この記事では、『スカルパ三角』という用語に関して解説していく。

 

スカルパ三角とは

 

スカルパ三角とは、以下の3つで構成される三角のことを指す。

・鼠径靭帯

・長内転筋

・縫工筋

 

で、スカルパ三角には内側から以下の図に、血管・神経が並ぶ。

・大腿静脈

・大腿動脈

・大腿神経

スポンサーリンク

 

また、触診により大腿・動静脈の拍動が確認できたら、その更に外側には腸骨筋(腸腰筋の一部)が位置する(触診方法は後述)。

 

なので、スカルパ三角を触知した後に、上記も一緒に触診ができる。

 

また、変形性股関節症などの股関節病変の疼痛を把握する際、大腿骨頭の位置を把握するにもスカルパ三角は参考になる。

 

※大腿骨頭はスカルパ三角の内側(鼠径靭帯の奥あたり)に位置している。

 

※変形性股関節症の初期段階では「股関節の前の方が痛い」と訴えることが多く、その際の疼痛部位の確認にも役立つ。

 

 

スカルパ三角における疼痛が示唆するもの

 

スカルパ三角による疼痛は以下などを示唆する。

  • 股関節疾患
  • 腸恥滑液包炎
  • 腸腰筋および腱の疼痛

 

 

スカルパ三角の触診

 

 

スカルパ三角における以下の触診について記載していく。

・鼠径靭帯(スカルパ三角の一部)の触診

・縫工筋(スカルパ三角の一部)の触診

・大腿動脈の触診

・大腿神経の触診

・腸骨筋の触診

 

※上記の触診は全ては背臥位で実施。

 

 

鼠径靱帯の触診

 

鼠径靭帯は「上前腸骨棘~恥骨結合」を結ぶラインに走行する。

 

しかも表層に存在するので、上記ラのラインをイメージして触れれば簡単に触診できる。

 

具体的には、上前腸骨棘を確認し、そのやや内側を指で触れる。

そこから、恥骨に向かって走行している太い線維(靭帯)が鼠径靭帯となる(鼠径靭帯を横断するように触れると分かりやすいかもしれない)。

 

 

縫工筋の触診

 

縫工筋の触診では、指を上前腸骨棘のやや遠位に当てて確認する。

 

自身が触診している筋が縫工筋かどうかは、あぐらをとる動き(股関節の屈曲・外転・外旋)を指示して収縮させることにより確認できる。

 

で、収縮させることにより起始部だけでなく、そこから内尾側方向へ走行する筋腱も確認していくことが出来る。

 

 

スカルパ三角内の「大腿動脈」の触診

 

スカルパ三角が確認できたところで、大腿動脈を触診する。

三角形のほぼ中央あたりに指をあて、大腿動脈の拍動を触知する。

 

 

スカルパ三角内の「大腿神経」の触診

 

大腿動脈が確認できたならば、拍動に沿って鼠径靱帯の近くまで追っていく。

その後、動脈のすぐ外側へ指を移動し、指を内外側へとずらすと、コロッとした大腿神経を触診することができる。

 

大腿神経が触診できたら、以下により親権が緊張するかを核にしてみる。

 

背臥位なまま下肢をベッドから垂らすなどしつつ、他動的に「股関節伸展+膝関節屈曲位」にする。

 

大腿神経の緊張が確認できたら、今度は逆に、股関節屈曲や膝関節伸展で神経がゆるむ様子も確認できる。

 

 

スカルパ三角内の「腸骨筋」の触診

 

前述した方法で、まずは大腿動静脈による拍動を確認する。

その動静脈の外側に腸骨筋が存在する。

自身がふれている組織が腸骨筋であること確認するため、股関節を軽く屈曲してもらい腸骨筋を収縮してもらう。

 

 

スカルパ三角を触診する際の注意点

 

前述したように、大腿骨頭はスカルパ三角深部の内側(鼠径靭帯の奥あたり)に位置している。

なので、変形性股関節症などの股関節病変の疼痛を把握する際、大腿骨頭の位置を把握するにもスカルパ三角は参考になる。

 

でもってスカルパ三角の深部痛を確認する際も、スカルパ三角には神経や血管も走行している点には十分注意し、愛護的に触れるよう注意する必要がある。