タグ:評価の記事一覧

リハビリ(理学療法・作業療法)の素材集

理学療法・作業療法士・リハビリテーションに関する様々な素材を情報発信していきます

タグ:評価

  • 症状 - 認知症 - 評価 - 高齢者テスト

    この記事では、認知症の簡易検査として有名な『HDS-R(改訂長谷川式簡易知能評価スケール)』をカットオフ値も含めて解説している。リハビリ職種(理学療法士・作業療法士)や看護・介護の従事者はぜひ観覧してみてほしい。※採点するにあたっての(リハビリ職種向けな)細かいポイントをクドクドと記載しているが、これらの点は興味のある方のみ観覧してもらい、それ以外の人は評価表だけ参考にしてみてほしい。※評価用紙のダウンロードは以下から可能。⇒『HDS-R(長谷川式)のダウンロード(PDF)』⇒『HDS-R(長谷川式)のダウンロード(Word)』HDS-R(改訂長谷川式簡易知能評価スケール)とは?『HDS-R(...

  • 評価 - リハビリ評価ツール

    この記事では、筋緊張(muscletonus)に関して、『痙縮と固縮の違い』や筋トーヌスの評価として『MAS(ModifiedAshworthScale)』なども含めて解説していく。筋緊張(muscletonus)とは骨格筋は何も活動しない時でも、たえず不随意的にわずかな緊張をしており、このような筋の持続的な弱い筋収縮を『筋緊張(筋トーヌス)』と呼ぶ。でもって筋緊張(筋トーヌス)は、様々な状況によって変化するため一定ではない(言うまでも無いことだが)。でもって、Andre-Thomasは筋緊張の観察方法を以下の3つに分けている。①安静時の筋緊張②姿勢・体位性の筋緊張③運動時の筋緊張筋緊張(筋ト...

  • 評価 - ROMテスト

    この記事では、リハビリ(理学療法・作業療法)の評価として大切な『ROMテスト(関節可動域検査)』のまとめ記事である。測定のポイントも解説しているので、ぜひ観覧してみてほしい。関節可動域(rangeofmotion)とは関節が動く範囲を『可動域』と呼ぶ。そして、『関節可動域(rangeofmotion)』とは、関節を自動または他動運動させた可動範囲のことをいう。『自動ROM』は、筋力や運動の協調性、拮抗筋の影響を受けるが、より実際の身体状況を把握できる。一方、セラピストにより動かされる『他動ROM』は、関節の構築学的異常や軟部組織伸張性についての情報を得ることができる。でもって『ROMテスト(関...

  • 評価 - リハビリ評価ツール

    この記事では、片麻痺評価として有名な『ブルンストロームステージ』について記載していく。ブルンストロームステージとはブルンストローム(Brunnstrom)は片麻痺の回復過程をステージⅠ~ステージⅥまでの6段階に分けた。各ステージの特徴は以下の通り。回復段階Ⅰ(ブルンストロームステージⅠ):運動の発現、誘発なし。回復段階の初期で、弛緩性の完全麻痺の状態で、随意的筋収縮はもちろん連合反応もない状態である。回復段階Ⅱ(ブルンストロームステージⅡ):共同運動(またはその要素)の最初の出現(=痙性発現)。共同運動の要素が連合反応として出現し、あるいは患者自身の随意的運動として、わずかに可能となる※連合反...

  • 評価 - リハビリ評価ツール

    この記事では、ブルンストロームステーテストをさらに細分化批判的に標準化した『上田式片麻痺機能テスト(12段階片麻痺機能法)』について記載していく。~参考『上田敏:目で見るリハビリテーション医学.第2版,東京大学出版会』~上田式片麻痺機能テスト(12段階片麻痺機能法)とは中枢性麻痺は、質的変化によって回復するが、上田はこの弓なりの曲線的なプロセスを12段階の判定基準にしている。※「痙縮・固縮」や「共同運動・連合反応」に関しては以下も参照⇒『筋緊張とは?筋トーヌステスト(筋緊張検査)も含めた評価を紹介』⇒『共同運動』と『連合反応』を解説(脳卒中片麻痺の専門用語)上記の曲線における縦軸・横軸が示して...

  • 評価 - リハビリ評価ツール

    この記事では、リハビリ(理学療法・作業療法)で用いられる『痛み評価テスト』として有名な以下の4つの疼痛スケールを紹介したのちに、個人的な活用法を記載していく。~引用画像:全てペインリハビリテーション~・視覚的アナログスケール(VAS:visualanaloguescale)・数値評価スケール(NRS:numericalratingscale)・語句評価スケール(VRS:verbalratingscaleあるいはVDS:verbaldescriptionscale)・facepainratingscale(facescale)これらの評価は、いずれも痛みの強度を尺度化・数値化することを目的として...

  • 疾患 - 脳卒中片麻痺 - 評価 - リハビリ評価ツール

    この記事では、脳卒中の運動障害を含む機能障害の総合的評価法として開発された脳卒中機能評価法である『SIAS(StrokeImpairmentAssessmentSet)』について記載していく。SIAS(脳卒中機能評価法)とは脳卒中機能評価法であるSIAS(StrokeImpairmentAssessmentSet)は「脳卒中の機能障害を定量化するための総合評価セット」であり、1989年に千野らによって開発された。従来の脳卒中片麻痺の機能評価は運動機能が中心であったが、脳卒中による障害は運動機能のみならず高次脳機能など多面的なものであり、それらを総合して評価することを目標にSIASは作られている...

  • 評価 - FIMの評価法

    リハビリ(理学療法・作業療法)や看護における評価で重要な『FIM』に関して、採点基準(採点基準)も含めて解説!FIMの各項目(セルフケア・排泄・移乗・移動・コミュニケーション・社会的認知)の詳細もリンク先からジャンプも出来るようになっています。

  • 運動連鎖による評価・治療

    この記事では、リハビリ(理学療法)の用語として活用されやすい「運動連鎖」という用語について記載していく。運動連鎖をイメージしてみようリハビリ(理学療法)を実施するにあたって運動連鎖をイメージできるていることは、身体を「局所」のみならず「全体」として評価・治療するうえで大切なツールの一つとなり得るし、臨床の幅がぐっと広がる。そんな運動連鎖について、下肢に関しては2つに分類される。~以下の表は運動療法学―障害別アプローチの理論と実際を参考~下行性運動連鎖(骨盤前後傾or前後方回旋)①骨盤②股関節③膝関節④足関節骨盤の前傾屈曲・内転・内旋伸展・外転(外反)・外旋底屈・回内(外反)骨盤の後傾伸展・外転...

  • 評価 - リハビリ評価ツール

    この記事では、6分間歩行テスト(6MT;6-minutewalkingdistancetest)について記載していく。6分間歩行テストとは6分間歩行テストとは、1985年にGuyattらによって提唱された負荷試験である。6分間できるだけ早く歩いてもらい、その距離を計測して、運動耐容能を評価する。平坦な歩行コースがあれば実施可能である。6分間歩行テストの測定は、呼吸障害や心疾患に対する治療効果判定に用いられる。6分間歩行テストは対象者の最大酸素摂取量(peakVO2)を測定する検査ではないが、それとよく相関すると言われている。スポンサーリンク高齢者における6分間歩行テストの意義(目的)6分間歩行...

  • 評価 - リハビリ評価ツール

    握力測定の方法や平均値(年齢別)を紹介しています。正しい方法で測定出来ているかどうかで結果のばらつきを防ぐげます。また、リハビリ測定時に「平均値はどのくらい?」と聞かれることも多いので、その様な際にも活用してみて下さい。

  • 評価 - 高齢者テスト

    この記事では高齢者の体力測定として活用され易いファンクショナルリーチテスト(FRテスト:Functionalreachtest)について、具体的な方法や基準値(カットオフ値)も含めて記載していく。ファンクショナルリーチテストとはファンクショナルリーチテストとは、Duncanによって提唱されたバランス評価の方法であり、高い信頼性・再現性が確認されている。ファンクショナルリーチテストは前方への重心移動範囲を反映しているとされている。一方で、足圧中心移動距離で説明できるのは15%であり、残りの85%手度は筋力や可動域など様々の要因が関与しているとされている。(文献1スポンサーリンクファンクショナルリ...

  • 評価 - 高齢者テスト

    この記事では、通所サービス(デイケア・デイサービス)の体力測定・運動機能評価として、活用され易いTUGテスト(timedup&gotest)についてカットオフ値・基準値も含めて記載していく。TUGテストとはTUGテスト(timedup&gotest)が開発されるより以前、GUGテスト(getup&gotest)が1986年に開発された。※getup&goテストは、TUGのテスト動作を行わせたときの安定性を5段階(1:正常、2:やや以上・・・・・・など)で評価するものであった。その後1991年に所要時間を測定することで、より定量的な評価としたtimeup&goテストが発表された実用歩行を評価する...

  • 評価 - リハビリ評価ツール

    この記事は、『病的反射検査』についてまとめた記事である。『反射』自体については、記事の最後のリンク先『反射検査(深部・表在・病的反射)まとめ一覧』も合わせて観覧してみてほしい。スポンサーリンク病的反射のポイント病的反射は、腱反射や表在反射の異常と組み合わせることで、神経病巣の局在や原因を診断することに役立てることができる。代表的な神経障害における反射異常の一例としては以下な感じ(あくまで一例)。「バビンスキー反射(病的反射)陽性」+「腱反射亢進」+「腹壁反射(表在反射)減弱」↓錐体路障害「病的反射陰性」・「腱反射表在反射の減弱ないし消失」↓末梢神経障害「病的反射なし」「腱反射が両側性に亢進」・...

  • 評価 - リハビリ評価ツール

    この記事は、反射検査として深部腱反射テスト・病的反射テストのまとめ一覧となる。反射検査の意義・種類・記録法などを紹介しているので参考にしてみて欲しい。反射とは反射とは以下の様に定義される。『生体に加えられた刺激に対して適切に対応するための神経系の基本的な反応様式で、末梢の感覚受容器の刺激によって発生した興奮が求心路を通って中枢神経系の興奮を引き起こし、これが遠心路によって効果器に伝えられて一定の反応が生じたもの』スポンサーリンク反射中枢と反射弓末梢からの求心性神経(知覚ニューロン)中枢神経系の内部で遠心性線維にシナプス接続している。このシナプス伝達が行われる部位を反射中枢と呼び、反射中枢を含め...

  • 評価 - リハビリ評価ツール

    この記事は、『深部反射のテスト』についてまとめた記事である。『反射』自体については、記事の最後のリンク先『反射検査(深部・表在・病的反射)まとめ一覧』も合わせて観覧してみてほしい。※腱反射以外も含まれているが、それらも含めてこの記事では「深部腱反射」と表現して記載。スポンサーリンク深部腱反射のポイント腱反射が左右対象であるか:正常者でも腱反射は亢進あるいは消失していることは珍しくないため、、左右差を確認する。左右共に亢進している際は、更に病的反射(バビンスキー反射など)を評価した結果として、錘体路の両側性障害(脳幹・脊髄障害など)の可能性などを考える材料となったりもする。リラックスしてもらう:...

  • 徒手理学療法 - 神経系モビライゼーション+α

    この記事では神経ダイナミックテストの一つであり、一般的な整形外科的テストとしても認知度の高く、神経系モビライゼーションにも応用される「下肢伸展挙上テスト(SLRテスト:straighlegraisetest)」を記載していく。※ただし、ここに記載しているSLRテストは「一般的な整形外科的テストとしてのSLRテスト」というよりは、徒手療法の一つである「神経系モビライゼーション寄りな表現」で記載している点は注意して頂きたい。※少し馴染みの無い表現や考え方が含まれているかもしれない。スポンサーリンクSLRテストと椎間板ヘルニア(坐骨神経痛)「一般的な整形外科的テスト」としてのSLRテストは、「坐骨神...

  • 評価 - ROMテスト

    この記事では、ROMexercise(rangeofmotionexercise/関節可動域運動)についての一般論を記載していく。他動的ROMの制限因子ROMexercise(関節可動域運動)を実施する前に、まずは他動的ROMの制限因子を理解ておこう。ROMの制限因子は以下になる。①筋緊張の異常②靭帯・腱の伸張性③関節の構築学的変化④痛み⑤浮腫や血液循環の状態・・・・・などなど。これらはエンドフィールによって評価することが可能である。⇒『エンドフィールで治療選択!』あるいは、自動運動・他動運動・抵抗運動(等尺性収縮)を実施することで、ROM制限の原因を推察するという考えもある。⇒『関節副運動を...

  • 徒手理学療法 - 神経系モビライゼーション+α

    この記事では、ラセーグ徴候(ラセーグテスト陽性)とブラガードテスト)について、SLRテストとも絡めながら解説していく。ラセーグテストとSLRテストラセーグテスト(Laseguetest)に関しては、プラクティカル医学略語辞典における「SLR]の項目に記述があるため、それを参考に記載する。その記述によると、SLRとは「下肢伸展挙上:straightlegraising」の略であり、以下の意味を持つとされている。・SLRexercise(下肢伸展挙上運動)・SLRtest(下肢伸展挙上テスト)そして、(プラクティカル医学略語辞典によると)ラセーグテストは後者の「SLRテスト」と同義とされている。ス...

  • 徒手理学療法 - 神経系モビライゼーション+α

    この記事では、『ケルニッヒ徴候(KernigSign)』について記載している。ケルニッヒ徴候とはケルニッヒ徴候とは、髄膜刺激症状の一つである。髄膜炎・クモ膜下出血など髄膜刺激をきたす疾患がある場合に、ブルジンスキー徴候(Brudzinskitest)とともに重要な徴候である。※ブルジンスキー徴候は、このサイトではPNFとして別記事に記載している。関連記事⇒『他動的頸屈曲(PNF:passiveneckflexion)を解説!』スポンサーリンクケルニッヒ徴候のテストケルニッヒ徴候のテストは以下の通り。①背臥位で股関節+膝関節を90°に屈曲にした状態で、療法士は下肢を保持する。②療法士はイラストの...

  • 評価 - FIMの評価法

    この記事ではFIM(機能的自立度評価表)における『認知の5項目』に関する採点基準を解説していく。FIMにおける認知項目についてFIMにおける認知項目は以下の通り。①コミュニケーション(communiction)※コミュニケーションは『理解(comprehension)』と『表出(expression)』に細分類される。②社会的認知(socialcognition)③社会的交流(socialinteraction)④問題解決(problemsolving)認知項目における「コミュニケーション(理解・表出)」と「問題解決」の関連性は以下の通り。・理解(単に言葉を聞き取ることを指す。つまり、聞き取っ...

  • 評価 - FIMの評価法

    この記事ではFIM(機能的自立度評価表)の排泄コントール(2項目l)に関する採点基準を解説していく。FIMにおける排泄コントロール(sphinctercontrol)の項目についてFIMにおける排泄コントロール2項目は以下の通り。・排尿管理・排便管理※排泄コントロール2項目は、FIMにおける「運動13項目」に含まれる。※でもって、「認知5項目」と合わせてFIM点数を算出する。ではでは、順に記載していく。スポンサーリンク排尿管理(bladdermanagement)の採点基準FIMにおける排尿管理の評価範囲排尿の項目では、排尿をしてもよい状況で、タイミングよく括約筋を緩めるというところを採点する...

  • 評価 - FIMの評価法

    この記事ではFIM(機能的自立度評価表)のセルフケア(6項目)に関する採点基準を解説していく。以下の目次からも各項目にジャンプすることができるので活用してほしい。 FIMにおけるセルフケア6項目についてFIMにおけるセルフケア6項目は以下の通り。・食事・整容・清拭・更衣上半身・更衣下半身・トイレ動作※ちなみに、セルフケア6項目は、FIMにおける「運動13項目」に含まれる。※でもって「認知5項目」と合わせてFIM点数を算出する。ではでは、順に記載していく。スポンサーリンク食事(eating)の採点基準FIMにおける食事の評価範囲食事が用意された状態~嚥下するまでを評価する。※食事が適切に用意され...

  • 評価 - FIMの評価法

    この記事ではFIM(機能的自立度評価表)の『移乗の(3項目)』に関する採点基準を解説していく。FIMにおける移乗(transfer)の項目についてFIMにおける移乗3項目は以下の通り。・ベッド・椅子・車椅子への移乗・トイレへの移乗・浴槽・シャワー椅子への移乗※移乗3項目は、FIMにおける「運動13項目」に含まれる。※でもって、「認知5項目」と合わせてFIM点数を算出する。ではでは、順に記載していく。スポンサーリンク移乗{ベッド・椅子・車椅子(bed・chair・wheelchair)}の採点基準FIMにおける移乗(ベッド・椅子・車椅子)の評価範囲ベッド、椅子、車椅子の間でのすべての移乗を含む(...

  • 評価 - FIMの評価法

    この記事ではFIM(機能的自立度評価表)の『移動の2項目』に関する採点基準を解説していく。FIMにおける移動(locomotion)の項目についてFIMにおける移動2項目は以下の通り。・歩行・車椅子駆動・階段※移動2項目は、FIMにおける「運動13項目」に含まれる。※でもって、「認知5項目」と合わせてFIM点数を算出する。ではでは、順に記載していく。スポンサーリンク移動{歩行・車椅子(walk・wheelchair)}の採点基準FIMにおける移動{歩行・車椅子}の評価範囲FIMにおける移動(歩行・車椅子)の評価範囲は以下の通り。・歩行⇒立位の状態からの移動・車椅子⇒座位の状態からの移動ちなみに...

  • 運動処方・リスク管理に必要な知識 - その他の運動処方・リスク管理知識

    この記事では、主観的運動強度について「ボルグスケール」と「修正ボルグスケール」について、違いも含めて記載していく。『ボルグスケール』と『修正ボルグスケール』1970年にBorgは運動中のつらさの自覚的強度を測るスケール(Borgスケール)を開発した。安静時心拍数を60拍/分、最大心拍数を200拍/分と仮定し、心拍数10拍分を1段階とする15段階からなる尺度表を設計し、簡易な主観的表現と合わせて発表した。さらに1980年には、比率特性を備えた、よりシンプルで汎用性がある修正版スケール(修正版ボルグスケール)を開発した。スポンサーリンク主観的運動強度(Borgスケール)の活用法主観的運動強度(ボル...

  • 評価 - リハビリ評価ツール

    この記事では、漸増シャトルウォーキングテスト(Incrementalshuttlewalkingtest)について述べていく。※漸増シャトルウォーキングテストは、単に「シャトルウォーキングテスト」と呼ばれてることもあり、以降の記事では後者の表現を用いて記載していく。シャトルウォーキグテストは登録制なので、CDを購入して登録する必要がある点には注意して頂きたい。※そして、購入したCDを流しながら実施するテストとなる。スポンサーリンクシャトルウォーキグテストの特徴シャトルウォーキングテストは、10m間隔で置いた目印の間を徐々にスピードを上げながら歩き続けるテストである。テスト結果は体の運動能力を反...

  • 運動処方・リスク管理に必要な知識

    この記事では理学・作業療法士のリスク管理の一つとして知っておくべき「レッドフラッグ」について記載していく。レッドフラッグとはレッドフラッグとは、以下の様に定義されている。『脊柱原性の疼痛が悪性の病変(癌・感染症・馬尾神経障害など)に由来している可能性があることを示す臨床所見または兆候』例えば、クライアントが癌のような重大な問題を抱えているかどうかを判断しようとした際、身体検査で得られた身体的兆候のうち解剖学的・病理学的観点から妥当性・信頼性のある診断を可能にする特別な兆候は無いため、身体検査はあまり有効では無いとする文献がある。では、このレッドフラッグを判断するために重要なツールは何かというと...

  • 評価 - 高齢者テスト

    この記事では、バーグバランスケール(BBS;BergBalanceScale)というバランス能力を評価する指標について記載していく。※BBSはFBS(FunctionalBalanceScale)とも呼ばれるが、これらはほぼ同義である。BBS(FBS)の構成要素・基準値(カットオフ値)BBS(FBS)は座位・立位の姿勢保持、立ち上がり動作など日常生活と関連のある14項目の検査から構成されている。14項目をそれぞれ0~4点で評価し、最大で56点となる。45点以下はバランス障害と考えられ、転倒ハイリスク者のスクリーニングの基準値(カットオフ値)としても用いられている。実施には20分程度の時間を要す...

  • 歩行のリハビリ

    この記事では、高齢者の歩行速度の評価指標として活用される「10m歩行テスト」につて記載していく。この記事を読んでもらえば、10m歩行テストの目的・方法・基準値(カットオフ値)を理解してもらえると思う。高齢者の10m歩行速度を評価する目的歩行速度は60歳を過ぎるころから急激に低下すると言われている。そして、この加齢による歩行速度低下は通常歩行(快適歩行)速度よりも最大歩行速度(出来るだけ速く歩いた時の速度)のほうが低下率が大きい。また、歩行速度と転倒リスクの因果関係も指摘されており、歩行速度を評価して適切な運動を実施することは、転倒予防にもつながる。※最大歩行速度1m/s以上あるかどうかが転倒の...