私たち日本における平均寿命はトップクラスである。

 

しかし、重要なのは「平均寿命」ではなく「健康寿命」であることが近年指摘されている。

 

健康寿命とは、世界保健機構(WHO)が算出・提唱している寿命で定義は以下の通り。

 

『健康上の問題で日常生活が制限されることなく生活できる期間』

 

つまり、平均寿命と健康寿命との差は、「日常生活に制限のある期間(=健康ではない期間)ということになる。

 

全ての高齢者が平均寿命まで元気に暮らしているわけではなく、日本の場合は、健康寿命と平均寿命との間には、男性で約9年、女性で約13年差があると言われている。

 

要は、人生の晩年において、介護を必要とする期間が9~13年あるのが現状ということだ。

 

高齢者が介護が必要となる原因としては、脳卒中・老衰・認知症と並び、運動器障害が大きな割合を占めていると言われている。

 

要介護状態との因果関係は以下の通り。

 

①運動器障害によって痛みや動作の不安定性が生じる

②転倒や骨折に繋がる。

③これらが契機となって生活機能が低下する。

 

最近では「ピンピン、コロリ」などという言葉が出てきている。

 

これは、「死ぬ直前まで、元気で楽しい人生を満喫したい」という気持ちを端的に表した言葉と言える。

 

そして、健康寿命を高め、死ぬ直前まで元気でいるためには、普段の生活習慣への配慮は大切で、その配慮の中には「運動」も含まれている。

 

関連記事

 

有酸素 VS 無酸素運動 健康寿命を延ばすのはどっち?! 

 

高齢者に起こるサルコペニアとフレイルを徹底解説!