カテゴリー:理学・作業療法士の新人の記事一覧

リハビリ(理学療法・作業療法)の素材集

理学療法・作業療法士・リハビリテーションに関する様々な素材を情報発信していきます

  • 理学・作業療法士の新人

カテゴリー:理学・作業療法士の新人

  • 理学・作業療法士の新人

    この記事では、介護保険による「訪問リハビリ」に関して、制度的側面を解説していく。ちなみに、この記事は以下の人を対象にしている。訪問リハビリに携わったことは無いが、興味がある(転職も考えているなど)自院に訪問リハビリは存在しないが、今後立ち上げを視野に入れて情報収集をしている。また、訪問看護との違いについても言及しているので、この点について知りたい方も観覧してみてほしい。ちなみに、この記事は『社保審-介護給付費分科会第141回(H29年6月21日)』をベースにしており、(訪問看護を除いて)画像も全てこの資料から引用している。なので、H30年4月の医療・介護同時改定前の情報である点には注意してほし...

  • 理学・作業療法士の新人

    この記事では、医療保険による「外来リハビリ」と介護保険による「短時間通所リハビリ(デイケア)」の違いを記載していく。この記事を読んでいただくと、各々のメリット・デメリットも見えてくると思う。ちなみに、この記事は以下の人を対象にしている。医療保険でのリハビリ業務にしか携わったことが無く介護保険にも疎いが、短時間通所リハに興味がある。整形外科クリニックで働いているが、今後を見据えて短時間通所リハの開設も視野に入れて情報収集している。特に後者の理学療法士・作業療法士は以下の理由で、興味を持っている人が多いと思われるので、この記事もぜひ情報収集の一つとして参考にしてみてほしい。昨今は、発症後ある程度期...

  • 理学・作業療法士の新人

    この記事では地域包括ケア病棟に関して、急性期病棟・回復期病棟との違いも含めて解説していきます。また、個人的に地域包括ケア病棟での悩み事や、理想なども語っているので是非観覧してみて下さい。

  • 理学・作業療法士の新人

    カルテ(診療記録)の記載方法である『SOAP方式』について解説しています。SOAP方式は医師のために作られた「カルテの書き方」なので、SOAP方式をそのままリハビリ職種(理学療法士・作業療法士)や看護師さんが当てはめようと思うと疑問が湧いてくることもあると思います。そんな疑問の解決に少しでも役立つよう具体例も紹介しながらSOAP方式を解説しています。

  • 理学・作業療法士の新人

    理学療法士・作業療法士・看護師などが学会発表や症例発表(や学生時代のレポート作成など)で引用文献・参考文献を掲載することがあると思うが、その際の書き方について記載していく。最初は以下をベースに記載ししようと考えたが、実際に他の書籍に記載されている参考文献・引用文献の記述を見てみると、必ずしも統一されておらず(大まかには一致しているが、細かな部分で異なる)ので、あくまで参考にした程度である点に注意してほしい。※でもって、自身でも複数の文献記述を見比べて、判断してほしい。理学療法臨床実習サポートブックレポート作成に役立つ素材データ付postedwithヨメレバ岡田慎一郎医学書院2015-11-06...

  • 理学・作業療法士の新人

    この記事「新人が勉強会(研修会・講習会)を選ぶコツ」は「理学・作業療法士の新人さんシリーズ」という雑記の位置づけだが、何か参考になる点があれば幸いである。※記事の最後に記載している「関節モビライゼーションの勉強会(講習会・研修会)を紹介します」も併せて観覧頂ければ幸いである。スポンサーリンク新人療法士の勉強会(研修会・講習会)は無料でOK?新人さんは臨床において様々な知識や技術が日々身について行く。これは、特に何かの勉強会に参加せずとも、患者さんと接するうちに自然と身についてくる。なぜなら学校で詰め込んだ知識を臨床で実際に活用してみて初めて分かることは多く、臨床経験を積むだけでガンガン成長でき...

  • 理学・作業療法士の新人

    理学療法士・作業療法士の新人が成長するための要素はいくつか存在するが、その中で「ライバルを見つける」というのも一つの手段となるのではないだろうか?今回は、そんな「理学療法士・作業療法士が成長するためのライバル」というテーマで記事を作成してみる。スポンサーリンクピア効果競争は努力を引きだすと言われている。能力の優れた相手(ライバル)と競争することで、お互いの能力が伸びたり、努力が引き出されたりとった良い効果が期待できるのだ。この様に『同僚や仲間から生産性や行動の影響を受けること』をピア効果と呼ぶ。一人職場では、競争する相手(ライバル)がいないのでピア効果の恩恵を受けることが出来ないかもしれない。...

  • お金のこと - 経済学 - 理学・作業療法士の新人

    この記事では、理学療法士や作業療法士の給料アップに関して、景気(好景気・不景気)にフォーカスして考察していく。ただし注意点として、この記事は理学・作業療法士の給料アップ(昇給・ボーナスなど)に直結する記事ではない。世の中の好景気・不景気と、私達理学・作業療法士の給料がいかにリンクしているかを垣間見ることで、世の中の仕組みを少しでも知ってもらうことを目的としている。新人理学・作業療法士の皆さんは授業で医療分野の勉強はしているものの、経済に関しては疎いと思われるため、出来るだけ噛み砕いて解説している(まぁ、私も社会人になってボツボツと勉強してきただけで、偉そうなことを言えないレベルではあるが・・)...

  • 理学・作業療法士の新人

    この記事では「理学療法士・作業療法士のスキルアップ」と題して、複数の視点からスキルアップを考えてみる。理学療法士・作業療法士は、どんなスキルアップが必要か?理学療法士・作業療法士が医療従事者として働く上で大切なスキルは何であろうか?それは(独断と偏見で)以下の3つだと考える。コミュニケーション能力治療技術臨床推論能力⇒臨床推論には①知識②認知・思考能力③メタ認知能力が大切※ちなみに、順序は特に意味はない。スポンサーリンクスキルアップ1:コミュニケーション能力の向上コミュニケーションスキルは臨床を重ねるごとに向上する。理学・作業療法士はチーム医療として機能する側面があることから、他職種とのコミュ...

  • 理学・作業療法士の新人

    新人理学・作業療法士の皆さんの中には、一人職場で活躍している人達も存在するのではないだろうか?この記事は、そんな「一人職場で活躍する新人理学・作業療法士」にフォーカスした内容となっている。私は最初に入職した病院(っというか今も在籍している病院)は常勤理学療法士1人、非常勤理学療法士1人な職場であった。つまりは、一人職場ではないのだが、(一人職場に近い境遇であった点や)諸々の意味で、タイトルを『一人職場の苦悩・・・辞めたい時の選択肢』とさせてもらった。スポンサーリンク新人時代のエピソードまずは、私の新人時代のエピソードを記載していく。そして、新人理学・作業療法士シリーズの前回記事「新人療法士はそ...

  • 理学・作業療法士の新人

    この記事「そろそろ仕事辞めたいですか?」は「理学・作業療法士の新人シリーズ」として、自分の新人時代を思い出しながら思いついた他愛のないことを記載していくという、いわゆる「雑記」である。従って、このシリーズで観覧者が得られる情報は、何ら臨床に活用されない可能性が高い点はご了承願いたい。スポンサーリンク5月病で仕事を辞めたい5月病なるものが存在する。5月病とはウィキペディアによると「5月を過ぎたころに仕事にも慣れてきて辞めたくなること」を指すという。理学・作業療法士の新人の皆さんは、そんな5月病を患って、辞めたくなっていないだろうか?学校で教わって自分がイメージしてきた理学・作業療法士像と、実際の...

  • 理学・作業療法士の新人

    この記事「給料の使い道/スポーツジムはいかがです?」は「理学・作業療法士の新人シリーズ」として、自分の新人時代を思い出しながら思いついた他愛のないことを記載していくという、いわゆる「雑記」である。なので、このシリーズで観覧者が得られる情報は、何ら臨床に活用されない可能性が高い点はご了承願いたい。スポンサーリンク初めての一人暮らし前回は「初任給の使い道」と題して、私の初任給の使い道を記事にしてみた。そして今回は、新人の頃に自身がどの様な給料の使い方をしていたかを思い出しながら記事にしてみる。私は就職したことをきっかけに一人暮らしを始めた。就職先を選ぶ基準は複数あったが、その中の一つに「一人暮らし...

  • 理学・作業療法士の新人

    この記事「新人理学・作業療法士の初任給」は「理学・作業療法士の新人シリーズ」として、自分の新人時代を思い出しながら思いついた他愛のないことを記載していくという、いわゆる「雑記」である。従って、このシリーズで観覧者が得られる情報は、何ら臨床に活用されない可能性が高い点はご了承願いたい。スポンサーリンク新人理学・作業療法士の初任給五月になっているということは、きっと理学・作業療法士の皆さんも初任給が手に入っていることと思う。皆さんは、そんな初任給を何に使っただろうか?将来の見通せない時代だからこそ堅実に貯金だろうか?それとも約一か月頑張ってきた自分へのご褒美にパーッと散財したのだろうか?あるいは、...

  • 理学・作業療法士の新人

    ※今回の『理学療法士・作業療法士の不安や悩み』は、シリーズで掲載している。※初めて観覧する方は、『理学療法士・作業療法士が知っておくべきプラシーボ効果・ノーシーボ効果』から観覧することをお勧めする(最初から読んで頂けていることを前提とした記事になっている)※ここでは真っ当な徒手療法の刺激も紹介していますが、この刺激を用いる際の考えは『海外における反応重視型な学派』寄りな考えを基にしている。しかし、『海外における総合重視型な学派』寄りな考えも重要であり、実際はどちらの良い点も考慮に入れながらの介入という事になる。※気功やエネルギーといった表現が出てくるが、これは身体の神秘的側面に対して様々な解釈...

  • 理学・作業療法士の新人

    この記事では、通所リハビリテーションにおけるカルテ記載のポイントを記していく。新人理学療法士・作業療法士の皆さんで、通所リハビリに従事している人は参考にしてみてほしい。ちなみに、ここで表現する『カルテ』とは、大きく分けて以下の2つを指している点には注意して頂きたい。・個別リハビリ(理学療法・作業療法)のカルテ・在宅訪問時のカルテスポンサーリンク通所リハビリのカルテ記載居宅基準第119条に「指定通所リハビリテーションを提供した際には、提供した具体的なサービスの内容などを記録するとともに、利用者からの申し出があった場合には、文章の交付、その他適切な方法により、その情報を提供しなければならない」と定...

  • 理学・作業療法士の新人

    今回は、理学療法士・作業療法士の新人さんにとって大切な敬語(言葉使い)について、(私も改めて勉強するという意味も含めて)記載していく。※ちなみに、ここでは訪問リハビリにや通所リハビリおける事務対応などを(独断と偏見で)記載しているため、各々の遭遇しやすい場面とかけ離れている場合もある点をご了承願いたい。スポンサーリンク電話がかかってきて、担当者が休んでいる旨を伝える場合の対応ケアマネージャーから電話がかかってきたが、担当者が不在であることを伝える場面は多い。そんな際に、「申し訳ありません。○○はお休みをいただいておりまして・・・・・」という表現は誤りとなる。「いただく」は「もらう」の謙譲語であ...

  • 理学・作業療法士の新人

    この記事では、リハビリ職種(理学療法士・作業療法士)がカルテを記載する際の要点を解説している。ありきたりな内容ではあるが、新人の理学・作業療法士さんの参考になれば幸いである。この記事に記載している「リハビリカルテ」について理学・作業療法士が「実際に行ったリハビリ(評価なども含む)」や「リハビリを実施した時間帯」などを記載したものは「理学療法診療記録」や「作業療法診療記録」などと呼ばれる(臨床では「リハビリ診療録」「リハカルテ」「リハ記録」と呼称していることが多い)。でもって、この記事で解説しているのも、上記の意味での「カルテ」になる。単純に診療記録に関しする記事なため、『POSに準じたPOMR...

  • 理学・作業療法士の新人

    この記事では、EBPTを分かりやすく解説している理学療法士協会HPについて記載していく。新人理学療法士がまずは学びたいEBPTEBPTを学ぶにあたって、日本理学療法士協会のHPでは分かり易いコンテンツを提供してくれている。このコンテンツは無料で観覧できるので、理学療法士のみならず、柔道整復師も含めた立職種の方々にも参考になると思う。新人の頃は『勉強はしたいがお金にも困っている』といった人も多いと思うが、そういう人はこのサイトも活用しつつ考える力を身につけていくのも一つの方法として有効なのではないだろうか?※こういうので勉強しつつ、普通に真面目に臨床へ取り組めば、きちんと成長していくと思われる。...

  • 理学・作業療法士の新人

    「理学療法士が不安に感じるベスト1は将来性」と題して記事を作ってみた。この「不安に感じるベスト1は将来性」というのは、理学療法士協会(県)が主催する職能研修会で行われた即興アンケートの集計結果によって導き出されたものだ。ではでは、本編にっていく。スポンサーリンク理学療法士は将来性に不安を感じている新人教育プログラムにも振り替え可能なやつで、卒後すぐに参加して以来だったので約3年半ぶりだ。内容は「介護予防に関する研修会」と「起業に関する研修会」の2つ。どちらも興味があったが、特に「起業」のほうは当県では初の試みとのことで重い腰が上がった。「起業セミナー」の内容は、起業とは何かということの説明と、...