見ることで、中枢性の制御機構がどれぐらい働いているかということを推測することは重要となる。

 

また、姿勢筋緊張は中枢神経系の状態を反映するものであるから、覚醒レベル、知覚のされ方(認知)などからも影響を受けるし、実際に動作を行なう際のworkerとしての筋や関節の状態からも影響を受ける。

 

特に、知覚のされ方として強調されるのは、フィードフォワード(Feed forward)とフィードバック(Feed back)である。

 

※フィードバック・フィードフォーワードに関しては以下を参照

⇒『フィードバックとフィードフォーワード(+違い)

 

workerに関しては、例えば診察室でルーチンに診察を続ける必要のある医師などは(患者の方向へ頸部を回旋させた状態での問診⇔正中位でのディスクワークを繰り返すので、そのworker特有の姿勢筋緊張を生み出し、機能異常もきたし易い(例えば、肩こり・頭痛など)。

※でもって、ディスクの配置を変える(例えば、今までとは逆向きで問診ができる状態にするなど)で症状が改善したりもする。

 

 

関連記事

 

これだけは知っておきたい!片麻痺の評価テスト+陽性徴候まとめ