この記事ではパーキンソン病の重症度分類に用いられる『Hoehn & Yahrの重症度分類』について、『modified Hoehn & Yahrの重症度分類』も含めて解説していく。

 

Hoehn & Yahrの重症度分類とは

 

ホーエン・ヤールの重症度分類』はパーキンソン病の障害評価に最も用いられ、対象者の特徴的な症状を目安にしてⅠ~Ⅴの段階に分類するのが特徴である。

 

『ホーエン・ヤールの重症度分類』の詳細は以下の通り。

※ただし、文献によって若干日本語訳の表現方法は異なる。

 

StageⅠ  一側性で体の片側だけの振戦・固縮・無動を示す。軽症例である。
StageⅡ 両側性の障害で、姿勢の変化がかなり明確となり、振戦・固縮・無動とも両側にあるため日常生活がやや不便であるが、介助は必要ない。 
StageⅢ 著明な歩行障害がみられ、姿勢反応が不可能となる。日常生活動作障害もかなり進み、突進現象もはっきりとみられる。一部介助が必要になる。 
StageⅣ 日常生活動作の低下が著しく、振戦・固縮のために体の移動、立ち居振る舞い、着物の着脱、洗顔、排便などにかなりの支障をきたす。 
StageⅤ 完全な廃疾状態で眼は見開いたまま、体は小刻みに震え、硬直し、車椅子使用または寝たきりとなる。全介助となる。 

 

スポンサーリンク

 

ホーエン・ヤール分類の特徴

 

ホーエン・ヤールの分類は、症状や進行度を大まかに把握するには有効である。

 

一方でパーキンソン病の進行は個人差が大きく、症状や進行のスピードは一概に言えない点に加えて、1年の内でも季節の変わり目に悪化する人がいたりなどするので、この重症度分類も「あくまで目安の一つ」と捉える必要がある。

 

なので、リハビリテーションによる症状の改善や、薬物療法における薬物の効果判定には十分に機能しないことも多い。

 

ホーエンーヤールの分類は生活機能障害度分類と相関が認められ、上肢の機能よりも、下肢・体幹機能をより反映している。

 

薬物における効果判定、日常生活活動の変化を評価するには、バーセルインデックスFIMなどのADL評価表との併用が望ましいと考えられる。

 

 

補足:modified Hoehn & Yahr の重症度分類

 

「Hoehn & Yahrの重症度分類」の代わりに「modified Hoehn&Yahrの重症度分類」を用いることもある。

 

以前のもの(Hoehn & Yahrの重症度分類)と比較すると、1.5度、2.5度が追加されており、より詳細に評価できるようになっている。

 

0度 パーキンソニズムなし
1度 一側性パーキンソニズム
1.5度 一側性パーキンソニズム+体幹障害
2度 両側性パーキンソニズムだが平衡障害なし
2.5度 軽度両側性パーキンソニズム+後方障害があるが自分で立ち直れる
3度 軽~中等度のパーキンソニズム+平衡障害、肉体的には介助不要
4度 高度のパーキンソニズム、歩行は介助なしでどうにか可能
5度 介助なしでは、車椅子またはベッドに寝たきり(介助でも歩行は困難)

 

上記ではパーキンソン病の症状を『パーキンソニズム』と一括りに表現しているが、この用語に関しては『パーキンソン症候群』という用語も含めて以下の記事で解説しているので興味がある方は観覧してみてほしい。

⇒『パーキンソニズムとパーキンソン症候群(+違い)

 

 

余談として、パーキンソン病に対する理学療法診療ガイドラインからHoehn & Yahrの重症度分類に関する箇所を引用しておく。

 

パーキンソン病の疾患特異的評価指標

 

ⅰ)Hoehn & Yahr の重症度分類(Hoehn and Yahr staging scale: H&Y stage)
推奨グレード B

 

ⅱ)修正版 Hoehn & Yahr の重症度分類(modified Hoehn and Yahr staging scale: mH&Y stage)

推奨グレード B

 

「H&Y stage」およびステージ I と II の中間にステージ 1.5 を加えた「mH&Y stage」は、パーキンソン病の重症度分類として最も頻繁に使用されているが、信頼性や妥当性に関する検証はあまりなされていない。

H&Y stageとパーキンソン病統一スケールは、スピアマンの相関係数 0.71 の比較的高い相関を示す。

 

 

『ホーエン・ヤールの重症度分類』と『生活機能障害分類』

 

先ほど、「ホーエン・ヤールの分類は生活機能障害度分類と相関が認めらる」と記載した。

 

でもって、『生活機能障害度分類』は厚生労働省が定めた特定疾患の症状の目安で、パーキンソン病の場合、生活機能障害度2度以上で、特定疾患医療費補助制度が受けられる

 

※ホーエン・ヤールの重症度Ⅲ度以上かつ生活障害機能度2度以上で、難病医療費助成制度の対象となる(この条件を満たさなくとも対象となるなどの例外あり)。

 

ちなみに、これら2つの分類をセットにした一覧表は以下になる(相関関係が分かり易い)。

※前述したホーエン・ヤールの重症度分類と表現が若干異なっているが点も、両方読み比べてもらうことで理解が深まると思う。

 

Hoehn-Yahrの重症度

生活機能障害度

Stage

片側のみの障害。

機能低下はあっても軽微。

Ⅰ度

日常生活、通院にはほとんど介助を要しない

Stage

両側性または体幹の障害。

平衡障害はない。

Stage

姿勢反応障害の初期症候がみられ、方向転換や閉脚、閉眼立位時に押された際に不安定となる。

身体機能は軽度から中等度に低下するが、仕事によっては労働可能で、日常生活活動は介助を必要としない。

Ⅱ度

日常生活、通院に部分介助を要する

Stage

症候は進行して重症な機能障害を呈する。

歩行と起立保持には介助を必要としないが、日常生活動作の障害は高度である。

Stage

介助がない限り寝たきり、あたは車椅子の生活が余儀なくされる。

Ⅲ度

日常生活に全面的な介助を要し、独力では歩行起立不能。

 

スポンサーリンク

 

ホーエン・ヤールの重症度別運動メニュー

 

パーキンソン病患者は、症状の程度がさまざまである。

 

なので「全ての患者に適した運動」というのは存在しない。

 

例えば、ここで記載してきた「ホーン・ヤールの重症度分類」の度合いによって、重症度別運動メニューから、自分が出来そうな運動をピックアップして実践しているのもアリだと思う。

 

この重症度別の運動メニューは、多くの書籍で紹介されている(内容や表現方法は書籍によっていろいろ異なるが)。

 

Ⅰ度

趣味のスポーツ

ウォーキングの習慣

楽器の演奏、手芸

パーキンソン体操

 

Ⅱ度

手のこわばり⇒手の体操

自転車こぎ

足踏み運動

パーキンソン体操

 

Ⅲ度

手すりや机につかまってバランス運動

ウォーキング

カートを押して歩く

ベッドで起き上がり運動

パーキンソン体操

 

①②は体幹伸展運動(この運動に必要な筋群のストレッチング)

③は棒を把持しての体幹回旋自動運動(この運動に必要な筋群のストレッチング)

④はハムストリングス(+足関節背屈によって下腿三頭筋の)ストレッチング

⑤は(このカテゴリーには関係ないが)足踏み運動)

 

 

Ⅳ度

起立・着座練習

腹筋体操

背筋体操

歩行器を利用してウォーキング

パーキンソン体操

声を出す練習

 

Ⅴ度

手足の曲げ伸ばし

着替え

ベッドからの起き上がり

椅子への移乗

パーキンソン体操

声を出す練習